世界のトップリーダー達による「宇宙・UFOに関する7つの爆弾発言」まとめ

世界のトップリーダー達による「宇宙・UFOに関する7つの爆弾発言」まとめ

 混迷を深めるシリア情勢、ギリシャの財政危機、激増する難民、イギリスのEU離脱、極限にまで進んだ各国の低金利政策、史上最も低俗といわれる米大統領選のゆくえ……。先が見えないこの時代を反映してか、各国、各界のトップリーダーたちの耳を疑うような、あるいはロマンに溢れる(!?)発言が相次いでいる。年末にはまだ早いが、ここで一度総括として世界のトップリーダーたちによる最近の“爆弾発言”を振り返ってみよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11230.html】

1. オバマ大統領「15年以内に火星に人間を送る」

 NASAによる有人火星探査計画はすでに始まっているが、それを裏打ちするように先日、オバマ大統領が「今後15年以内に火星に人間を送る」という発表をして話題だ。

 8年間の任期満了まであとわずかのオバマだが、キャリアの総仕上げとばかりに大胆でロマン溢れる発言を行っている。今後官民が協力して、火星移住に向けた本格的な取り組みを行う計画があるということだ。“民”とはイーロン・マスク率いるスペースX社のことで、NASAのスペース・ローンチ・システム(SLS)を使って、まずは2018年中に無人の宇宙船を火星に派遣。その後2020年代中に宇宙船に人を乗せて火星に運ぶという計画である。夢の火星旅行が急ピッチで実現に向かっているようだ。

2. ヒラリー・クリントン「UFO極秘ファイルを公開する」

 現在、大統領選の最終決戦へ向けて選挙キャンペーンのクライマックスを迎えているヒラリー・クリントンだが、以前から大統領に当選し、新政権が本格稼働し始めた暁には、これまで政府が隠蔽してきたUFOや「エリア51」に関する情報を公開すると公約していることは、トカナ読者であれはご存じの通りだ。

 この経緯には、ヒラリーのブレーンであり大のUFOファンであるジョン・ポデスタ氏の存在によるところも大きいのだが、先日、内部告発・漏洩情報公開サイト「ウィキリークス」が、かつてポデスタ氏と故エドガー・ミッチェル元宇宙飛行士の間で交わされたメールの内容を公開。なんと目下、人類が宇宙戦争の危機に直面しているといった現状が語られ、これに対処するための真剣な議論が交わされていたのだ。はたしてヒラリーがホワイトハウスの住人になった時点で、UFO情報と共にこれらの“宇宙戦争の危機”についても公にされるのか? 別の意味で大統領選の行方が興味深くなる話題だ。

3. EU委員長「他惑星のリーダーたちがイギリスのEU離脱を懸念している」

 イギリスの“離脱”に揺れるEUだが、6月28日に開かれた欧州議会において、ジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長がイギリスの国民投票によるEU離脱決議について、「“他の惑星のリーダーたち”が非常に心配している」と発言してEUのみならず世界中の注目を集めた。「“遠いところから我々を観察している人々”を安心させなければならない」というのだ。

 もし今以上に世界の混迷が深まった際には、他の惑星の勢力による何らかの“介入”が行われるというのだろうか。非常に気になる発言である。

4. イラク運輸大臣「シュメール人はUFOで宇宙に行っていた」

 この9月にイラク南部・ジーカール県で開かれた新空港の開港会見でイラクの運輸大臣カージム・フィンジャーン氏が、「7000年前に世界初の空港を建設したのはシュメール人であり、地球上だけでなく宇宙旅行や惑星探索を行っていた」と発言して大きな話題を呼んだ。確かに謎が多いシュメール文明とシュメール人だが、現職の運輸大臣の発言であるだけに多くの批判の声もあがったようだ。

 しかしフィンジャーン氏の信念(!?)は固く、シュメール史やシュメール文明研究の専門家の言葉を引き合いに出しながら持論を展開し、シュメール人は宇宙船に乗って冥王星にまで到達していたことも主張している。UFO研究家の間では古代文明、特にシュメール文明と宇宙人の関係はかなり以前から取り沙汰されており、目新しい話題ではないが、ここまで強力に主張することに何らかの意図かあるとすれば気になるところだ。

5. カナダ元国防大臣「宇宙人は地球で働いている」

 1963年から67年の間にカナダの国防相を務めたポール・ヘリヤー氏が、昨年4月にカルガリー大学の講演会で「宇宙人は何千年も前から地球を訪れており、人類に失望している」と言及して世を騒がせた。

