【全米震撼】美人ブロンドFBI捜査官が「ISの花嫁」に! 超有名テロリストラッパーと“禁じられたロマンス”の果てに… 衝撃の末路

【全米震撼】美人ブロンドFBI捜査官が「ISの花嫁」に! 超有名テロリストラッパーと“禁じられたロマンス”の果てに… 衝撃の末路

 米CNN(5月2日付)によると、FBIは女性捜査官が、取り調べ対象の「イスラム国(IS)」勧誘員と、ひそかに結婚していたことを正式に認めたという。この事実は、これまで米裁判所が情報公開を禁止していたが、連邦裁判所の記録公開に伴い初めて明らかになったとされる。


■ブロンドのFBI女捜査官が「ISの花嫁」に

「ISの花嫁」となったのは、元FBI捜査官のダニエラ・グリーン嬢。チェコスロバキア生まれ、ドイツ育ちの彼女は、2014年1月、ドイツ語通訳者としてFBIのデトロイト支局に配属された。

 このとき、捜査の対象となったのが、後の夫となるデニス・カスパート容疑者だ。カスパートは、もともとドイツでラッパーをしていたが、どういうわけかISに加入。ISのプロパガンダ動画では、切り落としたばかりの人間の頭部を誇らしげに掲げ持つような残虐極まりない男としてフィーチャーされている。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13228.html】

 米政府は2015年2月、カスパートを「特別指定国際テロリスト(SDGT)」に指定した。同年、アメリカのミサイル攻撃で「死亡説」も流れたが、実際は生き残り、現在もシリアのIS支配地域に潜伏中とされる。ちなみに、この男、ラッパー時代は「デソ・ドッグ」と名乗っていたが、IS加入後は「アブ・タルハ・アル・アルマニ」に改名したようだ。

 それにしても、FBI捜査官が、よりによって捜査対象と結ばれてしまうとは、とんだミイラ取りだといわれても仕方ないだろう。

 2014年6月、グリーンはドイツに住む家族を訪ねるとの理由で、上司から休暇の許可を得たが実際は違った。彼女は、カナダからトルコ経由でシリアへ入国したのだ。そして、まもなく現地で結婚。

 驚いたことに、当時彼女にはアメリカ軍人の夫がいたという。「重婚罪」に当たるのではと思うが、そんな現実的なこと、一度燃え上がった2人には関係なかったのだろう。


■結婚生活崩壊後に帰国、逮捕される

 だが、幸せなジューンブライドも1週間ともたなかったようだ。

「ホントに、とんでもないことをしてしまった」、「もう、おしまい。もう、戻れない」、「かなりヤバイ状況。何もかもが手遅れ」と、アメリカにいる友人にメールするようになっていた。

 そして8月6日、決死の覚悟でシリアを脱出した新妻は、アメリカに帰国後、緊急逮捕。同年12月「国際テロに関わる虚偽報告」をした罪を認め有罪となり、連邦刑務所に2年服役することになった。これほどまでに国家の安全を脅かした割には、2年の実刑は軽い気がする。

 実際、同様のケースなら8年~15年の服役が言い渡されるところだが、逮捕直後から当局に対し「長期にわたり、重要かつ相当な」協力を自主的にしたためと検察は説明している。

 昨年夏に釈放されたグリーンは、現在保護観察中の身だが、ホテル勤務で生計を立てているという。CNNのインタビュー要請に対しては「もし、私があなた方の質問に答えたら、私の家族を危険にさらすことになるでしょう」とだけ答えたそうだ。

 世間知らずとはいえ、無謀なロマンスの代償は大きかった。理知的であるはずの女性でも盲目にさせるほど、テロリストの誘惑は実に巧妙かつ甘美なのかもしれない。キケンな香りのする男には近づかないほうが身のためだろう。
(文=佐藤Kay)


※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年5月21日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら