高田馬場で、オープンすると3~4カ月で必ず潰れる店に直撃取材! 霊現象からお祓い現場まで検証!

高田馬場で、オープンすると3~4カ月で必ず潰れる店に直撃取材! 霊現象からお祓い現場まで検証!

「高田馬場に『必ず数カ月で潰れるラーメン屋』があります。原因を調べてください」

 6月某日、トカナ編集部にこんな情報が寄せられた。確かにグルメサイトを確認すると、件の場所にはラーメン店が次々とオープンするも、すぐに閉店してまた次の店舗が……という無限ループに陥っているようだ。

「つい先月には、カウンターの焼肉店がオープンしました。味は悪くない、というかリーズナブルなのにとても美味しいと思いましたが、あの店もきっと潰れます。すぐに閉店してしまうと思うとせっかくいい店なのに悲しいです」

【いわくつきの場所にオープンしてしまった焼肉屋】

神の赤肉
東京都新宿区高田馬場4-13-13
東海オリエンタルビル1F

 この情報を元に、トカナ取材班は現地へ急行した。店内はラーメン屋そのままの佇まいで、カウンターのみの7席。全席にコンロが用意されており、肉を一枚単位で注文した後、自ら焼いて食すというスタイルだ。所狭しと注文、肉をさばきまくる店主と思われる男性に、頃合いを見て声を掛けると、意外な回答が返ってきたのだった。

「以前までのお店が、すぐに閉店していると聞いて驚きました。どうやらこのフロアには“貧乏神”が住み着いているようなんです。そこで、週明けにお祓いをすることを決意しました」(店主)

※その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/07/post_10309html

■店主は貧乏神を祓うことを決意していた

 まるで仕込みかのようなタイミングだったが、取材班はお祓い当日の取材を交渉した。そしてその返答は「是非お願いします!」。以下は「神の赤肉」と貧乏神、そして池端裕也店長の“聖戦”の記録である。

 そもそも池端店長がお祓いを決心したのは、長年お世話になっている人物の発言がきっかけだったとのこと。その人物が“霊感”のある知人に「神の赤肉」のことを話した際、「何か良くないもの……簡単に言うと貧乏神のようなものがいる」と指摘され、そこから池端店長に「お祓いをしなさい」と連絡が来たという。

 さらに、池端店長がこの助言をもらった矢先、たまたま仕事で会っていた税理士の実家が神社であることが分かり、お祓いのことを相談。すると、「土地の神社に相談した方が良い」と言われたそうだ。

■鬼門に建てられた店

 また、お祓いをするにあたって、店長がビルのオーナーに報告したところ、オーナーの口からは「そういえば、ここは“獣道”というか、“鬼門”だったのよ」と、驚くべき言葉が飛び出したとか。それを裏付けるかのように、オーナーによれば、向かいのビルの場所には昔「お稲荷さんの鳥居」があり、今も屋上に立っているそう。鳥居のあるそのビルに入っている店は繁盛しているが、道路を挟んだだけのオーナーのビル、特に今回「神の赤肉」が入った1階は、ここ最近入れ替わりが激しいという。

 お祓い当日、我々はオーナーとも会うことができ、話を聞かせてもらった。すると、「4店舗くらい前に入ったお寿司屋さんまでは繁盛していたけれど、突然閉店。それ以降は、入れ替わりが激しくなりました」と、教えてくれた。

 そんなオーナーは、人には見えないものが見えることがあるそうで、「平成2年の終わり頃かしら。ちょうど今、店内のトイレがある辺りに人の顔のようなものが見えたんです。ビルを建てる時にもお祓いをしていたけれど、その時は狐のような黒い霊が空に上るのを見ました」と、得体のしれない何かを目撃していた。

 一方、池端店長は店を開いて約1カ月、何かが見えたことはなかったものの「空気が淀んでいるような気はしていたんです。それに、お客様が店前までは来るのに入店しない……なんてこともあって、気になっていた。もちろん、店側の経営的な問題などもあるでしょうが、お客様にも形容しがたい“居心地の悪さ”があったのかもしれません」と、振り返った。

■いよいよお祓い開始

 今回お祓いを行うのは、新宿・諏訪神社の宮司・村岡賢治さん。日本では古くから、地域ごとに信仰する神のことを「氏神」呼ぶが、村岡さんは「氏神の起源は氏族の祖先神であることが多かったが、時代が進むにつれてその地域の人々の守護神として呼ぶようになりました」と、教えてくださった。「神の赤肉」がある高田馬場は、同社の氏子地域(同じ氏神に守られているとされる区域)なのだ。

 また、村岡さんは「日本人には昔から、悪いことがあれば『禊』をするといった習慣があり、心身に『穢れ』が溜まると良いことが起こらないとされてきました。それを清めるために、禊やお祓いをします。世界中の宗教にも清めの儀式が存在するところを見ると、人類には元々そのような考え方があるのかもしれませんね。清らかにすることで、幸せが舞い込むと考えられています」と語り、いよいよお祓いを開始。

 祝詞(のりと)の後、店内には“悪いものを吸う”とされる「切麻(きりぬさ)」が撒かれ、最後は全員でお神酒で乾杯し、終了。村岡さんからお神札をまつった神棚を受け取った池端店長は、飾る方角や何を備えたら良いかなどを熱心に聞き、今後は年始に諏訪神社へ足を運んで厄払いをしてもらうと誓った。

 池端店長に「お祓いを終えての心境」を尋ねると、「形として見えるものが去ったわけではないけど、気分的には晴れ晴れしている」と、笑顔を浮かべた。

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2016年7月12日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。