【新事実】「ロズウェル宇宙人」がエリア51に搬送された時の映像が流出、本物の可能性! 警察の新証言も「1.5メートルの生命体がいた」

【新事実】「ロズウェル宇宙人」がエリア51に搬送された時の映像が流出、本物の可能性! 警察の新証言も「1.5メートルの生命体がいた」

 先日、ロズウェルの『宇宙人解剖フィルム』にオリジナルが存在するというニュースを報じたばかりだが、今回はなんと、ロズウェルに墜落したUFOから搬送される宇宙人の姿をハッキリと捉えた映像が流出したとのニュースが舞い込んできた。


■遂に本物の宇宙人映像が流出か!?

 英紙「The Sun」(9日付)によると、問題の動画はUFO研究チャンネル「UFO Today」が今月7日に公開、遂にロズウェル事件の真実が明らかになったかもしれないとしてUFOコミュニティに衝撃が走っているという。

【その他の動画と画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/10/post_14723.html】

 本題に入る前に、「ロズウェル事件」の概要を簡単におさえておこう。ロズウェル事件とは、1947年7月、米ニューメキシコ州のロズウェルから120キロほど離れた牧場に円盤型の飛行物体が墜落した“UFO墜落事件”だ。墜落した飛行物体はロズウェル陸軍飛行場の米軍に徹底的に回収されるが、墜落場所が牧場であったため見物人も多く集まり数々の目撃談(「飛行物体の中に宇宙人が乗っていた」など)が残されてしまう。また、米軍は7月8日にのプレスリリースで、墜落物体を「空飛ぶ円盤(flying disc)」と発表したが、後に「気象観測用気球」であると訂正するなど不可解な点が多く、数々のUFO研究家や陰謀論者が米政府の隠蔽工作を疑ってきた。

 そして今回の映像こそ、米軍がエリア51の格納庫に移送した宇宙人の姿を捉えたものだというわけだ。それでは早速、ご覧頂こう。

 半世紀以上前のフィルムということもあり、かなり映像が乱れているが、軍服を着た男性らとともに、グレイ型と思しきエイリアンの姿がハッキリと確認できる。一体、この映像がどこから、どのようにしてリークしたかは定かではないが、本物だとしたら長きに渡って謎とされてきたロズウェル事件の真実を明かす貴重な映像となることは間違いないだろう。


■初公開されたロズウェル事件当時の保安官のインタビュー

 今年4月に出版されたロズウェル事件の最新研究『UFOs TODAY:70 Years of Lies, Misinformation, and Government Cover-Up』(イレーナ・スコット博士著)では、UFO墜落を目撃したという当時の保管官ジェス・スローター氏と副保安官チャールズ・フォーガス氏のインタビューが初公開された。

「我々が墜落現場に到着した時にはすでに300~400人の兵士が現場に溢れており、彼らは5フィート(1.5m)ほどの生命体を抱えていました。私が直接目にしたのは、その生命体の脚です。人間のものとよく似ていました。肌は茶色っぽく、まるで日焼けし過ぎた肌のようでした」(フォーガス氏)

 90年代中ごろに米空軍が発表した『ロズウェル・リポート』では、宇宙人とされるものは気球に乗せていた擬人ダミーを見間違えたものとされたが、多くの研究家は現在も疑問を呈している。果たして、この度の映像に映っている生命体こそが保安官らが目撃した生命体なのだろうか? 事件発生から70年を経て、ますます盛り上がりを見せるロズウェル事件。今年こそ全ての真相が明らかになるかもしれない。今後の有力情報に期待しよう。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年10月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら