またもやメキシコ火山からUFO大量出現! UFO研究家らが賛否両論の大論戦!

またもやメキシコ火山からUFO大量出現! UFO研究家らが賛否両論の大論戦!

 アメリカ、ロシアと並びUFO目撃情報の多いメキシコであるが、またしても、オーブ状の飛行物体が現れた。鮮明な映像も公開されたため、はやくも複数のUFO研究家が賛否両論の論戦を繰り広げている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/06/post_10192.html】

■20機ものUFOの大群

 問題のUFO映像は、6月24日付の「UFO Sightings Daily」に掲載された。同ブログを運営するUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、ポポカテペトル山を観察してきた5年間で、何度もUFOを目撃したそうだが、これほど多くの飛行物体が同時に撮影できたのは初めてだと、興奮気味にコメントしている。

 撮影された場所は、メキシコに位置する活火山ポポカテペトル山とされている。ポポカテペトル山には定点カメラが設置されており、ウェアリング氏も定点カメラの映像からUFOを見つけたことがあるそうだ。

 映像では、まず、ポポカテペトル山から黒煙が立ち上がり、直後に、画面左下と右上方から、光の玉のようなものが次々と飛び出してくる。

「1, 2, 3, 4...10, 11...」まだまだ出てくるではないか! その数20はあるだろうか? ウェアリング氏がイチオシするのもうなずけるUFOの大量発生映像だ。その後、光の玉は、わずかの間上昇した後に下降を始め、画面から姿を消すところで映像は終わっている。

■UFOか? ただの塵か?

 ウェアリング氏はUFOに間違いないとみているが、同じくUFO研究家のスコット・ブランド氏は、「暗視赤外線ウェブカメラは、小さな光源や虫に、通常のウェブカメラよりも敏感に反応」し、「噴火による塵も、今回の映像と同じ効果を引き起こす」として映像に懐疑的な姿勢をみせている。

 しかし、ポポカテペトル山では2012年にも、高速で火口に突っ込むUFOが映像におさめられており、「塵やホコリ」では、説明のつかないようなスピードで飛行するUFOが確認できる。 また、噴火による噴出物であるなら、複数の飛行物体が発生すると考えられるが、この映像では1つしか確認できない。

 ポポカテペトル山に近い、コリマ火山においても、似た飛行物体がはっきりと映像に残っている。こちらの映像では、高速の円筒状の物体が、画面右から左にかけて、やや上昇しつつ、画面を横切っている。この物体に関しても、「塵やホコリ」が原因だと考えるのは難しい。

■地底人の可能性も?

 エイリアンは、地球の外ではなく、地球内部からやってきたとする地球空洞説があるが、いずれにしても、地底人や宇宙人が、何を目的として地上を偵察しているかは明らかではない。灼熱の火山内部が調査され、真実が明らかになる日は来るのであろうか?

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月30日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。