【閲覧注意】見ると1年後に死ぬと話題の呪いの動画

【閲覧注意】見ると1年後に死ぬと話題の呪いの動画
拡大する(全1枚)

 ホラー映画『リング』を地で行くような怪奇動画が、密かに話題となっている――。

■「おまえに残された時間は、せいぜい1年――」

 英紙「Express」は、今年5月にYouTubeにアップされ、再生回数がすでに460万回を突破している“呪いの動画”の存在を伝えている。動画のタイトルは「01101101 01110101 01100101 01110010 01110100 01100101」。これは、バイナリーコードだと言われている。

 この正体不明の動画は全編モノクロで、耳ざわりな金属音とともに、いきなり始まる。そこに登場するのは、廃墟の中で不気味なマスクをかぶり、まるで中世ヨーロッパの「ペスト医師」のようなマントに身を包んだ謎の人物がひとり。約2分間、メタリックなBGMに合わせ、意味ありげに不可解なジェスチャーを繰り出す。

 このミステリアスな動画の驚くべきところは、隠されたメッセージの多さだ。悪魔崇拝サイトにリンクしていたり、頭蓋骨が浮かび上がったり。しかも、一筋縄ではいかない手法で埋め込まれているのだ。

【問題の動画はコチラ→http://tocana.jp/2015/12/post_8282.html】

 タイトルのバイナリーコードを文字変換すると「muetre」になり、スペイン語で「死」を意味する。また、別のコードの解読に成功すれば、「おまえに残された時間は、せいぜい1年――」。事実ならば知りたくもないメッセージだ。

●BGMを視覚表示すると、拷問シーンが?

 あるコンピュータオタクは、この精神を不安定にさせるようなBGMを視覚表示してみたところ、女性が縛られ、拷問されているシーンが浮かび上がってきたという。そこには、こう書いてあったそうだ。「おまえは、とっくに、死んでいる」

 この動画は、すでに複数のサイトで物議を醸しているが、たとえばソーシャルニュースサイト「Reddit」では、テロリストの犯行もしくは殺人者の予告? と物騒な憶測が飛んでいる状況だ。特に、あるインターネット専門家が動画を1コマずつ分析してみたところ、モールス信号と新たな数字の羅列がスクリーンに点滅するのを発見した。さらに調べてみると、それはなんとワシントンのホワイトハウスの位置情報だった。そのモールス信号はアナグラム(文字並べ替え可能)になっており、あろうことかこう解読できる……「大統領を殺せ」。

 また、この動画を見た者の中には、映画『リング』を連想した人も少なくないという。無理もない。画質の悪いモノクロ動画、不気味なイメージ、シンボル……。「これって『リング』に出てくる、あの呪いのビデオみたいなヤツ?」「最後まで見れない。見た人は死ぬって聞いたことあるから……」と、噂が噂を呼んでいる。

 もちろん、この動画を見たことで、実際に人が亡くなったという証拠はない。今のところ、これがよくできたコンピュータゲームのプロモーションなのか、ヒマなオタクのしわざなのか、はたまた人騒がせなアマチュアビデオなのか特定できていない。いずれにしても、こんな不穏な空気漂う昨今にかようなネタを投下するあたり、ある意味チャレンジャーかもしれない。興味がある人は、次のページへどうぞ。ただし、自己責任で……。
(文=佐藤Kay)

※画像は、ペスト医師 「Wikipedia」より

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。