【大地震】10~15年以内に100m級の津波で東京・東北地方は完全壊滅!? 3.11を予言した研究者インタビュー

【大地震】10~15年以内に100m級の津波で東京・東北地方は完全壊滅!?  3.11を予言した研究者インタビュー

 3.11東日本大震災の20数年前から、大地震と巨大津波が来襲することを予言し的中させた歴史学者・飯沼勇義氏。東京直下型地震や南海トラフ巨大地震の発生が危ぶまれるなか、近い将来、巨大地震やそれに伴う巨大津波は、やって来るのだろうか? 


■100メートル級の巨大津波が襲ってくる
 
――飯沼先生は、東日本大震災の大津波の予言を的中させたのですから、次に来る時期を予言しても、人々から信じてもらえるのではないですか?

飯沼先生(以下、飯沼)「確かに、私は東日本大震災の津波の来襲を的確に予測したことで有名にもなりました。そのため、いろいろな所から話は来ています。私は、次にいつ巨大津波が来るのかも分かっている。けれど、明言することは避けています。人間は、起こってから初めて本当だと認めるものです。しかし、起こるまでは、『まさか』と思って信じないのです。それまでは、嘘つき呼ばわりされるんですよ。それに、私には新たな特許を取って人類のために貢献しなければならない、という大事な仕事も残されています。だから、私は分かっていても言えないんです。ただ、私の著書に書いてあることを読んで気をつけていれば、被災しなくて済むとだけは言いたい」

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_13003.html】

――とはいえ、次に巨大津波が来るとしたら、だいたいいつ頃になりますか?

飯沼「ここで、はっきりと申し上げることは避けますが、今から10年~15年の間には来ます。そして、次に100メートル級の巨大津波が来たら仙台や東京は間違いなくなくなります」


■東京が巨大津波に襲われる

――東京にも津波が来ると思われるんですか?

飯沼「来ます。まず、最初にやられるのが東京湾周辺地域です。あの辺りは間違いなく液状化現象が始まりますよ。東京周辺が最も怖いですが、千葉県や神奈川県も危ないです。

 東京都内やその周辺には、高層建築物がたくさん建っていますよね。耐震構造の建築物はたくさんあると思いますが、津波は地震の3.2倍に相当する破壊力なんですよ。東日本大震災では津波に襲われた建物が根こそぎひっくり返ったんです。いくら地震に強いといっても、津波に襲われたひとたまりもありません。

 だから、より強度の高い建物を建てるには、建物の骨組みとなる鉄を強化しないといけません。そのためには、レアメタルという物質が必要なんです。テレビやパソコン、自動車など、産業界では広く使われているものです。

 ただ、レアメタルは希少な金属のため、たくさんの量が採れません。それに、日本にはレアメタルの資源がない。だから、私は今、レアメタルを作り出す研究もやっているのです」


■恐怖のアウターライズ地震
 
――ということは、東日本大震災クラスの巨大地震が近い未来に来るということですね

飯沼「東日本大震災は、地震の規模があまりにも大きかったため、日本列島の地下の力のバランスがガラリと変わってしまった。今後、東京直下型地震、東海地震、東南海地震……などさまざまな巨大地震へと発展して行くでしょう。私が今、最も恐れているのがアウターライズ地震です。東北の太平洋側には約200キロにも及ぶ日本海溝があります。東日本大震災は、日本海溝の内側で発生した。けれど、今度は日本海溝の外側で発生するアウターライズ地震が来ると思っています。

 震源地が陸地から離れているので揺れは小さくとも、津波は巨大化しやすいのです。私が研究した一連の歴史津波、東北紀元前津波(紀元前160~60年)、東北太平洋沿岸津波(西暦95年)、太平洋沿岸津波(西暦300~330年)、名取沿岸津波(西暦500年前後)を引き起こしたのは、アウターライズ地震と連動した海底巨大地震によるものと考えています。

 特に、宮城県南部沖のアウターライズは2000年近く動いていない。もし、ここが動けば東日本大震災を上回るマグニチュード9以上の揺れと巨大津波が予想され、福島県から仙台平野にかけて大きな被害が出ます」

 何と恐ろしいことに3.11の大津波を予言した飯沼氏の話からすれば、次は東日本大震災の規模をも超える巨大地震、そして100メートル級の津波が日本を襲うのだ。


■日本人全員がガンになる!?

――我々が生き延びるためには、どうすればいいのでしょうか?

飯沼「生き延びるためには津波のことだけでなく、先のことも考えないといけない。 長生きするためには人間の体の中から毒を出さないといけないよ。65歳までは、何を食べても大丈夫。だけど、65歳を過ぎると、一気にいろいろな病気が出てくるからね。それに対応するためには、自分の細胞を強化しなければならない。細胞を強化するには、免疫力を強化しなければなりません。6年前は、4人に1人がガンだった。3年前は、3人に1人がガン。今は、2人に1人がガンの時代。あと、3年もすれば国民全員がガンになる」


■病気にならずに長生きするには?

