故デヴィッド・ボウイの最期の言葉が超衝撃的!「グーグルこそイルミナティ。イルミナティはグーグル」

故デヴィッド・ボウイの最期の言葉が超衝撃的!「グーグルこそイルミナティ。イルミナティはグーグル」

 昨年1月に亡くなった世界的シンガー、デヴィッド・ボウイが死の直前、「グーグルはイルミナティである」という趣旨のコメントを自身の公式サイトで残していたことが判明した。


■デヴィッド・ボウイの遺言「グーグルはイルミナティ」

 生前、デヴィッド・ボウイはしばしば、“sailor”というハンドルネームを使い、公式ウェブサイト「Bowie.com」のフォーラムでファンとやり取りしていたと言われている。今回話題になっている発言も、デヴィッド・ボウイが亡くなるおよそ1カ月前、2015年12月15日に、同フォーラムに“sailor”名義で投稿されたものだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/post_14164.html】

「グーグルのモットーはでたらめだ。奴らはここ300年で最も偉大な人類へのギフトを破壊している。グーグルはイルミナティ、イルミナティはグーグルだ。グーグルが支配する未来はファシストのディストピアだ。反体制派の居場所はなくなり、言論の自由も存在しない。グーグルは我々の顔を永遠に踏みつけ続けるだろう」(sailor)
「グーグルは闇の国家だ。従来の戦争、スパイ、諜報機関は全て忘れろ。全ての問題はグーグルが支配するインターネットにある。奴らは人々の感情、思考から、我々が得るべき情報の選択、果ては、誰に発言権があるかまで決めているのだ」(同)

 ご覧のように、グーグルに対する激しい怒りとともに、見過ごすことのできない一文が含まれている――「グーグルはイルミナティ、イルミナティはグーグル」。デヴィッド・ボウイが、イギリスの有名オカルティスト、アレイスター・クロウリーの熱心な信奉者だったことはよく知られているため、彼が「イルミナティ」について発言することはそれほど驚くべきことではないかもしれない。しかし、「グーグル=イルミナティが闇の国家であり、我々を支配している」とは一体どういうことだろうか?


■ボウイが憎悪した「グーグル=イルミナティのネット支配」

 実は、デヴィッド・ボウイは90年代のインターネット黎明期に、「BowieNet」と呼ばれるダイアルアップ回線のインターネットプロバイダーを開設していた(2006年にサービス終了)。インターネットの革命性が今日ほど理解されていなかった当時、デヴィッド・ボウイはすでにサイバースペースの持つ可能性に気付いていたのだ。オカルティストであり、インターネット事業者だったボウイだからこそ、イルミナティとグーグルの知られざる関係を喝破することができたのだろう。

 ボウイがインターネットに対し最も期待していたのは、検閲や行き過ぎた規制のない自由な空間だった。だが、今年4月にグーグルが“フェイクサイト”の取り締まりを強化したことに象徴されるように、現在インターネット上では、“彼ら”にとって都合の悪い情報がいとも簡単に握りつぶされる体制が徐々に確立されつつある。これこそ、ボウイがグーグルに対し激しい怒りをぶつけた理由だろう。また、このようにグーグルが“情報の画一化”、“ユーザーの監視”を強化することで得をする組織といえば、全人類奴隷化計画である「新世界秩序」の設立を目指す「イルミナティ」を置いて他にない。

 亡くなる2日前に発売されたアルバム『ブラックスター』収録の楽曲にも、人類への警告らしき文言、オカルト的な象徴が多数含まれていると言われている。彼が遺した曲の中には、我々へのメッセージがまだまだ残されているのかもしれない。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年8月16日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら