【緊急警告】「トリプル台風」の後にM5以上の巨大地震が来る!? “進路と震源地”の関係を発見、前例多数!

【緊急警告】「トリプル台風」の後にM5以上の巨大地震が来る!? “進路と震源地”の関係を発見、前例多数!

 この8月、9・10・11号の「トリプル台風」が立て続けに発生、日本列島に接近するという異常事態に戦慄が走っている。すでに台風9号と11号は日本列島を過ぎ去ったが、現在、八丈島の南海上を北東に進んでいる台風10号は、東北地方の太平洋側から上陸する恐れがあり十分な備えが必要だ。

 今回の「トリプル台風」で特に注目を集めているのは、その“奇妙な動き”だ。台風10号は、いったん沖縄近海に近づくとUターンして北上、東北地方の太平洋側から上陸する可能性が高まっているが、これは観測史上初めての事態となる。台風11号も、北上を続けて宮城県沖に近づいた今月21日の9時頃、突然方向転換して東へと進んだ。

 そして筆者は、この台風11号が、東北沖で直前に起きた2つの地震(M5クラス)の震源地(海底)を、まるで迂回するような進路を辿っていたことを発見した。しかも一部では、台風が通過した後に大地震が日本列島を襲うのではないかとの指摘もあるようだ。果たして台風と地震の発生に何らかの関係があるのか、検証してみることにしよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10783.html】

■台風は地震が起きそうな地点を迂回して進む?

 今月21日9時頃に宮城県沖を通過した台風11号だが、翌22日15時11分に宮城県ではM5.2の地震が起きた。そして同日12時頃、台風11号は三陸沖を通過したが、やはりその翌日、22日の21時49分に三陸沖ではM5.1の地震が起きている。そしてこの時、台風11号は、まるで1~2日後に起きる2つの地震の震源を「予測」して「迂回」するかのような進路を取ったのだ。

 これは単なる偶然なのか? 別の例として、2014年9月29日に発生した台風18号の例を見てみよう。これは「大型で非常に強い台風」となって東海~関東地方に上陸し、各地に大きな被害を及ぼした。実はこの台風がグアム島の北東沖を進行中、“あるポイント”を迂回するような経路を取ったが、まさにこの場所で、約1週間後の10月6日にM5.9の地震が発生しているのだ。

 もう一つの例を挙げよう。2015年5月9日に発生し、小笠原諸島に接近して暴風雨をもたらした台風7号だ。この台風は、日本のはるか南から北上してきて小笠原諸島に接近すると、5月19日ごろを境に東方へと逸れて行った。そして10日ほど過ぎた5月30日20時23分、小笠原諸島西方沖でM8.1の巨大地震が発生した。このケースでは、台風が地震の震源となる地点を迂回したというよりも、大きく進路を変えたという表現が適当かもしれない。

■台風と地震は同時には起こらない?

 では、もしも台風が数日後に発生する地震の震源地を避けて進むと仮定した場合、なぜそのような現象が起こるのだろうか? インターネットを通して地震に関するさまざまな情報を提供する技術者のBoppo氏は、以前から台風と地震の関係に着目しており、「台風通過後3日以内はM5・震度4以上が7割の確率で発生」することを発見したとブログで主張している。氏は「台風に発震を抑制する働きがある」との仮説を立てたが、それを立証するデータを集めることに成功したという。

 筆者が発見した現象とBoppo氏の主張は多少異なるが、「地震と台風は同時に発生しない」という点では矛盾しないだろう。筆者は以前Boppo氏に自らの発見を説明したところ、以下のようなコメントをいただいた。

「私も『地震』と『台風』は非常に密接な関係にあると考えております。どちらも地球の持つ『エネルギーポテンシャル』の発散の結果であり、それが『地震』に向かえば『台風』は回避され、『台風』となれば『地震』が抑制される、といった感じだと思います」

 台風が、地震が起きる地点を迂回して進むという説は、現時点ではあくまでも仮説であるが、それを確かめるためにも、今後より多くのデータを収集して検証する必要があるだろう。

■台風が通過した後は地震が起きやすい!?

