何かをあきらめるのを、子どものせいにしてないか ― 家族全員がパンクロッカーの日常を追ったドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』がヤバイ

何かをあきらめるのを、子どものせいにしてないか ― 家族全員がパンクロッカーの日常を追ったドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』がヤバイ

 25年にわたり、ある意味で正体不明、謎の集団として日本のアンダーグラウンドシーンで暴走し続ける音楽レーベル“Less Than TV”(以下:レスザン)。パンク/ハードコアを基調としながらも、1992年の設立からU.G MAN、GOD’S GUTS、DMBQ、bloodthirsty butchers、ギターウルフ、BEYONDS、ロマンポルシェ。など多彩かつ一癖も二癖もあるバンドの音源をリリースし、そのレーベルカラーを言語化するのは困難を極める。

 そんなある意味謎のレーベルの代表である谷ぐち順と、その妻・YUKARI、そして一人息子である8歳の小学生・共鳴(ともなり)の日常に1年間密着したドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』が、8月26日より公開中だ。その内容は、いわゆるロックドキュメンタリーとは一線を画す、かなり珍しいタイプの「家族の物語」に仕上がっている。トカナでは監督の大石規湖と、主演の谷ぐち順にインタビューを実施。『MOTHER FUCKER』はいかにしてできあがったのか、たっぷりと話を聞いた。


■俺、普段からものすげえ怒られてるから

――谷ぐちさんはレスザンの映画を作るにあたって、ご自身の生活に密着されることに抵抗はなかったんですか?

谷ぐち代表 なかったですね。ありのままを撮ってもらいたくて。

大石監督 最初、谷さん(谷ぐち)に「監視カメラみたいなので撮れない?」って言われたんです。さすがにそこまではしませんでしたけど、それくらい開けっぴろげなマインドで迎えてもらいました。

谷ぐち だから要望とかも特になかったんですけど、強いて言えば、俺がYUKARIに怒られてるところは撮ってほしかったんですよ。なぜなら、普段からものすげえ怒られてるから。あと、過去にフォーカスしたり、自分をレジェンド化したりっていうのが嫌だったんです。“自分は”ですよ、ほかの人がやるのはぜんぜん構わないんだけど、一応、俺は現役でやらせてもらってるし、「昔はすごかった」っていうのは単なる錯覚で、今のバンドのほうがかっこいいし。音楽は進化するものだから。

大石 あの、申し上げにくんですけど、谷さんの日常を撮ってたら、どう編集してもレジェンド感は出ないですから。

――すごくいいことを言ってるのに思いっきり部屋着だったり、ズボン履いてなかったり。

大石 明け方に台所に立って話してるシーンとか、よく見てもらえればわかるんですけど、谷さん普通に股間をいじってるんです(笑)。

――開けっぴろげだ(笑)。

谷ぐち あれはね、大石さんの撮り方がうまいっていうか、カメラがあるのを意識させないように撮ってくれてるから。で、さっき過去の話は嫌だって言ったんですけど、すげえ怒られてるときだけは「俺はLess Than TVというレーベルを20年以上やってきて、数々のバンドの音源をリリースして、かつてはU.G MANていうバンドでストレンジハードコアのオリジネーターとして活躍してたりしてたんだけど……」って、過去にすがるときがあるんです。

大石 あっはっはっは!(笑)

谷ぐち 「なのに、なんでこんなに怒られてるんだろう?」って。そうやってなんとか自分を保とうとするくらい怒られてるんで、そこはやっぱ入れたかったですね。

大石 谷ぐち家にとってYUKARIさんの存在はほんとに大きいんですよ。家庭のことでもバンドのことでも同じテンションで怒って、お茶の間でもライブハウスでも同じテンションでケンカしてるんです。すべてのことに対して全力でぶつかっていく姿勢が、谷ぐち家をより一層谷ぐち家たらしめてるんじゃないかって。

谷ぐち 単にめちゃくちゃ怖いだけでしょ。

大石 それ絶対あとで怒られますよ(笑)。


■何かをあきらめるのを、子どものせいにしてないか

――YUKARIさんは、共鳴くんに対しても常に全力ですよね。特に共鳴くんのバンド活動に関しては、ときに恐ろしく厳しいんですけど、それも共鳴くんを愛しているがゆえ。

谷ぐち 愛、感じますか?

