激写された極めて珍しいイカ 「ムチイカ」がどう見ても使徒!

激写された極めて珍しいイカ 「ムチイカ」がどう見ても使徒!

 今年も残すところあとわずかとなったが、2015年といえば、一世を風靡したアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」において、「使徒」が襲来した年である。劇中で主人公の碇シンジが初めて使徒と対峙した6月22日、現実では日本に使徒が現れるということはなかった。

 しかし実は9月に、使徒のような生き物がハワイに現れていたのだ。「DailyMail」などの海外メディアが、その姿をとらえた映像を紹介している。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2015/12/post_8215.html】

■正体はイカじゃなイカ!

 アメリカ海洋大気庁が、海底を調査する水中車両を使用して撮影した映像、そこには優雅に泳ぐ奇妙な生物が映っている。両翼を腕のようにゆっくりと動かし、口のようなものをパクパクさせ、ふわふわと水中を移動している。そのシェイプはなだらかで美しく、カラーリングは、使徒でいえば海から出現した第4使徒のシャムシエルそのものだ。

 この生物の正体は、「ムチイカ」か「ヒロビレイカ」とみられており、深海に生息しているイカである。今回観測された個体の全長は1~2mほどで、時速約4キロでゆったりと泳いでいる。

 目を引く赤い口のような部分は水を吹き出す「漏斗」という器官で、ここから水を放出することで移動の推進力を得ている。またこのイカは、明るく発光する器官を持っており、まれに、敵や獲物の目をくらませるために発光するという。

 普段は深海にいるため、この映像のように生きている姿が観測されるのは極めて珍しい。研究者らは拡大映像を利用し、このイカの生態についてさらなる調査行う模様だ。

 唐突にレアなイカが登場したことは、なにか理由があるのだろうか。紅白歌合戦への出演を狙うイカ大王の策略か、はたまた人気アニメ「侵略!イカ娘」第3期の放送を目論む海からの刺客の仕業か。いや、ただ単にこのイカも、地上で繰り広げられているカラフルなイカの縄張り争いに、飛び入り参加したかっただけかもしれない......そんなわけなイカ。

※画像は、「YouTube」より引用

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月10日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。