【森友問題、完全まとめ】籠池の大ウソ、安倍昭恵、政府翻弄…「安倍が麻生に辞表出す」永田町に出回る怪情報も!

【森友問題、完全まとめ】籠池の大ウソ、安倍昭恵、政府翻弄…「安倍が麻生に辞表出す」永田町に出回る怪情報も!

 学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長の証人喚問で飛び出した“安倍昭恵付き人からのFAX”で新たな波紋が広がる今、にわかに「論点がずれはじめている」と感じる国民が増えてきている様子だ。

 そもそもこの証人喚問では国有地の売却の経緯や、安倍昭恵総理夫人の森友学園に対する100万円寄付の有無がクローズアップされていたが、森友問題の本質はこれだけではない。以下にまとめてみた。

■4つの森友問題

1、森友学園の教育方針
籠池氏が塚本幼稚園で行っていた右翼的な教育方針や、大便を持ち帰らせるなどの園児虐待疑惑。
【籠池理事長・松井大阪府知事の責任問題】

2、金額の異なる契約書3通の謎
籠池氏が小学校認可申請を行なった際に、同じ日付で金額の異なる小学校建築の工事請負契約書が3通もあったことで、多額の補助金を不正に受給しようとした詐欺の疑いがある。にもかかわらず、大阪府が認可適当と判断した不自然さ。(告発された)
【籠池理事長・籠池妻、現国税庁長官迫田英典、松井大阪府知事の責任問題→詐欺・私文書偽造・偽計業務妨害などの疑いで大阪地検特捜部が捜査中】

3、土地取得に関する疑惑
・14年4月、小学校設立をめぐって籠池夫妻が財務省へ賄賂申し込みの疑いが浮上(告発された)
・14年までは小学校は認可保留となっていたにもかかわらず、15年には賃料が4000万→2730万円に減額。この背景に、自民党の鴻池参議院議員が間に入った可能性が浮上。(告発された)
・16年、森友学園は賃貸ではなく国有地購入を検討。近畿財務局が地下のごみ処理費(8億1900万円)を土地価格(9億5600万円)から引き、森友学園は1億3400万円で土地を購入。
・そもそもゴミが埋まっていたかどうかも不明瞭。これについて近畿財務局は情報公開を拒否。
【籠池理事長、国税庁長官迫田英典、松井大阪府知事、鴻池参議院議員の責任問題】

4、籠池氏の交友関係から、自民党政治家による口利きの関与疑惑が浮上(違法ではない関係性も含める)
・稲田防衛大臣/13年前に学園の訴訟代理人として出廷
・鴻池/国有地売却をめぐり、秘書が25回籠池氏と接触
・麻生財務相/籠池氏は、2回会ったことがあるとするが麻生氏は否定
・平沼 赳夫自民党議員/小学校HPに推薦文
・安倍首相/安倍晋三記念小学校名義で籠池が寄付金を集めていた→首相は「断った」と否定
・安倍昭恵夫人/小学校の名誉校長に就任。小学校建設につき100万円を寄付した疑い。夫人付のファックスにより、口利き疑惑も浮上中
【安倍首相を中心に、籠池と交友のあった議員全員が対象】


【森友問題の総括(時系列)】
・森友問題は豊中市の木村真市議が、森友学園が国有地を破格で購入している事を提起。

・朝日新聞が報道。

・安倍昭恵夫人が名誉校長に就任しており、講演していたことも判明。破格で購入できた裏側に、大阪府や国税庁だけでなく、総理周辺人物の関与も疑惑として浮上。さらに、幼稚園の異常な教育方針も併せて報じられるようになる。

・疑惑の追求のため、国会で取り上げられ、野党が調査に入り、証人喚問に至る。

 この間、政治家及びマスコミは籠池氏の発言に振り回され、その都度、論点がずれて、政府、与野党、大阪府、財務省等の官僚機構のドタバタが続いている。なぜこのような事態になったのか。籠池氏を知る保守系組織の幹部は、「我々の間では彼は教育者ではなく、ただの教育ブローカーだ」と言い切ったが、その証拠に籠池氏はこれまで数々のウソをついていることが発覚している。


【籠池氏のこれまでの嘘】
・「昨年10月、稲田氏と感謝状贈呈式で会った」と発言→ウソだった(赤旗新聞が誤報を認める)
・天皇陛下が森友学園が運営する塚本幼稚園を訪問したとHPに記載寄付金→ウソだった(宮内庁否定)
・安倍首相が塚本幼稚園に来園した、と雑誌で語る → ウソだった(籠池氏は『雑誌がウソをついている』と反論)
・財務局から10日間身を隠してくれと言われた → ウソだった(財務省否定)
・「愛知の私学に推薦枠を確保した」と大阪府に報告→ウソの可能性が高い

