フジ日枝会長(78)「洋物ポルノ」を経費で鑑賞疑惑が発覚! 株主総会で「名誉毀損になりますよ!」と絶叫!!

フジ日枝会長(78)「洋物ポルノ」を経費で鑑賞疑惑が発覚! 株主総会で「名誉毀損になりますよ!」と絶叫!!

「名誉毀損になりますよ!」

 フジ・メディア・ホールディングスの日枝久会長が、株主総会の議長席から叫んだ。その心情そのものはよく分かる。なにしろ、「SEKOI」の言葉を世界中に広めた舛添要一東京都知事でさえ、裸足で逃げ出すであろう程のせこさが、その場で暴露されたのだ。

 それは、「日枝会長が海外出張の際に見た有料ポルノ放送の使用料を、会社の経費でまかなっていた」というものだった。もちろん、78歳になる日枝会長が、大好きな洋物ポルノを毎日見ずにはいられないというのは、まことに喜ばしいことだ。だが、その使用料を会社の金で賄っていたというから問題だ。

 言うまでもなく、フジHDはフジテレビや産経新聞などを擁するメディアコングロマリットである。報道機関として、舛添都知事のせこさもさんざん追求してきた。そのフジのトップが有料ポルノを経費で……?

 こうして波乱の株主総会が始まった――。

 6月28日午前10時から、お台場のフジ本社に接する、ホテル・グランパシフィック LE DAIBAで、フジ・メディア・ホールディングスの第75回定時株主総会が開かれた。

 事業報告では、フジの事業の中核である、放送や映像音楽事業、広告事業などが毎年のようにさらに減収という寒々しい事実が淡々と報告されていく。

 株主提案の説明が始まる。ヤラセ社員株主に関する議案を共同で提案したのは、この問題を東京地裁に訴えて追及している株主の松沢弘氏と山口三尊氏である。

 定款に以下の条文を加えるべきだという、提案内容だ。

「当社株主総会の議長は総会において、当社及びグループ会社の従業員株主や関連会社の株主、当社及びグループ会社従業員の経歴を有する、いわゆるOB株主を、質問者、動議提出者として指名した場合には、その所属、役職並びに事前の打ち合わせの有無などを、その場で開示するものとする」

 マイクの前に立った松沢氏は、提案内容の説明を始める。

「私を初めとするフジHDの株主が、2014年と2015年の二つの株主総会について、いずれも総会決議は無効であるという判決を求める裁判を起こしています。2014年の株主総会において、1405人も出席した株主総会で質問が認められた株主はわずか16名。そのうちの8名、つまり50%が中核子会社のフジテレビジョンの幹部社員だということを、フジHDは事実だと認めました。それぞれの役職は、局長、局次長、部長、室長、いずれも経営幹部そのものです。経営幹部が質問者の半数を占め、私たち一般株主の質問権を侵害した。さらに2015年の株主総会については出席した1605人の株主のうち質問を認められたのはわずか17人。そのうちの5人、率にして約30%が、やはり幹部社員でした。これは明らかに会社法に違反している」

 2014年総会での幹部社員の質問内容は、4Kテレビやスマホ対策、カジノ事業など、会社に有利な回答を引き出すものであったことなどを、松沢氏は整然と述べていく。

 演壇の議長席から、日枝会長の声が飛ぶ。

「2分過ぎているので簡潔にお願いします」「松沢さん、これにて終わりにします」「あなただけの総会ではありません」

  一般株主の質問機会が奪われているというのは、はたして、提案株主として、その理由を明瞭に分かりやすく説明した松沢氏個人の問題であろうか。松沢氏が語り終えると、いつものヤラセの拍手ではない、熱い拍手が巻き起こった。

 松沢氏の提案に対する、取締役会の意見は以下の通りだ。

「当社の株主であれば、当社または当社の関係会社の従業員・元従業員であるか否かにかかわらず、法令に従い、株主総会に出席し、質問し、議決権を行使する権利を有していると考えております。当社の従業員などであることを理由に本人の意思と関係なくその所属や役職等を明かすことは、プライバシー上の問題があり、また、株主平等原則に抵触するおそれがあると考えます」

 だが、そう考えているなら、なぜはじめからそう言わないのか?

 東京地裁でフジHDが質問者の中に社員株主がいることを認めたのは、「社員かどうかの認否もしないのなら、証人喚問することになるかもしれませんよ」と大竹昭彦裁判長が強く促したからだ。それまでは、社員株主が質問していることなど、認めようとしなかったのだ。

 一連の株主提案の説明が終わると、株主からの質問に移った。法廷で明らかになってしまったということもあり、今年は社員株主の質問は控えたのかもしれない。

■遂に、ポルノ鑑賞疑惑へ
 
 安倍総理などの出演が多すぎ放送が公正中立でないこと、ジャニーズ事務所との癒着、電通との癒着を指摘する声が上がる。

「株主総会が開かれているフロアには障害者用のトイレがない、フジはバリアフリーについて真剣に考えているのか」

「番組の舞台セットが色が派手すぎてチグハグ、まるでパチンコ屋のようだ。あんなものは子どもには見せられない。プロがデザインしているのか?」

「株主優待で、なんで手帳を送りつけてくるんだ。手帳はそれぞれ好みがある。いつも捨てている。他のテレビ局では観劇のチケットなどもっと有意義なものをくれる」

 批判の声が相次ぐ。

 松沢氏の提案理由説明を日枝議長が遮ったことについても、複数の株主から「他の株主総会では、株主の意見は最後まで聞いてくれるものだ」「株主の発言を妨害すべきではない」「株主総会は、本来はコミュニケーションの場ではないのか」などの声が上がった。

 そして、質問に立った松沢氏から冒頭の発言が飛び出したのだ。

「新たな内部告発がありました。2014年6月26日、一昨年の総会の前日の夜、このフロア内のスタッフ作業部屋に、日枝さんの側近の方がおられた。告発には実名がありますが、それは伏せておきます。側近の方はこう言ったといいます。『会長はさあ、エッチな有料放送が大好きでさ。特に海外に行くとさ、洋物が大好きだからさ、毎日見るわけよ。それでさ、チェックアウトの時に、俺がカードで立て替えて会社に請求しなきゃいけないからさ、フロントの人にさ、俺が見たと思われて恥ずかしいわけよ。あっちではさ、何見たか分かっちゃうから』ということを言ったそうです」

 これに対して、日枝会長は「名誉毀損になりますよ!」と叫んだのだ。

 松沢氏はその後2度にわたって、この件に関して、それが事実が否かだけでも答えるように求めたが、日枝会長は答えなかった。

 法廷でフジHDが認めたヤラセ社員株主も、もともとは松沢氏に寄せられた内部告発が発端となって明らかになった。これまですべて内部告発は正確だ。

 最後に、議案の採決が拍手で行われた。社員株主による質問は控えたが、社員株主による拍手はいつも通り行われているようだ。例年のように、見渡せば3分の1以下くらいしか拍手していないのに、拍手の響きで会社提案が通っていく。

 株主への配当は、会社提案では1株につき20円(中間配当と合わせて年40円)。これに対して1株につき30円(年60円)にすべきだという修正動議を松沢氏は提出していた。どの株主にとっても有利なこの動議についてまで、拍手によって会社提案が通っていくのだから、なにをかいわんやである。

 洋物ポルノ大好きで、その使用料を会社に払わせる、日枝会長のマンガ的独裁は、いつまで続くのだろうか。
(文=深笛義也)

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月30日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。