【緊急警告】12月23日に大地震発生で日本列島分断か? 今年最後の「魔の水曜日」に備えよ!!

【緊急警告】12月23日に大地震発生で日本列島分断か? 今年最後の「魔の水曜日」に備えよ!!
拡大する(全1枚)

 現在、「12月23日に日本で大地震が起きる」という噂がネット上で拡散している。カレンダーを見ると、問題の日は今週水曜日、天皇誕生日となっており、筆者はすぐにピンときた。実はこの予言、東日本大震災を予言・的中させたことで一躍時の人となった世見者(予言者)・松原照子氏による約30年前の著書『宇宙からの大予言 ― 迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)で「魔の水曜日」として語られているものだ。「魔の水曜日」とは、ズバリ国民の祝日となる水曜日のことを指しているのだが、そのようなタイミングが近づくたびにネット上で話題になってきたようだ。

 筆者は先日、松原照子氏と対談を行い、今後「魔の水曜日」が現実のものとなる可能性について初めて本人に質問している。その模様は、11月25日に発売されたDVD『松原照子の「幸福への近道」3 第9回松原照子特別講演会in東京』(ワンダーアイズ)にも収録されているが、今回はそこで松原氏の口から語られた内容も含め、来るべき大地震について考えてみることにしたい。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/12/post_8355.html】

■「魔の水曜日」の危険、現在も続いている! 松原氏から直接聞いた!

 1987年に出版された『宇宙からの大予言』によると、カレンダーの日付が赤くなる水曜日に、関東地方でM6クラスの地震が起き、さらに東海大地震、高さ80m以上の津波、そして「糸魚川―静岡構造線断層帯」に沿って日本列島が分断される大地震が連続するという。

 出版からすでに30年近くが過ぎており、もう「はずれ」として忘れ去るべきだと考える読者がいるかもしれない。事実、松原氏自身も過去の講演会で、「魔の水曜日」に関する質問が出た際に、「われわれの目の黒いうちは起きないだろう」と答えたと伝えられる。しかしその後、考えが変わったのか、それほど遠くない未来に「魔の水曜日」が現実となることを示唆する発言も飛び出しているのだ。

 前述のように、筆者は松原氏との先日の対談で、以前から直接聞きたかった「魔の水曜日」についての質問をした。すると松原氏は、「過去にそのように語った(「われわれの目の黒いうちは起きないだろう」とした)経緯については思い出せない」と前置きした上で、「自分がビジョンとして見えたことが絶対に正しいとも思っていない」ものの、「今でもあり得るとは思い込んでいます」と答えたのだ。

■日本列島が“分断する”事態は、科学的にも起こり得る

 さて、松原氏が「今でもあり得る」と語った「魔の水曜日」において、もっとも恐ろしいのは、「糸魚川―静岡構造線断層帯」に沿って日本列島が分断される事態だろう。このような現象が、科学的には起こり得るものなのだろうか。

 昨年「長野県神城断層地震」が起きた後、新潟大学理学部講師の小林健太氏は、「フォッサマグナ(西の縁を糸静線とする地質学的領域)が形成されたころの断層が再び活動したといえる。周辺にある活断層が、場合によっては活動する可能性は否定できない」(2014年11月25日、「テレ朝news」)と語っている。

 また、神戸大学名誉教授の石橋克彦氏も、2011年12月16日の日本記者クラブ主催の記者会見で、東日本大震災の影響により、南海トラフ地震と糸静線が動く大地震が発生し、それらが連動してM9クラスの超巨大地震となる可能性を示唆している。つまり、一見したところ荒唐無稽に思われる松原氏の予言も、実は科学的に起こり得るものなのだ。

■今年の12月23日は……!!

 松原氏が「魔の水曜日」の可能性について「今でもあり得る」としており、科学的にも日本列島が分断される事態は起こり得るところまではわかった。では、最大の問題はそれが“今週の水曜日”なのか、という点だ。2015年の「魔の水曜日」は、2月11日(建国記念の日)、4月29日(昭和の日)、5月6日(振替休日)、9月23日(秋分の日)、そして最後が12月23日(天皇誕生日)と、5回存在する。幸いにも、現在までのところ2015年の「魔の水曜日」に大地震は発生していない。今年最後の「魔の水曜日」も何事もなく過ぎ去るのか、それとも一連の破滅的大地震の連鎖が日本列島を襲うのか?

『宇宙からの大予言』によると、大災害が起きる前兆として、「伊豆の山やまが紅葉しない、貝の移動(アサリの猟場でアサリが獲れなくなるなど)、富士五湖周辺のふたつの湖の水位が下がる」(松原照子、『宇宙からの大予言』)といった現象が見られるという。

 報道によると、この秋は伊豆の修善寺などで見事な紅葉が見られたようだ。また、静岡県近辺に限って言えば、アサリの不漁もなかった模様。さらに富士五湖の水位については、河口湖で水位の低下があったものの、2つ以上の湖では起きなかった。断言することはできないが、これらの事実を総合すると、今週の水曜日が「魔の水曜日」となる可能性はそれほど高くないと言えるかもしれない。

 しかし今年を乗り切ったからといって、決して気を抜いてよいわけではない。首都直下地震は「いつ起きてもおかしくない」状況にあるうえ、2016年は「魔の水曜日」が5月4日と11月23日の2回やってくる。必要以上に怯える必要はないかもしれないが、「魔の水曜日」が近づくたびに、防災への備えを確認しておくのが正解と言えそうだ。
(文=百瀬直也)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【緊急警告】12月23日に大地震発生で日本列島分断か? 今年最後の「魔の水曜日」に備えよ!!」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    TOCANAのこの手の記事、一度もあたってないじゃんw 地震が起きた後に予言してたとか言うのばっかりでさ

    3
  • 通報

    で、当たったの?2015.12.23なんて地震起きてねーし。確かのんびりケーキ食ってたが? まあいいや、こういう予測話見てんのも楽しいから暇つぶしに活用させてもらうよ。もっと書け。

    0
  • 鉄ちゃん 通報

    東日本大震災の余震が完全に無くなった訳ではありませんので、もしかすると複合災害になるかもしれませんね。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「松原照子」に関する記事

「松原照子」に関する記事をもっと見る

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月22日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。