【リオ五輪】観客席ガラガラ、空席率70%! 韓国・平昌冬季五輪は“さらに悲惨”との見通し

【リオ五輪】観客席ガラガラ、空席率70%! 韓国・平昌冬季五輪は“さらに悲惨”との見通し
       

 リオ五輪も最終日まで残り1週間をきり、ますます会場もヒートアップしているかと思いきや、複数の海外大手メディアが競技会場の観客席がガラガラだと報じている。いったいリオ五輪に何が起きているのだろうか?

■空席率70%のオリンピック決勝

 8月14日付の英誌「Daily Mail」によると、リオ五輪のチケットセールスは大会当初から壊滅的だったという。8月5日の開会セレモニーでは1万枚以上のチケットが“当日”まで売れ残っていたそうだ。開会式会場「エスタジオ・ド・マラカナン」の収容人数が約7万8千と多いことも要因の1つと思われるが、それにしても1万枚の売れ残りとは……。

 大会開催後もチケットの売れ行きは伸び悩み、夏季オリンピックの目玉競技である陸上競技の観戦者数は絶望的な数字だという。なんと7日に行われた(女子)七種競技決勝では、5万6千人収容するアリーナの70%は空席だったそうだ。(下記写真)

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10642.html】

 次に女子砲丸投げ決勝の様子をご覧頂きたい。手前に見えるのは今大会で金メダルを獲得したアメリカのミシェル・カーター選手。問題は奥に見える観客席だ。およそ50%以上は空席ではないだろうか。

 さらにウサイン・ボルト選手のオリンピック3連覇がかかった男子100m決勝さえ、レース前日にも拘らずチケットが大量に売れ残っていたという。8日にはボルト選手も自身のTwitterで「素晴らしいレースになるから、チケットを買ってくれ」と呼びかけていたが、予選レースでは50%~70%が空席だったそうだ。

■原因は貧困か?国民性か?

 2012年ロンドン五輪では陸上競技は毎晩売り切れ続出だったこともあり、リオ五輪の不人気っぷりに選手達は困惑を隠せないようだが、国際陸上競技連盟(IAAF)のYannis Nikolau氏は、ロンドン五輪との比較は簡単にはできないと釘をさしている。

「国も文化も違います。ここではサッカーが国民的スポーツです」
「リオ五輪をロンドン五輪と比べるのは公平とはいえません。互いに違う都市ですし、イギリスには陸上競技の伝統が根付いています」
「所得の問題もあります。ブラジルとイギリス、アメリカの所得格差を考えれば、ロンドンとリオの比較には無理があります」

 Nikolau氏はスポーツ文化の違いもあげているが、ブラジルの人気スポーツの1つであるビーチバレーもチケットの売れ行きが芳しくなかったそうだ。そうなるとやはり、所得格差が問題なのだろうか。たしかに、ブラジルでは未だに人口の30%近くが “貧困線”(生活に必要な物を購入できる最低限の収入を表す指標)以下の生活を強いられているのが現状だ。ブラジルに住んでいても観戦チケットを買えない人はかなりいることだろう。

 リオ市はこの事態を見通してか、今年5月に観戦チケット54万7千枚を小、中学校の生徒から公務員や障害者に無料配布する計画を立てていた。だが、違法との指摘があり実行にはいたっていない。このことも空席率の高さに多少の影響を与えているだろう。

■オリンピック特需は期待薄。平昌冬季五輪はさらに悲惨か?

 さらに、このままではリオ五輪で期待されている経済効果も薄くなると、オリンピックに詳しい国際政治ジャーナリストが語っている。

「また、リオオリンピックの最大の問題点は、リオで開催された2014年のFIFAワールド杯が成功したのに、オリンピックでは『選手村の設置・水質管理・道路の清掃』に手こずり、大失敗している点です。これらの設備投資にブラジルは国債を発行していますが、予想以上に低い経済効果で、返済できない恐れさえ出てきています」

「今回の空席が目立った原因のひとつは治安です。オリンピックが開催されれば、リオ周辺のスラム街はなくなり雇用は100%になると謳ったため、人が集まりすぎてかえって治安が悪化。町中でデモが起き、外国人観光客も来られない最悪の治安となってチケットも売れないという悪循環となりました。最初に期待した経済効果は間違いなく得られないでしょうね」

 また、リオ五輪の経済的失策はブラジルのみならず、今後開催される韓国・平昌冬季五輪や東京五輪にまで波及するかもしれないという。

「それよりも悲惨なのが2018年に開催される韓国・平昌冬季五輪です。リオと同じくインフラ整備と水質管理に苦戦し、スタジアムの着工も大幅に遅れて予算ばかり膨張している。しかも、土壇場で日本と共催する可能性まで出てきてしまっては、日本国内でも韓国を助けるべきという支援組と反・支援組みで荒れる可能性がある。リオオリンピックの惨状は、ブラジルの信用を落としただけではなく、今後の五輪開催国に暗い影を落としているとみていいでしょう。築地移転中止の可能性が浮上している日本も、東京五輪に向けて今後予想以上の大混乱が訪れる可能性がある」(同ジャーナリスト)

 東京五輪まであと4年。いまだ都政の混乱や競技場の建設費など多くの課題を抱えているが、今回のリオ五輪を教訓にぜひとも成功に導いてもらいたい。
(編集部)

※イメージ画像は、「Wikipedia」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月16日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。