大学教授が234の惑星から「謎のシグナル」キャッチ! ホーキング博士は塩対応=カナダ

大学教授が234の惑星から「謎のシグナル」キャッチ! ホーキング博士は塩対応=カナダ

 この広大な宇宙の中で我々だけが唯一の知的生命体なのか? 今も、決して少なくない研究者が、宇宙のどこかに現れいづる生命体の存在を示す物証を手に入れようと調査・研究に余念がない。そして先日、遠い宇宙から知的生命体の可能性を示唆する234ものシグナルが確認されていたことが公表された。

■234の星からミステリアスなシグナルが発信

 1998年にアメリカ、日本、ドイツの3カ国共同プロジェクトとしてスタートした天体観測プロジェクト「スローン・デジタル・スカイサーベイ(Sloan Digital Sky Survey、SDSS)」だが、その後多くの国と研究機関、研究者グループが加わって今も推進されている。

 そして先日、カナダ・ラヴァル大学の研究チームがこのSDSSの調査の一環で250万もの星を分析したところ、そのうちの234の星からミステリアスなシグナルが発せられていることを、天文学系学術誌「Solar and Stellar Astrophysics」で報告して各方面からの注目を浴びている。そして今回の報告を行った2人の研究者は、これらのシグナルが地球外知的生命体が接触を求めて放っているものである可能性を指摘しているのだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/11/post_11343.html】

 研究者の1人、エルマンノ・ボッラ氏は今回の発見に先立って、地球外知的生命体(extraterrestrial intelligence、ETI)のシグナルを予測する研究を行っていたのだが、これら234の星が放つシグナルはその予測に適合するものであったということだ。

 しかしながら、これらのシグナルが地球外知的生命体が発したものであるとするのは、あくまでも数ある可能性のひとつにすぎない。分子の回転遷移による電波の放出や、急激な波動の生成に起因しているものであることも考えられるという。とはいえ、250万個の星の中のわずか234の星にしか確認されないレアな現象であり、また逆に234もあればそのうちのいくつかは“本物”ではないのかと考えてしまうのも、ある意味で自然なことだろう。

■ホーキング博士も注目

「車椅子の天才物理学者」ことスティーヴン・ホーキング博士らによって今年から活動を開始している史上最大規模の地球外知的生命体探査プロジェクト「Breakthrough Listen」が、今回の発表に対して反応を表明している。

 同組織は「途方もない主張には、途方もない証拠が必要である」とし、これらのシグナルが地球外知的生命体の存在を示す物証だと捉えるのは性急であるとしながらも、詳細な調査が必要であることを指摘しているのだ。そして現在活動中の国際プロジェクトであるSETI(地球外知的生命体探査)の施設を使った本格的な調査を提案している。

 もしこれらのシグナルの発信元のどれかが地球外知的生命体のものであるとすれば、先方は我々地球人の存在に気づいているのかどうかという点も重要な問題になるだろう。すなわち、それらの星に向かってこちらからも何らかのアクションを起こすべきなのかどうかという話になってくるからだ。

 しかしホーキング博士はこれまでも再三にわたって、決してこちらからメッセージを発するべきでないと力説している。ホーキング博士によれば、まずはこちらが地球外文明を先に見つけることが最優先であるということで、下手に接触すれば人類の滅亡さえ引き起こしかねないと警告を発している。「Breakthrough Listen」の活動も地球ぐるみでこの意識付けを徹底させる狙いもあるようだ。いずれにしてもさらなる調査が求められており、今後の研究の進展がきわめて興味深い。
(文=仲田しんじ)

※イメージ画像は、「Wikipedia」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2016年11月3日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。