 しかし、地震と台風の関係について、より可能性が高いことがある。それは、「台風が通過した後は地震が起きやすい」ということだ。

 かつて奈良市長を務めた政治家である鍵田忠三郎氏は、「地震雲」の名付け親としても知られ、日本の地震雲研究の先駆者的人物だった。鍵田氏は地震と雨および台風について、以下のような発言をしていた。

「雨・風・雷・台風・地震などは、大地の中の不調和を治すためのもの」
「雨と地震は同様の発生原因であり、雨の日は地震が少ない」
「雨が降っても大地の不調和を治せない場合、地震となる」(『これが地震雲だ ― 雲はウソをつかない』、中日新聞社開発局出版開発部)

 また鍵田氏は、台風の通過地点付近で地震が起こりやすいという事実も把握していたようだ。では、本当に鍵田氏が主張するような事例があるか、考えてみることにしたい。

 2014年7月4日に発生した台風8号は、「大型で非常に強い台風」となり、九州に上陸してから関東まで横断し、梅雨前線を刺激して日本各地に大雨による被害をもたらした。この台風は7月11日にいわき市沖で熱帯低気圧に変わったが、その翌日、12日4時21分に、福島県沖でM6.8の大きな地震が発生した。震源は台風8号の進路に非常に近い地点だった。当時ツイッターなどでは、「台風が消滅した地点で大きな地震が起きた」と話題になったが、実際は完全に消滅したわけではなく勢力を弱めたということだ。

 2011年9月13日に発生した台風15号は、浜松市付近に上陸して関東地方を通過したが、東日本に上陸した台風としては戦後最大級となった。東日本大震災の年に発生したこの台風は、関東地方で交通機関が軒並みマヒし、3.11以来となる大量の帰宅難民が発生した。この台風は、21日21時に茨城県北部を通過して太平洋へと抜けたが、その直後となる同日22時30分、茨城県北部でM5.3、最大震度5弱の内陸地震が発生している。地震の規模はそれほど大きくないが、これも偶然とは言い難いタイミングである。

■気圧と地震の関係

 さて、これまで見てきたように台風と地震の発生に何らかの関連があるならば、そこにどのような“知られざる”メカニズムが隠れているのだろうか?

 そもそも台風の定義とは何かというと、熱帯の海上で発生する熱帯低気圧のうち、北西太平洋または南シナ海上にあり、最大風速が秒速17m以上のものである。この「熱帯低気圧」という言葉がポイントだ。実は、気圧と地震の関係については、以前から指摘されてきた。

 これまでに数多くの大地震を予測・的中させてきた琉球大学の木村政昭名誉教授(海洋地質学)は、気圧と地震の関係について、次のように語っている。

「かつて大地震の発生前に、発光現象や特異な雲が出現した例が伝えられています。それに、漁師の間には『低気圧になると地震が起きる』との言い伝えもあります。地面を押しつける気圧の力がグッと弱まって、地震が起きる可能性があるのです。地震発生の臨界状態にある場合には、低気圧が『最後の一押し』になるかもしれません」(科学朝日、2012年5月25日号)

 低気圧自体が地震を引き起こす力をもっているわけではないが、地震エネルギーが蓄積して今にも地震が起きそうな地点で、気圧の低さが地震を誘発する「トリガー」となり得るということだ。それならば、台風という特殊な低気圧が地震を誘発したとしても不思議ではないだろう。

 また、地震予知分野で驚異的な的中率を誇るロシアの地球物理学者、ヴィクトル・ボコフ博士の説によると、地震前兆は太陽の磁場変化と、気圧の変化から推測可能だという。この2つの要素が同時に異変を示すと、M4以上の地震が起きるようだ。

 こうして見てきたように、台風が通過した後は、その進路付近で大きな地震が発生しやすいのかもしれない。加えて、筆者の仮説が正しいとすれば、台風は直後に地震が起きる地点を避けて進む傾向があることになる。大きな被害をもたらす風雨が過ぎ去り、台風一過の晴天となったからといって、喜んでばかりもいられない。その後、もっと大変なこと(大地震)が待ち受けているかもしれないのだ。この知見を将来の地震予測に活かすため、専門家諸氏が今後本格的に研究されることを期待したい。いずれにしても、前代未聞の動きを見せる台風10号の進路に十分注意するとともに、暴風雨と地震に対する備えを万全にしておこう。

(文=百瀬直也)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2016年8月30日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。