たった10秒で肌年齢を判定する超・簡単な方法とは? アメリカの人気美肌博士イチオシの究極美容法も紹介!

たった10秒で肌年齢を判定する超・簡単な方法とは? アメリカの人気美肌博士イチオシの究極美容法も紹介!
拡大する(全1枚)

 朝にバッチリメイクやお洒落をきめても夕方にはジワジワ疲れが出てきてしまい、年齢と共に誤魔化しきれないもの……。そう、肌である。ドキッとした人にさらに心臓に悪いことに(!?)、たった10秒で診断出来てしまう肌年齢テストがあるのだ。

■超簡単“肌年齢テスト”

 ある日ふと見つけてしまった、以前はなかったであろう目尻の小皺や頬の染み……。自分の顔に初めて出現した時は思わず絶望感に打ちひしがれてしまいそうだが、肌の状態と実年齢との関連についてどの程度把握しているだろうか。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10719.html】

 実はテストするのは顔ではなく“手”。顔周りが華やかで一見若そうに見えても、誤魔化せずに年齢が出てしまうのは首や手の甲である。

 やり方は実にシンプルだ。

【方法】
・ 手の甲の皮膚を親指と人差し指で少しつまみ上げて5秒キープして放す。
・ つまんでいた皮膚が何秒で元に戻る(平らになる)かを計る。

【結果】
・ 1~2秒で戻れば30歳未満
・ 3~4秒では30歳以上44歳未満
・ 5~9秒では45歳以上50歳未満
・ 10秒以上は60歳以上

 この診断方法を紹介したのは皮膚科医であるアレクシス・アブラムソン博士。アメリカで美容やアンチエイジングのコラムを多く持ち、ライフスタイルコンサルタントとしても活躍しており、今回も大きな反響があったそう。実年齢とギャップがあった人も落ち込むなかれ、博士によればちゃんと改善策もあるのだという。

■若さを保つイチオシの食材はザクロ(柘榴)

 肌に最も影響を及ぼすのは食生活だそうで、まずは毎日適量の水を摂取することと、糖分は肌をたるませてしまうため甘いものが好きな人は1日の総摂取カロリーの10分の1以下に抑えることを目標にする。

 若さを保つイチオシの食材はザクロ(柘榴) で、種部分に天然のポリフェノールの一種であるエラグ酸とプニカリンを多く含んでおり、美容に欠かせないビタミンCや肌のハリや弾力の源となるコラーゲンを産み出し、肌の炎症を抑える効果が優れているのだという。

 また、ほうれん草はβカロチンやルテインを含んでいるが、これらふたつの成分は酸化を防ぐ役割がもあるため、肌の弾力維持や疲労回復に優れているのだそうである。スイカもビタミンCやリコピンが豊富で肌のくすみを取り除いてくれるのでお勧めだという。

 ザクロは中々入手しにくいので、エラグ酸を同じく多く含んでいるイチゴ、ラズベリー、クランベリー、ブドウなどから摂取するのも良いかもしれない。ただし、果糖も糖分なので摂取量は多くなり過ぎないよう注意が必要である。

  その他には、肌の老化を早める喫煙や過度の日焼けや飲酒を避けてじゅうぶんな睡眠を取ること、つまりは健康的な生活を意識することが大切ということだ。最近肌の疲れを感じている人はできるところから実践してみてはいかがだろうか。
(文=Maria Rosa.S)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。