英高級紙で専門家断言「20年以内に、数千万人の人類がスペースコロニーで暮らし始める」

英高級紙で専門家断言「20年以内に、数千万人の人類がスペースコロニーで暮らし始める」

 先月、アラブ首長国連邦が火星移住計画を発表し、人々の度肝を抜いたが、この度さらに驚愕の移住計画の存在が明らかになった。なんと、英宇宙研究機関が「超巨大スペースコロニー」の製作を計画しているというのだ!


■1000万人収容の「巨大スペースコロニー」実現へ

 英高級紙「The Independent」(3月10日付)によると、SF作家アーサー・C・クラークが会長を務めたこともある「英国惑星間協会(BIS)」が、20年後の完成を目処に1000万収容のスペースコロニーの製作に乗り出したという。我々が生きている間に宇宙への移住が現実になるかもしれない。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/03/post_12621.html】

 現在計画中のスペースコロニーは「Island 1」と名付けられた、直径4マイル(約6.5km)、長さ20マイル(約32km)もの巨大な円筒形コロニーで、1000万人を収容する予定だという。BIS会長ジェリー・ストーン氏が完成に向け自信をのぞかせている。

「10年後に計画を始めれば、20年後にはスペースコロニーを完成させることができるでしょう。とても素晴らしいことだと思いませんか?」(ストーン氏)

 40年前にも物理学者ジェラード・オニール博士がプリンストン大学の学生とともにスペースコロニー計画を立てたが、実現には至らなかった。そこでストーン氏は当時の研究成果を引き継ぎ、実現を目指すということだ。コロニーのデザインも当時のアイディアが元になっているという。

「今すぐ実行に移したとしても、1970年代よりは遥かに効率的に実現することができるでしょう。だから、私はこの計画をBISで始めたのです」(同)

 コロニー製作の材料は月や地球近傍惑星などから採取する予定とのこと。コロニーを運営するエネルギーは、太陽パネルで採取するそうだ。宇宙空間で得られるエネルギーは、地球上で生成するよりも遥かに効率的だという。


■長寿になり、身体にも変化

 ISSに居住する宇宙飛行士は無重力空間に長時間さらされるが、健康面への配慮もありコロニーの住人は人工重力の元で働き、生活するようになるという。ただ、地球と同じ1Gの重力ではなく、0.9Gや0.8Gなど適度に弱い重力のほうがコロニーや住民の体への負担が少ないため望ましいとのことだ。

「コロニーの住人は地球上よりも長生きするでしょう。背も徐々に伸びると思います」(同)

 これまでのスペースコロニー計画では、専らコロニー製作の技術面に焦点が当てられていたが、ストーン氏らの研究はより包括的で現実的であるという。

 たとえば、「ローサムステッド農業研究所(Rothamsted agricultural research)」と協力し、コロニーでの食糧生産を検討したり、街づくり、住居、オフィス、行政、公園、農業、生態系、さらには政治・法律の制定など、コロニー完成後の生活問題についても順次研究に取り掛かる予定だという。

 まったく夢のような話であるが、わずか20年後、我々は宇宙から地球を眺めているかもしれない。今後の研究に大いに期待だ。
(編集部)


※イメージ画像は、「Wikipedia」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年3月16日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら