【NWO】秘密の世界会議に出席する方法を解説! ビルダーバーグ会議、ダボス会議など、秘密結社へGO

【NWO】秘密の世界会議に出席する方法を解説! ビルダーバーグ会議、ダボス会議など、秘密結社へGO

 陰謀論が好きな方はご存知の通り、世界の未来はごく一握りのひとびとの会議によって決められている。世界の運命についていち早く知るためにわれわれが、そのような秘密会議に出席したり、発言したりする方法はないのだろうか?

 実はそのような方法がないこともない。われわれ一般人が秘密の世界会議に出席するための裏ワザをまとめてみよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11680.html】

1. ダボス会議(世界経済フォーラムが毎年1月にスイス東部の保養地ダボスで開催する年次総会/2016年はイスラエル首相ネタニヤフからレオナルド・ディカプリオまで出席)

 世界の秘密会議の中でわれわれが出席できる可能性が一番高いのはダボス会議だろう。正式名称を世界経済フォーラムという毎年一月末にスイスのリゾート地で開かれる「選ばれた人々による国際会議」だ。ダボス会議の出席者は完全な招待制で、会議に参加できるのはそのときどきのグローバルリーダーとして認められた2500名ほどのエリートだけである。

 簡単に言えば、ビル・ゲイツやイーロン・マスクのような世界を動かす企業家であるか、メルケル首相、トランプ次期大統領のような世界を動かす政治家であるか、ないしはイエレンFRB議長、潘基文 国連事務総長のように世界的な組織のトップにいるか、ボブ・ディランやムハマド・ユヌスのようにその思想で世界を動かすような人しか招待されない。

 ダボス会議のひとつの目的は「そのような世界的なエリートの意見を聞く」ことにあるため、会議に招待されるためにはそれなりのエリートでなければいけないわけだ。しかし抜け道はある。


・招待する側にまわる

「自分はそんな会議に招待されるほどのエリートではない」という日本人にとって一番簡単な出席方法は「招待する側にまわる」ことである。

ダボス会議の母体は約1000社のグローバル企業によって構成されていて、各社のCEO(つまり一番のトップ)はダボス会議に出席する権利を持っている。その1000社のどれかに入社してCEOになれば、一般の日本人でもダボス会議に出席することができるのだ。

 会員企業のリストを見ると三井物産、東京海上HD、三菱東京UFJ銀行…といった企業名が並んでいる。問題は「どうすればそれらの企業トップになれるのか?」であろう。

「一般人が三井物産のトップに立てるとは思えない!」

 なるほどそうかもしれない。しかしよく見ると業績が傾きかけている大企業も会員リストに散見される。

 若くて野心のある方ならハゲタカファンドに入社してはどうだろう。ダボス会議のメンバーの中で傾きかけた会員企業を買収し、立て直すためのCEOとしてその企業に乗りこむ。この方法なら30代から準備を始めて、40代半ばでダボス会議の正式な会員として出席することが可能である。

・ヤング・グローバル・リーダーに選出される道

 さて、そこまでの野心の無い方でも、若ければもうひとつ別のチャンスがある。それはダボス会議からヤング・グローバル・リーダーズに選ばれることだ。40歳以下で、世界のさまざまな分野のリーダーだと認められた人物が会議に招待される制度だ。日本からも例年10名弱のメンバーが選定される。

 ヤング・グローバル・リーダーの顔触れを見ると、一見ハードルは高い。楽天の三木谷浩史社長やサイバーエージェントの藤田晋CEO、グリーの田中良和社長のようにIT長者になった人々や、大相撲の朝青龍、サッカーの中田英寿、登山家の野口健などスポーツ分野での一人者の名前が並んでいるからだ。

 しかしそのリストをよくよく見ると、勝間和代や岩瀬大輔のようにブロガーから人気が出て文化人になった元一般人の名前も混じっている。ここが狙い目だろう。世代の共感を得られそうなブログを上から目線で書き続ける。その努力がダボス会議の運営側の目に留まるチャンスに賭けるのは悪くない。とはいえ、出席には3万7600ドル、日本円にして約400万円がかかるので、少なくともそれくらいの財力は必要だ。

