【緊急警告】1月20日、5つの惑星が一直線に並ぶ「惑星直列」が起きる! 地球が無重力になり、自然災害も多発か!?

【緊急警告】1月20日、5つの惑星が一直線に並ぶ「惑星直列」が起きる! 地球が無重力になり、自然災害も多発か!?

 2014年末、ある恐ろしいウワサが世界を駆け巡った。それは、「2015年1月5日の午前2時47分、『惑星直列』によって地球全体の重力が軽減され、部分的に無重力状態となる」というものだ。しかも、これを最初に伝えた海外メディア「WEEKLY WORLD NEWS」が、情報元はNASAの公式ツイートであるとしていたために多くの人が信じ込み、大騒ぎに。問題の日時、実際にジャンプしてみたという人まで出現する事態へと発展したのだ。

 しかし実際のところ、NASAのツイッターにそのような投稿は存在せず、地球が無重力状態となる現象もなかったことは承知のとおりである。もちろん、無重力を引き起こす原因とされた「惑星直列」も起きてはいなかった。

■人類を震え上がらせてきた「惑星直列」

 では、「惑星直列(別名:The Parade of Planets、惑星のパレード)」とは何か? 正式な天文用語ではないが、それは太陽系に属する複数の惑星が、(個数についての定義は存在しないが)太陽に向かって“ほぼ”一直線に並ぶ現象である。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/01/post_8636.html】

 その珍しさから「複数の惑星の重力が統合され、地球にも異変が起きるのではないか」「地震や火山噴火などの天変地異で人類が滅亡するかもしれない」「人体も何らかの影響を受けるに違いない」と、世界の人々を震え上がらせてきた「惑星直列」。各惑星の軌道傾斜角を考慮し、これに否定的立場の意見もあるが、事実として「ウルトラマン」シリーズなど、多数の映像作品や小説が“不吉なこと”として「惑星直列」を取り上げている。

 そして今、この「惑星直列」が2016年1月20日から現実に起きるということが判明。「今度こそ地球と人類を何らかの凶事が襲うのではないか」と、世界中の宇宙オカルト愛好家たちから危惧する声が次々と上がっているのだ!

■注意すべきは1月20日から1カ月間!

 今回の「惑星直列」では、水星・金星・火星・木星・土星が太陽に向かってほぼ一直線に並ぶ。地球はその中に含まれないため、夜空を見上げれば、これら5つの惑星がほぼ直線上にある様子を確認することもできるという。期間は1月20日からおよそ1カ月間だ。

 2~4つの惑星が並ぶ現象は比較的頻繁に起きるが、それが5つとなると話は別で、非常に稀なこと。これだけの惑星が並ぶと、やはり各惑星の重力が統合され、地球環境や人体に影響を与える可能性を否定できないのではないか? 複数の海外オカルトサイトでは、「今回こそ地球が無重力状態になる」「巨大地震、大津波、異常気象の引き金となる」「人体への影響も免れないだろう」「人々の感情の動きにも影響を与え、争いが起きる可能性も捨てきれない」などの指摘が相次いでいる。

 ちなみに過去、太陽系の全惑星(水星から海王星まで)が絡む「惑星直列」が起きた年の出来事を調べてみると、新潟焼山の大噴火(989年)、ロンドン大火(1666年)、北海道浦河沖地震やフォークランド紛争(1982年)など、日本を含め、世界を震撼させるような事件や災害が起きていることは確かなようだ。

 果たして、今回の「惑星直列」の期間、指摘されているような恐るべき事態が地球と人類を襲うのか? いずれにしても、何が起きても動揺しない心構えと、備えだけはしっかりしておきたいものだ。

※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。