 ヘリヤー氏は2005年に初めてUFOの存在を公言し、これまでも幾多のメディアで「宇宙人は何千年も前から地球を訪れており、我々の科学技術の進歩は宇宙人の恩恵によるものだ」と語っている。現代の文明に欠くことのできないコンピュータのCPUなどは宇宙人からの技術供与の賜物だというのである。そして現在、アメリカ・ネバダ州にある米空軍基地に3種類の宇宙人が“勤務”しているということだ。地球を訪問している宇宙人はもう1種類おり、合計で4種類になるという。確かに付近一帯のいわゆる「エリア51」は以前からUFOと宇宙人に関するざまざまな疑惑を招いている地なのだが……。

6. プーチン大統領「女王陛下はレプティリアン」

 2014年にフランスで行われた「ノルマンディー上陸作戦70周年記念式典」に列席したプーチン大統領は、初対面のエリザベス女王の近くにいたにもかかわらず、移動の際に当然すべきことである手を取ってのエスコートをしなかったという。プーチンのこの“塩対応”は、なんと、エリザベス女王が人間ではなくレプティリアンであることを見抜いたからだといわれているのだ。

 情報筋によれば最近になってプーチンは側近に「エリザベス女王は人間ではなく、レプティリアン。気をつけろ」と話したということだ。「エリザベス女王=レプティリアン説」は昨今各メディアでも非公式に話題になっており、プーチンの発言を一笑に付すわけにもいかないムードもありそうだ。

7. イーロン・マスク「UFO攻撃の可能性を排除しない」

 この9月1日、実業家のイーロン・マスク氏がCEOを務めるスペースX社が開発した無人ロケット「ファルコン9」が、発射台に設置された状態で大爆発を起こしたことは記憶に新しい。推進剤の注入作業中の悲劇だったということだが、公開された爆発時の映像に怪しい飛行物体が写っていると指摘されたのもつかの間、今度はマスク氏本人が、「UFOによる攻撃を受けた可能性を排除していない」とTwitterで発言して話題になった。

 映像では確かに爆発直前にロケットの上空を横切る飛行物体が確認されている。その正体はわかっていないのだが、見る限り非常に高速で飛行しており、確かに疑惑は膨らむ。現在も事故の調査が行われているというが、何か新しい動きがあるのか続報にも気に留めたい。

■11月8日にプーチンが重大発言!?

 裏づけはとれていないものの、最新の“爆弾発言”と呼べるものは、これまでも何かと注目の集まるプーチンから発せられている。今後の世界情勢の進みかた次第では、なんとあの“惑星ニビル”に関する重大発表を行うことになるかもしれないというのである。いったいどういうことなのか?

 太陽系の「第9番惑星」ではないかといわれ、その存在が指摘さている惑星ニビル(プラネットX)は、極端な楕円形を描く広大な軌道で数千年に一度太陽に最接近し、その際に地球をかすめ、重力や地磁気の乱れをもたらして地上に大災厄を引き起こすと噂されている。

 英タブロイド紙「Express」などによれば、近々プーチンがどこかのタイミングで惑星ニビルが地球に再接近するスケジュールを各メディアを通じて公表する手筈を整えているということだ。その“タイミング”とはいつなのか? それは11月8日、米大統領選挙でトランプ候補が敗北した時だという。

 記事によれば、この惑星ニビルに関する情報は世界のトップリーダーたちの間で極秘事項になっているという。状況を見てこれを公表したいプーチンのクレムリン側と、秘密厳守を旨とするホワイトハウス側で合意が結ばれ、プーチンが当面秘密を守り続けることと引き換えに、大統領選に当選したトランプが就任後にその事実を公表するという展開が見込まれていたという。

 しかしご存じの通り、公開ディベートから過去の女性蔑視発言やセクハラ疑惑などが持ち上がり、トランプにかなりの逆風が吹いているといわれている。したがって、もしトランプが落選した場合、プーチンが独断で惑星ニビルの地球への接近を公表するということだ。ともあれ、来月早々のタイミングで公表する機会をうかがっているというならば、かなりの緊急事態といえる。YouTubeチャンネルの「Nibiru Planet X 2016」も今年11月に惑星ニビルが最接近することを指摘している。11月にアメリカの新大統領が決まった矢先、続いて惑星ニビルが文明の存亡を揺るがしかねない災厄をもたらすのか? いずれにせよ11月8日はもうすぐそこだ。
(文=仲田しんじ)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2016年10月24日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。