 さて、話をそもそもレベルでひっくり返してしまうようで恐縮だが、ダボス会議は世界を動かす会議の中では実はセレモニーに過ぎない。公のイベントでの議論はすべてネット動画で公開されるし、出席者は皆、腹黒い本音は隠したままだ。

 本当に世界を動かすためにはダボス会議の裏バージョンであるビルダーバーグ会議に出席しなければ、世界の陰謀の一端に触れることはできない。


■ビルダーバーグ会議(毎年1回、世界的な影響力を持つ政治家や官僚、多国籍企業・金融機関の代表やヨーロッパの王族、貴族の代表者など約130人が[1]、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や環境問題等の多様な国際問題について討議する完全非公開の会議)

 このビルダーバーグ会議。出席メンバーの選定基準はダボス会議と似ているが、一点だけ大きな違いがある。出席者は原則、白人のエリートである必要がある。

 ではわれわれ一般の日本人がビルダーバーグ会議に出るにはどうすればいいのだろうか? 残念ながらすべての日本人にチャンスがあるわけではない。しかし以下の3つの特徴を持つ日本人ならビルダーバーグ会議メンバーへとなり上がるチャンスがある。

 その3つの条件とは、

1. 色白で顔が濃いこと
2. 下の名前が「健」や「城二」のように英語にしたら外人っぽく読めること
3. ブッシュ元大統領ぐらいの学力があること(ここは比較的ハードルが低いだろう)

 この条件に当てはまる日本人なら、次のようなステップを踏むことでビルダーバーグ会議メンバーへとなり上がれる可能性が出てくる。

 まず20歳前後で六本木でアメリカ人女性をナンパして結婚し、アメリカ姓を手に入れる。最初は岩村健とか高田城二のように日本人の名前だったところから、この段階でケン・アンダースンやジョージ・ハウエルのように名前だけなら白人かもと思わせる変化を遂げるわけだ。

 このときに髪の色を金髪にしてカラーコンタクトレンズを入れて白人っぽく見えるように外見を変えておくことが重要だ。必要であれば高須クリニックで外見を微調整してもいいかもしれない。そのうえでアメリカに移住してイェール大学のように、東部エスタブリッシュメントの大学の中でも金持ちのボンボンが入る大学に転入する。

 イェール大学では共和党を支持するグループに所属して仲間をふやし、秘密の友愛会のメンバーになるべきだ。ファイ・ベータ・カッパ・ナンチャラ…みたいなギリシャ文字の名前がついた歴史のありそうな友愛会にもぐりこむことが望ましい。仲間内ではトランプはコキおろしてもいいが、ブッシュについては極力持ち上げたほうがいいだろう。

 そのようにして共和党員の秘密の組織に入って存在感を高めていくと、あるときの夏休みにカルフォルニアの「ボヘミアングローブ」という場所のサマーキャンプに参加しないか? という誘いが来ることがある。


■ボヘミアングローブ

 ここが勝負どころだ。夏休みのバイトがあるからなどと断ってはならない。すべての約束をキャンセルして、ボヘミアングローブのサマーキャンプに参加すべきである。なぜならそこが、未来の世界エリートを選抜するためのオーディションの場なのだから。

 ボヘミアングローブは共和党の有力者たちによる若き次期リーダーを選定する場だ。古くはニクソンやレーガンもまだ若い頃にボヘミアングローブに参加することで政治家への道を開いていった。

 もしあなたがそこでエリートのひとりとして承認されれば、後は秘密組織の指示するキャリアの階段をひとつひとつ上ることで組織の期待に応えていくことである。組織が推薦する官庁や大企業に入り、その中でひとつひとつポジションを上げていく。そして若くしてそれらの組織を動かすだけの権力を手に入れることだ。

 早ければ30代半ば、あなたが40平方メートルほどの広さの執務室を手にいれるぐらいの権力を得たころに、あなたの下に一通の封筒が届くことだろう。

「ビルダーバーグへようこそ」

 その日が来るまで、毎日、青い目のカラーコンタクトレンズの痛みに耐えることを忘れないでいてほしい。

(文=ホラッチェ)

画像は、Thinkstockより引用。

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2016年12月8日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら