米大手放送局「2017年までに全アメリカ人にマイクロチップが埋め込まれる」 “遠隔殺人機能”も!?

米大手放送局「2017年までに全アメリカ人にマイクロチップが埋め込まれる」 “遠隔殺人機能”も!?

 2010年3月、アメリカ国民の皆保険を目指すいわゆる“オバマケア法案”と呼ばれる医療保険制度改革法案と、その修正法が議会を通過。大統領の署名を受けて承認され、2014年度から施行されることになった。2,309ページにも及ぶというこの法案だが、その1,014ページの16行目に、患者に対してFDA(アメリカ食品医薬品局)が定める「クラス2デバイスのインプラント」が可能になる条項が記されている。法案の施行後、アメリカ国民に対して何らかのインプラントが可能になるという意味だが、この“クラス2デバイス”とはいったい何なのか? その背景に、世界統一政府による壮大な“人類管理システム”の実現に向けた方策があるのではないかと物議を醸しているようだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/01/post_8663.html】

■2017年の人々にはマイクロチップが埋め込まれている!?

 過去に放送され大反響を呼んだ“2017年の社会生活を予見する”「NBC」ニュースの特集に、今また注目が集まっている。

 特集は、救急搬送された患者の立場ではじまる。どのような状況で救急車に乗せられ病院に担ぎ込まれたのか、詳しい説明はないが、とにかく免許証など身分を証明するものを一切身につけていない状態のまま救急医療を受けることになったのだ。例えば、公共交通機関で移動中に事故や事件に巻き込まれ、手荷物などを手放してしまった状態で救助された場合などには、じゅうぶんあり得るケースだろう。

 ここで本人に意識があれば、血液型などを本人から聞き出すこともできるが、意識を失っていればそれすらできず、担当した医師の判断ですべての処置が施されていくことになる。この救急患者がもし持病などを抱えていて、特定の薬剤などを受けつけない状態にあれば、場合によっては深刻な事態を招きかねないだろう。

 しかしここで想定されている時代は、2017年だ。身ひとつで運び込まれた急患の皮膚の下には、「マイクロチップ」が埋め込まれているのである。このマイクロチップを専用のスキャナで読み取ることで、本人の名前や血液型、年齢、住所などはもちろん、過去の医療診察歴もすぐに判明し、的確な処置を素早く行うことができるのだ。身元不明で運ばれても、すぐに親族や保護者に連絡することも可能になる。このようなケースでは、マイクロチップは確かに有益であるだろう。

 番組ではマイクロチップのほかにも、指紋認証や顔認証、網膜(あるいは虹彩)認証などの「生体認証技術」を紹介し、個人認証システム導入を前提とした近未来の暮らしを描いている。指紋認証などは、すでにiPhoneなどに採用されてすっかり身近になった感もあるが、果たしてマイクロチップを埋め込む未来とは、いったい何を意味するのか。実は極めて恐ろしい事態も考えられるという。

■マイクロチップには“遠隔殺人機能”も備わっている!?

 番組で紹介されている、米粒を2~3粒つなげたほどの長さのマイクロチップが、FDAが定める「クラス2デバイス」だ。確かに身体に埋め込めるサイズではありそうだが、“マイクロ”というにはやや大きいような気もする。では、この中に一体何が入っているというのだろうか。

 複数の海外メディアによれば、このマイクロチップは、ある程度離れた場所からでも情報を読み取ることができるRFID(radio frequency identifier)端末であり、設備が整っていればどこにいても当人の位置を特定でき、プリペイドカードやクレジットカード機能を持たせることによってショッピングの決済にも使えるという。もちろん、JR東日本のスイカなどのように公共交通機関の支払いに使うことも技術的には可能なのだろう。そして、こうした行動の記録やショッピングの履歴はネット上のどこかに記録され続け、いつでも当人の生活を追跡・把握することが可能となる。

 このように便利な機能を数多く持つたせたところで、それでもこのマイクロチップはやや大き過ぎやしないかとも思えるのだが、そのわけは、遠隔操作によって埋め込んだ人間を殺害できる機能が備わっているためではないかと疑う人々もいるようだ。マイクロチップ内に、例えば青酸カリなどが仕込まれており、何らかの判定が下され、遠隔操作で青酸カリを放出させて“母体”の当人を殺害することができるというのだ。致死量の毒物を封入しているがゆえに、このくらいのサイズになってしまうのだ。

 環境問題を専門とするジャーナリスト、評論家の船瀬俊介氏もこの件に警鐘を鳴らしており、自著の『死のマイクロチップ 明日はあなたに埋められる?』(イースト・プレス)の中で、このマイクロチップの機能にはGPSによる位置情報の特定、個人情報(収入と支出、病気の診断履歴、マイナンバーなど)の管理に加えて、やはりボタンひとつで処刑が可能になる遠隔殺人機能も備わっていると主張している。そしてアメリカ人だけでなく、日本での実施も計画中であるというのだ。

 果たして、その目的とするところは何なのか? 海外の陰謀論者によれば、マイクロチップを埋め込んだ人々を厳重に監視することで、国境を越えた世界統一政府が「新世界秩序(New World Order)」の名のもとに世界中の人々を管理し、場合によっては人口調整を行うことを視野に入れた壮大な支配・統治計画があるということだが、実態はよくわかっていないのが現状だ。

 話を戻し、NBCニュースの特集では、2017年にはマイクロチップの埋め込みがスタンダードになっているという論調なのだが、もうそれは来年の話である。今年の末には新たな米大統領が登場することになるが、これから2017年までの間に、アメリカ社会がいったいどんな様相を呈してくるのか、“くしゃみをすれば風邪を引く”日本としてもその動向の把握は怠れない。
(文=仲田しんじ)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2016年1月28日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。