“ムショ出産”、精子飲み、緑の大便…! 刑務所の裏事情を完全暴露、劣悪環境と壮絶イジメの実態とは!?【インタビュー】

“ムショ出産”、精子飲み、緑の大便…! 刑務所の裏事情を完全暴露、劣悪環境と壮絶イジメの実態とは!?【インタビュー】
       

 7月13日、法務省は2人の死刑を執行したと発表した。今回執行されたのは大阪拘置所の西川正勝死刑囚(61)、広島拘置所の住田紘一死刑囚(34)。このうち、1991年に飲食店経営者の女性4人を相次いで殺害した西川死刑囚が再審請求中であったことが世間の注目を集めている。ちなみに、再審請求中の執行は99年12月以来となり、一部では批判の声も上がっているようだ。

 昨年11月以来8カ月ぶりとなる死刑執行を受け、筆者は刑務所の内情や処遇について調査しているNPO法人「監獄センター(CPR)」の塩田祐子氏に取材した。同センター(CPR)には、全国の刑事施設に収監されている受刑者たちから年間1,300通にものぼる手紙が届けられるという。また、拘禁制度や刑罰制度に関する独自の政策提言も行っている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/post_13895.html】


■再審請求中に死刑が執行された本当の理由

――よろしくお願いいたします。今回執行された死刑ですが、再審請求中の死刑はやはり異例の事態なのでしょうか?

塩田祐子氏(以下、塩田)  実は、現在の死刑囚のうち70%が再審請求中です。再審請求中の死刑囚を死刑にしてはならない、という法律はありませんが慣習上、再審請求を申し立てれば死刑が延期される事が多いので、多くの死刑囚が再審請求するんです。法務省としては1年に1回は死刑を執行したいのですが、再審請求の数が多すぎて、どの死刑囚を優先的に死刑執行するか、判断を下せなくなっている状況ではないでしょうか。

 また、本来は年度末や6月に死刑が執行されることが多いのですが、今年は「森友・加計問題」と籠池泰典さんの証人喚問があったことで、諸々手続きが遅れて執行できなくなっていました。そして、8月の内閣改造で金田法務大臣が辞任する可能性もあります(※)。法務官僚たちは死刑執行こそ「法の正義」という考えのようですが、金田法務大臣もわりとその意見を尊重していました。ただ、次の法務大臣が誰になるか、今まで通り官僚の意見を取り入れるかもわからないので、今回の死刑執行を急いだようですね。
※8月3日、内閣改造によって上川陽子氏が新しい法務大臣に就任した。

――第2次安倍政権の発足(2012年12月)以降では11回目、これまでに計19人の死刑が執行されましたが、ここには官僚の思惑も絡んでいたという事ですね。では、西川死刑囚が再審で無罪になった可能性はあると思われますか?

塩田  1948年に起きた「免田事件」のように再審6回目で無罪になったケースもありますが、今回は少し事情が異なるようです。西川死刑囚に関しては、一連の強盗殺人は否認、一部の強盗殺人未遂に関しては認めたうえで『殺意はなかった』という申し立てをしていたようです。

――本人も認めているとなると、西川死刑囚の再審無罪は可能性が低かったのかもしれませんね。いずれにしても、現在では綿密なDNA鑑定が行われるでしょうから、過去に比べて冤罪が起きる可能性は低くなっていると思いたいところです。


■猛暑、極寒、健康異常…… 受刑者たちが置かれている環境

――さて、今年の夏も猛暑続きです。刑務所の受刑者たちは気温の変化をどう乗り切っているのでしょう? 刑務所に冷暖房はありますか? 特に夏場は、冷房がないと高齢の受刑者などが熱中症で倒れるケースも多発する気がしますが?

塩田  冷暖房がない刑務所も多いですね。ただ、北海道など冬場に氷点下が続く地域ではさすがに暖房使用を認める刑務所がほとんどです。それでも例外はあり、たとえば長野も冬は寒くなりますが、いまだに暖房設備がありませんし、省エネのために暖房のスイッチを入れない刑務所も多いようです。その場合は、カイロや布団を二重に支給したりして防寒対策します。そういえば、ホリエモンさんが長野の刑務所に服役していたとき、ブログを更新し続けてこの状況を暴露していましたね。それで、暖房設備を整えたり待遇を改善した刑務所もあります。

 かたや冷房となると、無い刑務所が多いですね。おっしゃるように、熱中症で倒れて心臓麻痺などで亡くなる高齢の受刑者もいます。刑務所とは自由を奪う「自由刑」を科す場所ですが、健康を害してまで我慢する場所であるべきか? というとそうではないと思います。

――刑務所によっては畑仕事を科される場合もあるようですが、炎天下での作業、さらに室内でも冷房がない事を想像すると、やはり特に高齢者には耐え難い環境なのかもしれませんね。いざ刑務所で病気になったら、すぐに薬を処方されたり医者に診てもらえるのですか?

塩田  健康異常を訴える受刑者のなかには、作業を休みたいから仮病を使う者も多いのが実情です。そのため、病気だと訴えても最初は刑務官に信用されず、まずは様子見されます。そこで本当に病気だとわかったら、医者の診察や薬の処方がなされますが、この様子見が長すぎて、実は重病であったにもかかわらず病がかなり進行してしまうケースもあります。あとは、ひどい腰痛持ちの受刑者がコルセットや補正具を着用したままの作業を認められず、症状が悪化するケースなどもあります。

――刑務所で妊婦の受刑者はどう扱われますか?