 このように、詐欺的な手法で自身及び学園の価値、信用力を高め、安倍晋三小学校と銘打つなどして寄付金を募っていた籠池氏。依然として政治家の口利き疑惑や官僚による忖度があった可能性は高いが、百歩譲ってそのようなものがなかったとしても、だ。籠池氏が作り出した虚構を信じ、新設する小学校認可に関する書類の信ぴょう性や運営する幼稚園での教育の確認を怠った行政、そしてその理念に安易に賛同し、籠池氏を増長させた安倍夫妻や保守系政治家の責任は重いといえる。彼らはいわゆる思想的に“同類”のお友達だったのである。

 そして野党は、“問題が発覚するとトカゲのしっぽ切りのように一目散に逃げに入る政権”という構図を強調して籠池氏を擁護。その野党も、昭恵夫人と籠池妻とのメールで発覚した辻本議員の問題(幼稚園敷地内に、辻本の息のかかったスパイ作業員を潜入させ、マスコミに証言させたという疑惑)の火消しに躍起となっている状況は誠に見苦しい限りである。

 要は政府も大阪府も官僚も野党も教育ブローカーの籠池夫婦に翻弄されてバタバタな状況は、日本の政治レベルの低さを如実に示していると思わざるを得ない。

【今後の見通し/政府関係者の見立て】

・「籠池氏の主張と昭恵夫人の主張は真っ向から対立しているが、どちらがファクトかを証明することは不可能。たとえ証人喚問で昭恵夫人を問いただしたとしても、これまでと同じ主張をするだろうし、密室での現金授受は証拠がない、と見るべき」(関係者談)

・「たとえ籠池氏を特捜部が偽証罪で捜査したとしても、証拠のないもので起訴することはできない」(関係者談)

・「政権側としては偽証罪で告発するとなると、昭恵夫人が捜査対象になる可能性が高いため、その選択肢はないと見るべき」(関係者談)

・「ここは原点に戻って、補助金の不正取得で告発するのが常道ではないか。籠池氏も証人喚問で3通の契約書に関して問われ、度々背後に控える弁護士に確認のうえ「刑事訴追の恐れがあるので答弁を控えさせていただきたい」と答弁しているように、違法であることを認識している部分なのである。よって、政権としては籠池氏の違法行為を司直の手に委ねるとともに、昭恵夫人の証人喚問には応じることなく、時が解決するというシナリオで嵐が過ぎ去るのを待つという腹だろう。メディアもさすがにネタが尽きても取材を続けるわけにもいかないからね」(関係者談)

【陰謀】

 森友問題のゴタゴタに乗じて、最近永田町に怪情報が飛んでいるという噂がある。それは「安倍総理が麻生副総理に辞表を出す意向である」というもので、現在永田町界隈ではまことしやかに囁かれている。なぜこの時期にこのような情報が流されたのか。政界に詳しいジャーナリストによると、「麻生は、かつてのように安倍の次を狙っている(第一次安倍政権時のように)。どうもその麻生が、世間に対して安倍総理が辞任するかのようなフェイク情報を意図的に流し、世論を安倍総理辞任に誘導する陰謀を画策している」というのである。一方で、これまで森友問題で名前が出てきていないが、籠池氏と親しかった“大物政治家N”の名前もデマの発信源として浮上している。

 一強と言われる安倍政権に少しでも陰りが見えると寝首をかく。戦国時代さながらの権謀術数がソーシャルメディアという先端技術を駆使して繰り広げられている。いつの時代も権力に取り憑かれた者らの醜い争いは続く。

※画像は瑞穂の國記念小學院HPより

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年3月29日のびっくり記事
「【森友問題、完全まとめ】籠池の大ウソ、安倍昭恵、政府翻弄…「安倍が麻生に辞表出す」永田町に出回る怪情報も!」の みんなの反応 2
  • ニャハハ 通報

    否定してます=嘘だった。これではお話になりません。いついつこうでした。ならば、アリバイを提示しないとだめ。去年10月もそうで、いつから去年ですか??平成27年度の式典では稲田と籠池は会っている

    5
  • ガハハ 通報

    おまえは俺の金を盗んだ! と告発するなら告発する側が証明しないといけないに決まってるだろ。

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。