予言者エドガー・ケイシー UFO反重力研究者であり米軍スパイへの秘密のリーディングとは?

予言者エドガー・ケイシー UFO反重力研究者であり米軍スパイへの秘密のリーディングとは?
拡大する(全1枚)

■予言者エドガー・ケイシー 驚異のリーディング

 20世紀を代表する予言者の1人にエドガー・ケイシー(1877~1945)がいる。トカナ読者ならご存じと思われるが、ケイシーは催眠状態で人々からの相談や質問に答え、病気の診断や人生のアドバイスなどを行った。これはリーディングと呼ばれ、主に彼自身の潜在意識(アカシックレコード)にアクセスすることで回答が得られたとされる。特に病気や怪我の診断に関しては、まるでレントゲンやMRIなどの機械を備えているかのように患者の健康状態を読み、適切な治療法を伝えたという。

 大きな有効性が認められたケイシーによるリーディングの記録は14,000件にもおよび、米国の「エドガー・ケイシー財団」で閲覧可能な状態で保管されている。リーディング内容がすべて正しかったわけではないが、彼は多くの人々に支持された。かの有名な発明家トーマス・エジソン(1847~1931)でさえも、ケイシーが引き起こす現象に強い関心を抱いており、研究が必要だと考えていたという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8862.html】

■エドガー・ケイシーに群がる人々 FMラジオもケイシー絡み

 特に、ケイシーは健康問題を抱える個人に対してたくさんのアドバイスを行ったが、それ以外にも儲け話のような下世話な相談事や、発明家から投げかけられる科学的な知識など、あらゆる質問に応じた。のちにラジオ局を開設したセオドア・ミッチェル・ヘイスティングスは、ケイシーのアドバイスを得て、自動車用のFMラジオや小型FMトランジスタ・ラジオを発明したといわれている。

 一方、同時代のライバルだった発明家・電気技師のニコラ・テスラ(1856~1943)は、自らハイアー・セルフ(高位にある自己)からインスピレーションを得ていたとされるが、ケイシーからいくらかの助言を得ていたとも考えられている。テスラ自身がどの程度ケイシーのリーディングに関心を寄せていたのかは不明であるが、テスラの能力を評価した第三者が、監視のためにケイシーを利用していた痕跡が見られるのである。

 このように、ケイシーの能力をさまざまな思惑から利用しようとする人々が存在したのも不思議ではない。すでに触れたように、ケイシーによるリーディングの記録は14,000件にも及ぶのだ。そして近年、その中から実に興味深いリーディング記録が発見されている。

■謎の人物トーマス・ブラウンの正体とは?

 ケイシー研究家のアレックス・パットニー氏は、その奇妙なリーディング記録のひとつに、ケイシーがトーマス・B・ブラウンに対してオハイオ州デイトンの事務所で与えたリーディングを挙げる。

 オハイオ州アクロン出身というブラウンからの最初の質問は、アリゾナの地に眠る金鉱床の場所、そしてニューヨーク株式市場における株価の予想だった(Reading 195-1~195-69)。

 しかし、後にそのリーディング記録を詳しく調べてみると、彼の身元が部分的に書き換えられていることが判明したのだ。当初、トーマス・B・ブラウンの職業は不動産業者・自動車部品製造業者と記載されていたが、実際は定常波共鳴の原理で機能するガソリン不要エンジンの開発に取り組むグループに関わっている人物だった。

 トマス・サグルーによるケイシーの伝記『エドガー・ケイシー物語 川がある』(たま出版)によると、トーマス・B・ブラウンは全ろうに向かいつつある聴覚障害者の発明家だったが、ケイシーのリーディングに従ったことで聴力が改善した。その後は、自身の研究において直面した問題を解決すべく、長期にわたって数百回にも及ぶリーディングを依頼し続けたという。

 ところが、ケイシーもサグルーにも知りえぬ事実があった。なんとこのブラウンは、軍のスパイ活動と、オハイオ州ライトパターソン基地の地下施設における秘密調査プロジェクトに直接的に関与していたのだ。実のところ、ブラウンの本当の出身地はオハイオ州アクロンではなく、オハイオ州ゼインズヴィルであり、ミドルネームのイニシャルもBではなく、Tであった。しかも、そのTとはタウンゼント。そう、トーマス・B・ブラウンの正体は、「反重力」研究で知られる物理学者のトーマス・タウンゼント・ブラウンだったのだ。

■「ビーフェルド-ブラウン効果」のブラウン、その謎に満ちた生涯

 トーマス・タウンゼント・ブラウンと言えば、1928年の「ビーフェルド-ブラウン効果」の発見者である。「ビーフェルド-ブラウン効果」とは、電極間に高い電圧をかけ、片側の電極を放電しやすい尖った形状にすると、放電によりイオン化した気体の移動によって、電極に推力が発生しているように見える現象である。軽いバルサ材とアルミ箔を組み合わせた模型を浮遊させるイオンクラフト(リフター)は、その効果を利用したものである。これは、テレビ番組などでも繰り返し紹介されているので、記憶に残っている読者も多いだろう。

 ブラウンは裕福な家庭に育ち、科学に関心を持つと、両親から自宅に実験室を与えられた。そして、高校生の時に「ビーフェルド-ブラウン効果」を発見、これは「反重力技術」につながると考えたブラウンは、以後それを発展させていくことを考えた。1923年にカリフォルニア工科大学に入学したが、1年生の時にノーベル賞受賞者を含めた物理学者らを自宅に招いてアイディアを披露したところ、この理論を否定され、大学を退いている。その後の彼は海軍に入隊するが、電気分野での知識を買われて、ワシントンD.C.のアナコスティアにある海軍研究試験所に配属された。

 しかし1933年、不況の煽りを受けて失職すると、ブラウンは職を転々とするように。そして晩年は反重力の分野に関わるエンジニアとして、いわゆるUFOの飛行原理に関する研究に携わっていくこととなる。そして、軽量の物体しか浮揚させられないと考えられてきた「ビーフェルド-ブラウン効果」を発展させ、電気重力推進技術を開発したとされる。研究者の間では、戦略爆撃機「B-2」はブラウンの特許である電気重力航空機を具現化したものだと囁かれている。「B-2」は通常のジェット推進で離陸するが、ひとたび空中に舞い上がると、その電気重力駆動が稼働して推力を増強するというのだ。

 このように、ブラウンは人生の後半において軍の極秘プロジェクトに関わるようになったとされるが、最初に海軍に入隊するまでの約6年間の行動に関しては、謎に包まれている。だが、その間のブラウンはケイシーによるリーディングを受けており、記録からどのような活動を行っていたのかを窺い知ることができる。なんと彼は、アメリカ空軍から直接命令を受けてスパイ活動に携わっており、そのターゲットこそニコラ・テスラだったと考えられるのだが、詳細については後編で解説しよう。
(文=水守啓)

※画像は、エドガー・ケイシー 「Wikipedia」より引用

編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク