最新抜歯技術「ベネックス抜歯システム」がスゴい! 痛み・出血を低減する革命的手法

最新抜歯技術「ベネックス抜歯システム」がスゴい! 痛み・出血を低減する革命的手法

“歯を抜くには痛みが伴う”というのは、誰しもが思うことだろう。歯が広範囲に渡って虫歯に浸食されていたり、修繕不可能なほどに破損している場合には抜歯が行われる。抜歯を行う前には、表面麻酔や注射による麻酔を行い痛みを軽減させるのだが、注射針の痛みに震え上がった人も少なくないはず。

 今月16日、イギリスの「Daily Mail」に公開されたニュースは、2度と歯医者に行きたくなくなるような、なんとも“痛い”手術のようすを収めている。動画は、スイスで開発された最先端の技術“ベネックス抜歯システム”による抜歯手術の過程が撮影されており、Facebookに投稿後、約12万回もの視聴回数を記録したという。

 施術前には鎮静剤の投与の有無は不明だが、このスイスの最新の抜歯方法は信じられないことに、“痛みが伴わない方法”だと言われている。まず歯科医は、抜歯を行う前に歯の上部、歯肉溝の内部に切れ目を入れていく。そしてペンチで歯をつかみ、ゆっくりと回すように歯を抜いていく。引き抜かれた後には、歯根部分が見えペンチでは引き抜けない。そこで使用されるのは「ダイヤモンド・ドリル」と呼ばれる、スクリュードライバー。そのドライバーで歯根の中心部に穴を開けていく。穴はかなり奥まで開けられ、歯肉内部は血で真っ赤に染まっている。

 次に、ドライバーで開けた穴に、“ネジ式の留め具”を埋め込んでいく。留め具には凹んだ部分があり、歯科医はそこにワイヤーのようなものを引っ掛ける。そのワイヤーを特別な器具に装着し、ゆっくりと歯根を抜いていく。ほんの10秒足らずで、3センチ程度の歯根が姿をあらわした。

 このベネックス抜歯システムは、“低侵襲治療(手術に伴う痛みや発熱、出血を可能な限り少なくなる医療)”のため、痛みを緩和し他の組織構造にも影響を与えないという。この方法は世界中で採用されており、歯根除去を行う外科的技術の代替案として、多くの歯科医から手術の“必須項目”へ追加すべきだと考えられている。

 体質的に麻酔が効かない人、アレルギーが出る人など様々だろう。そういった人のためにも、こういった“痛みが伴わない”手術方法が1日も早く普及することを願いたい。
(文=山下史郎)

※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。