――それは大変恐ろしいことです。病気にならないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

飯沼「農薬が入った食べ物を食べないことです。今、市場に出回っている野菜は、化学肥料だらけの物が多いんです。たとえば、お米を毎日食べていますよね。米は田植え終わった段階で雑草を流すために、除草剤を撒くんです。除草剤は、農薬です。ネギには、赤さび病というのがありますが、これは化学肥料を使うからサビがいっぱい出るんです。そういった毒が、食物を通じて体にどんどん入って来るんです。

 毎日、何十年も毒を食べ続けたら、体の中に蓄積されて行く。そして、会社を定年退職し、いよいよ年金生活が始まる。やれやれ、ご苦労さま……と65歳になったとたん、いろいろな病気が発生する。だから、長生きできないんですよ。私は昨年、生まれて初めて風邪を引きましたが、それまで、風邪ひとつ引いたこともなければ病院のお世話になったこともない。

 何が言いたいのかというと、87歳まで健康に生きて来た私の体は食の文化の宝庫だと言いたいんです。大事なのは、酵素、アミノ酸、ミネラル、ビタミンを総合的に摂ること。私は朝に、有機栽培のキャベツとブロッコリーを生で食べるんです。そしてキウイを3分の1、卵も半分だけ食べる。食事の順番は、野菜類 きのこ類 海藻類から食べる。魚や肉といったタンパク質は、1番最後に食べるんです。夜寝る前には、ヨーグルトを食べます。そして、ココアの中にしょうがを入れた物を飲みます。

 ちゃんとカロリー計算して食べることも大事です。身長と体重によって、カロリーは変わってきます。だから、ちゃんと計算して1日のカロリー摂取量を守ることです。

 その他にも免疫力を高めるには、腎臓をいたわるなど、いろいろなことをやらなければなりません。私はね。2年先、5年先、10年先、20年先のことを見据えながら研究したからこそ、津波を予言することができたんです。

 だから私は、『この先、何年まで人間は生きることができるか?』という課題にも取り組んでいるんです。このように、総合的な学問が人間を長生きさせる要素なんです。これから生き延びるためには、そこまで考えないといけないんですよ」


■人類が生き残るために必要なこと

――津波だけのことを考えていてもダメなんですね

飯沼「そうです。『いかにして、人間は長生きすることができるか?』ということについて取り組まなければならない。総合的に考えないと、津波を予言することなどできませんから。私は、子供の頃から大人たちに対して反抗していました。何で反抗したかと言えば、やっていることがおかしいから。日本の民主主義は、『和』なんですよ。みんなで協力して話し合いをして決めましょうというのが『和』なんです。政治も産業界も学校も組織は、みんなそうです。だけど、皆で決めたことが本当に正しいのか? 私は皆が常識化していることに対して異論を唱えた。たとえば、歴史についてもよく調べてみると嘘であることも多い。だから、私は異論を唱えたのです。けれど異論は通用しない社会ですからね。異論の中には真実もあるのだけれど、『和を持って尊し』として、誰も疑問を持たない。

 今の政治だってそうでしょう? 選挙で選んだ人が正しいかと言えば、時間が経てばメッキが剥がれてきますよね。必ずしも多数決の意見が正しいわけではないんです」


――1人ひとりが周りに合わせるというよりも、自分の考えをもっと信じることが大事なんですね?

飯沼「そうです。私は現在87歳ですが、会社の経営もして、現役で頑張っています。これは、私のことを生かしてくれた神様がいるんだなと感じています。神様というのは、宗教ではなくて、誰にでも宿っています。神というのは自分でも分からないことを教えてもらえる存在なのです。これから、まだまだやりたいことはたくさんあります。私は今、化学肥料ではなく、有機液体肥料を開発しています。大手企業も私の研究に注目しています。そして、仙台市の真ん中に津波から避難できる70階建てのビルを建てたいとも考えています。私は、人間がこの先、何年まで生きることができるのかという課題にも取り組んでいるんです。そうやって総合的に研究することで、人類を生き延びさせると思っています」

 飯沼氏は、津波のことだけでなく、人類がどうやったら生き延びられるかということを総合的に考えて精力的に研究を重ねている。また、危機が訪れることを予言するだけでなく、どうやったら避けられるのかということまで具体的に考えているのだ。3.11東日本大震災の大津波を予言的中させた飯沼氏は、近い将来、巨大災害が来ることを予言している。我々はその予言を肝に銘じて、来るべき日に備えて準備しておく必要があるだろう。
人類が生き延びるためにも、今後も飯沼氏の研究に注目していきたい。
(取材・文=白神じゅりこ)

※画像は、Thinkstockより

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年4月25日のびっくり記事
「【大地震】10~15年以内に100m級の津波で東京・東北地方は完全壊滅!? 3.11を予言した研究者インタビュー」の みんなの反応 18
  • 匿名さん 通報

    何十年も地震や津波の研究をしてきた学者にも予測が出来ないのに、何で歴史学者に予測ができるんだ? それに「当たった」なんて言っても、発生する前に言わなければ何の意味もないし誰も信じない

    50
  • 匿名さん 通報

    歴史学者…って言ったって大学教授でもない自称だからね。なんとでも言えるわ

    27
  • 匿名 通報

    自家発電装置も塩水をかぶって確実に壊れるのに70階建ての高層ビルに逃げるんだそうだ。ツッコミどころ満載で楽しい記事だ。

    15
  • 匿名さん 通報

    くだらない誇大妄想狂。きちがい病院に入れ。

    11
  • 匿名さん 通報

    100メートル級の津波が浜岡にも来るのか? とっとと廃炉にしてくれ

    10
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。