森進一は大丈夫? 急激劣化→美容整形→顔面崩壊した世界の男性4例!

森進一は大丈夫? 急激劣化→美容整形→顔面崩壊した世界の男性4例!

 今月21日、大みそかの国民的番組「第66回NHK紅白歌合戦」の曲目が発表された。日本を代表する演歌歌手である森進一(68)は、すでに今年を最後の紅白出場にすると明言しているが、代表曲「おふくろさん」を披露する。

 森進一・紅白・「おふくろさん」といえば、2006年の紅白でオリジナルにはない台詞を無許可で加えて歌った森に対して作詞者の故・川内康範氏が激怒した“おふくろさん騒動”が発生。その後は、肺がんの手術、そして元妻へのDV疑惑なども報じられている。そしてこの頃から、度重なる心労故か急激に“劣化”し、さらに整形疑惑なども囁かれるようになった。

 これらの真偽は定かではないが、世界を見わたせば、私生活での度重なるトラブルを経て整形手術へと走り、最終的に顔面を崩壊させてしまった男性有名人が数多く存在する。今回は、そんな劣化・整形・顔面崩壊の実例を4つ、編集部で厳選して紹介しよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/12/post_8351.html】

1. ミッキー・ローク

 映画『ナインハーフ』や『エンゼル・ハート』で知られるハリウッド俳優のミッキー・ローク(63)。もともとボクシングにも傾倒していた彼は、人気に陰りが見えはじめた90年代、一時的にプロのボクサーに転身したが、この時のケガでボコボコになった顔を元に戻すために美容整形に走るようになった。

 そして、飲酒運転で逮捕されるなど破天荒な私生活を送る最中、2008年の整形手術が失敗。それを修復するため、さらなる手術を繰り返すうちに美容整形自体のトリコに。加齢の影響も重なり、次第に顔面が崩壊しはじめる。海外メディアによると、腰の骨を一部削り取って顔面に埋め込むなど、手術もどんどん複雑で大がかりなものに。現在は、「カメラに撮られるたびに顔が違う」などの声も上がっている。色男として名を馳せたかつての面影は、もはや皆無であるが、キャリアとしては映画『レスラー』の好演で見事復活を果たしている。

2. キャロット・トップ

 カールした赤毛と自虐的なネタで知られる米国のピン芸人、キャロット・トップ(50)。以前は親しみやすい笑顔で人気を博していた。しかし、自虐的ネタで自身を貶し続けた反動なのか(?)、次第に美容整形手術と肉体改造に走るように。

 ギロリとした目つき、不自然につり上がった眉、そして筋肉ムキムキの体――現在のキャロット・トップは、眉リフトやレーザーピーリング、ボトックス注射、さらに肉体改造のためのステロイド摂取などを繰り返していると囁かれている。オドロオドロしい容姿になってしまったと嘆くファンも多いのだが、彼自身は「カッコよくなってごめんね」とまったく気にかけていない様子。

3. イゴールとグリチカ

 1980年代のフランスで絶大な人気を博した双子のロシア系のテレビタレント、イゴールとグリチカ(66)。ゴールデンタイムに放送されたSF番組で大ブレイクを果たしたという。科学に造詣が深く、ロシア語・フランス語・英語・ドイツ語を話し、理論物理学や数学の博士号を持つなど、かなりの秀才としても名を馳せていた。

 しかしその後、兄弟揃って整形手術を繰り返し、30年後にはまったく別人のような顔になってしまった。海外メディアは、アゴや頬骨へのインプラント、ボトックス注射を繰り返し、歪んでしまった顔面を「まるで宇宙人のようだ」と評している。

4. ピート・バーンズ

 英国・リヴァプール出身のシンガー・ソングライター、ピート・バーンズ(56)。「Dead or Alive」というバンドでリーダーとボーカルも務めている。1990年代、ユーロビートのブームに乗ってブレイクを果たし、“中性的カリスマ”としてボーイ・ジョージと人気を二分した。

 しかし、いくら富と名声を得ても、幼い頃から抱き続けてきた自身の顔へのコンプレックスは解消されず、やがて手にした金のすべてを整形手術に注ぎ込むようになってしまう。貯金を使い果たし、著作権や豪邸を売却しても収まらず、整形手術の影響で肉芽種や腎不全、腸障害や失明の危機にも晒された。長い闘病生活を経て芸能界に復帰し、次第に人気を取り戻しつつあるものの、その顔面はまるでバケモノのように変化してしまった。

 いかがだろう。美容整形にハマり、顔面を崩壊させてしまった男性の例を4つ挙げた。ケガ・コンプレックス・心労など引き金はさまざまだが、彼らはみな社会的・経済的な成功によって幸せになるどころか心の闇を深めてしまい、整形手術へと走ってしまったようだ。最近のアメリカでは、「オバマ大統領がこの5年間で別人のように老けている」と話題になっているようだが、心のあり方が人を急激に“劣化”させ、その結果、美に極端に執着するようになるのかもしれない。そしてこの危険性は、誰にでもあると言えそうだ。

※画像は、「あるがままに生きる」 (ビクターエンタテインメント)

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。