――めちゃくちゃ愛してますよね?

谷ぐち 愛してますね。

大石 正直、YUKARIさんの厳しさにびっくりしちゃう人もいるかもしれないって思ったんです。特に、お子さんをお持ちの方は。でも、YUKARIさんもバンドマンで、共鳴くんも自分で結成したチーターズマニアというハードコア・バンドでボーカルをとるバンドマンなんですよね。つまり親子でありバンドマン同士でもある。そこが谷ぐち家の一番特異なところであり、面白いところでもあって。

谷ぐち  YUKARIもね、相当悩みながらやってはいるんですよ。

大石 YUKARIさんて、ほんとに素直で、撮り初めからいろんなことを包み隠さず喋ってくれたんです。例えばインフレンザにかかった共鳴くんを家に残して、自分たちはツアーに出なきゃいけいって悩んでるシーンもその一つで。だから私もYUKARIさんに感化されて、だんだん親戚のおばちゃんみたいな目線で共鳴くんを見るようになっちゃって。そのくらい愛情が溢れてるんですよ。

――YUKARIさんは、共鳴くんが生まれたときにバンドをどうするか悩んだけど「やりたいことをやらないのをこの子にせいにしていいのか」「そんな母親を息子はどう思うだろうか」と思って続けることにした、みたいな話もされてましたよね。あれ、超かっこいいです。

谷ぐち あれは、俺にはない発想だし、「なるほどな」って思いましたね。意識的にせよ無意識的にせよ、何かをあきらめるのを子どものせいにしちゃってるパターンて、結構あるのかなって。それよりも、YUKARIは自分のやりたいことを選んで、やりたいことをやってる姿を見せることで、子どもに何かもっと大きなものを伝えようとしてると思うんです。っていうか、実践してますね。

大石 「新しい母親像」と言ったら大げさかもしれないですけど、今までになかった母親なり女性の代弁者になり得るんじゃないかと私は勝手に思ってるんです。男性でもYUKARIさんの言葉に共感する人は多くて。一方、谷さんに共感したっていう話はあんまり聞かなくて、「谷さんの境地は凡人にはわからない」っていう人も(笑)。

谷ぐち あ、そう?


■映画の次は、家を作りたい

――いや、でも谷ぐちさんは「共生社会の実現」を訴えて、しかもそれは別に難しい話ではなく、ただ「みんでワイワイやる」っていう。それは大いに共感できる部分ではないかと。

谷ぐち 昔から基本はそれなんですけどね。でも、最近ちょっと変わってきてて。例えば自分の周りでバンドやってる人は、俺が「障がいを持った人が地域で生活できるようにしたい」って言うと、当たり前のように賛同してくれるんですよ。要は、同じような音楽が好きっていうだけで、価値観を共有できるんだなって思ったんですよね。だったら、それを使って徐々に輪を広げていけないかなと。

大石 より多くの人を巻き込む方向に。

――あと、その「みんなでワイワイ」を体現してるのが、レスザンという共同体なのかなって。

谷ぐち そうだといいですね。レスザンって、はみ出し者が集まるような場所じゃないですか。変な音楽を異常に聴き込んでて、友達もいなくて、バンドをやってみてもなんかおかしくて、どこにも属せないような人たちが、自由でいられる居場所みたいな。俺もそういう人たちと、そういう人たちが好きな音楽が好きだし、それをもうちょっと広げれば、誰も孤立することなく、楽しく生活できるのが当たり前の社会につながるんじゃないかなって。今回、映画は完成したでしょ。だから次は、映画の中でも言ってた「レスザンハウス」を作ろうと思ってて。今まで自分が音楽や仕事で培ってきたものを、最大限に生かして何かできないか。その答えが、家だったんですよね。楽しい居場所が、もっと近所にあったらいいんじゃないかな。

大石 今思ったんですけど、レスザンには“ご近所感”があるかもしれないです。YUKARIさんも「ウチでごはん食べてく?」とか、体調悪いときに「大丈夫?」って電話くれたりするし。そういうのって、最近あんまりなくないですか?