塩田  刑務所内の病院で出産はできます。でも、臨月まで刑務所の作業はさせられます。出産してからは、30分しか赤ちゃんと一緒にいることはできず、産まれた赤ちゃんはすぐに乳児院に預けられます。

――とすると、生まれた赤ちゃんは授乳期に母親からの愛情を受けられないことになりますね。罪も無い赤ちゃんがなんとも可哀想です。それにしても、なぜ受刑者の家族ではなく乳児院なのですか?

塩田  身寄りがいれば引き取ってもらえるケースもあるかもしれませんが、「適した養護環境にない」と判断されたら、乳児院です。私の知る限り、身寄りが引き取るケースはあまりありません。児童相談所も同じですが、判断によっては家族とも引き離されてしまう場合もあります。

――児童を保護すると、ひと月あたり30万円ほどが公費から施設に支給されるため、その利権が絡んでいるのではないかという噂もあるようですが、やはり子どもの幸せを一番に考えてほしいものですね。


■刑務所の食事、そして壮絶ないじめ

――ところで、一般的に“不味い”といわれている刑務所の食事ですが、その実態はいかがでしょうか? 受刑者には充分な栄養が行き届いていますか?

塩田  1日に必要な摂取カロリーは計算されています。ご飯とおかず、汁物、それに果物が出ることもあります。でも、不味いとか味が薄いとか、体が大きい男性受刑者の場合は量が少ない、といった声は聞きます。それから、寒い冬でも汁物が冷えたまま出たり――。工場や農作業のような重労働を行う受刑者は、激ヤセするケースもあります。ただ、刑務所によって食事の質と内容はかなり異なります。ちなみに、札幌刑務所は“美味しい”という話ですね(笑)。

――刑務所をテーマにした映画やドラマでは、刑務所内での囚人同士のいじめや暴力、刑務官による虐待行為などが頻繁に描かれますね。実際のところはどうなのですか?

塩田  残念ながら、いじめはあります。新入りに対して最初は優しく接していても、ある日突然「お客様は今日で終わりだ」と怒鳴られて殴られるケースや、リーダー格の受刑者の自慰行為した精液を、ターゲットの受刑者が強制的に飲まされたというケースもあります。特に有名人はターゲットになりやすく、タレント・後藤真希さんの弟、後藤祐樹さんも出所後に壮絶な経験を暴露しています。とりわけ少年刑務所では、暴力を伴ういじめや虐待が横行しているようです。これらは刑務所で受刑者の「娯楽」と化しているのです。

――「日刊SPA!」によると、ほかにも罰ゲームで水を10リットル以上飲ませたり、石鹸を食べさせて緑色の大便が出るようになり、それを集団で大笑いするケースもあるようです。有名人以外にも、元警察官、性犯罪者、子殺し、自ら服役するホームレスなども刑務所内でのヒエラルキーの下層にいて、いじめのターゲットになりやすいと……。受刑者に八つ当たりする刑務官もいるようですね。


■メディアが報じない刑務所の実態

塩田  かつては学校でも体罰が常套だったのと同様に、刑務官からの暴力は刑務所内でも頻繁に行われていました。ただ、今は言葉の暴力が多いようですね。

 2009年4月17日の「読売新聞」が報じていますが、山形刑務所の元副看守長が受刑者に「お前は無価値だ」という侮辱発言を浴びせています。また2012年10月6日の「福井新聞」によると、甲府刑務所の職員は受刑者に「こじき野郎」という暴言を吐いたそうです。ブラック企業の上司によるパワハラと似ていますが、企業と違って受刑者には逃げ場がありません。私たちのような団体に手紙を送って訴える受刑者もいますが、大半はどう対応したらよいかわからず「こんなものなのかな……」と思って我慢します。ですから、メディアにもなかなか取り上げられません。もっとも、メディアが報じたところで受刑者の場合は「囚人だから仕方ない」と同情されず、結果としてますます実態が報じられなくなっています。

――ですから、このインタビューに応じていただき、知られざる実態を教えていただけたのですね。ありがとうございます! 最後に、読者にメッセージがありましたらお願いいたします。

塩田  このような場をいただき、ありがとうございます。これからも刑務所について、どのような形でも、とにかくご興味や関心をお持ちいただけましたら幸いです。


 このインタビューで明らかになったように、今も刑務所には、罪を犯した者が本来負うべき刑罰以外の惨苦がはびこっているようだ。「受刑者だからどんな扱いをしても許される」という考え方は、法治国家において許されないはずだ。そもそも、受刑者たちを確実に更生へと導くためにも、刑務所こそ人徳に満ちた場所であるべきではないだろうか。
(取材・文=深月ユリア)


※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“ムショ出産”、精子飲み、緑の大便…! 刑務所の裏事情を完全暴露、劣悪環境と壮絶イジメの実態とは!?【インタビュー】」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    正直なところそういう扱いが相応しい人間の集まる場所だよね。

    20
  • まめ 通報

    私は事件後心の病気になり何年経ってもフラッシュバックに怯えてます。法治国家と言うけど、加害者にばかり重きをおいていて被害者は救われません。せめて刑務所で人間扱いされていない事を願います。

    19
  • 匿名さん 通報

    いじめの被害者が申し出れば加害者の仮出所に響くから記事内容のようなことが起こるとはとても思えない いまや監視カメラだらけなのにどうやってそんなことができるのか説明してもらいたい

    5
この記事にコメントする

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月6日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。