――ないですね。僕の場合、僕の体調が悪いことを自分以外の誰も知らないっていう……。

大石 私もそんな感じだったんですけど、YUKARIさんも谷さんも2人の周りの人たちも、みんなご近所さんみたいな気安さで接してくれるんですよね。近所といっても、別に家が近いわけじゃなくて、地方にいる人も“遠くのご近所さん”みたいな感じ。そういう人がたくさんいて、たまにみんなで集まってやるお祭りが「METEO NIGHT」(Less Than TV主催のライブイベント)なんですよ。

谷ぐち うんうん。


■レスザンはまだまだ続いていく

――今、「ご近所感」とおっしゃいましたけど、レスザンというレーベルを、もう少し具体的に言語化できますか?

大石 できません(笑)。谷さんも、谷さんの周りの人たちも、例えば「レスザンはこうあるべき」とか「パンクはこうあるべき」とか言う人は1人もいないんです。ただ谷さんが動いてたりするのを感じて、各々が考えて動いてるし、別に話し合いもしてないし。谷さんも、「代表」っていう肩書きはあるけど、いつも「俺は代表じゃない」って言ってるし。

谷ぐち 代表じゃないですよ、ほんとに。俺もレスザンを言葉で説明できないし。ただね、「パンクはこうあるべき」みたいな話に絡めて言うと、昔は俺も、U.G MANとかやってて調子に乗ってた時期があるんですよ。「俺たちはすごいセンスのいい、最先端の、誰も追いつけない音楽をやってるんだ」みたいな。今でもそうありたいとは思ってるんですけどね、音楽に関しては。だけど当時は、その一方で感覚的に優れたやつしか認めないようなところがあったんですよ。

――それは意外ですね。

谷ぐち でも、90年代のいつだったか、「消毒GIG」(GAUZEが主催する自主企画)に出たあとに、たしかThe GAIAの企画で、いわゆる「ジャップコア」のバンドが出るイベントに誘われたんですよ。そのころ俺はそういうバンドとは少し距離を置いてたんだけど、いざそのイベントに出てみたら、もう単純にパンクが好きで、それ以外は何もいらないってやつらが集まってる。客なんかぜんぜんいないんだけど、The GAIAの人がお弁当作ってきてみんなで楽しそうに食べてたりしてる。そこに、ものすごいピュアなパンクの美しさを見たんですよね。ただパンクが好きならそれでいい。センスもクソも関係ないんだって。

大石 純粋であることが大事だと?

谷ぐち うん。なんか、言葉にすると恥ずかしいんだけど。だから映画の「楽しい、ことだけ!! ぶちかませ!!」っていうキャッチコピーのまんまですよね。他人がどういう評価をしようが関係なくて、全力でそれだけを追求する。余計なことは考えない。

――先ごろレスザンから2ndアルバムをリリースしたVOGOSなんかは、まさにそんな感じですよね。ああいうピュアなファストコアをやってる若いバンドって、珍しい気がして。

大石 あんなキャラ立ちした4人が集まってるのも奇跡的ですよね。

谷ぐち VOGOSを見たときに「あ、ハードコアはまだ大丈夫だ」って思ったんです。ほんとですよ(笑)。もちろん、今なお現役で頑張ってるベテランもいっぱいいるけど、それだって限界があるじゃないですか。

大石 レスザン周りの若い人たち……といっても30代の人も結構いますけど、例えば名古屋のMILKとか兵庫のFAAFAAZとか、この映画にも出てる地方のバンドなんかを見ると「まだ続いていくんだ」っていう嬉しさが込み上げてきます。
(取材・文=須藤輝)


※画像は、映画『MOTHER FUCKER』公式サイトより引用

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年9月2日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら