「人間は生まれないほうがよい、人類は滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の“反出生主義”が注目される! 少子化問題を完全否定する新理論!

「人間は生まれないほうがよい、人類は滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の“反出生主義”が注目される! 少子化問題を完全否定する新理論!

 アメリカでは60年代より、重篤な障がいを抱えて生まれた人物が、自分が生まれない方が良かったのに、医師の判断ミスにより間違った生を受けてしまったとする「ロングフル・ライフ訴訟」(wrongful life 間違った生)と呼ばれる訴訟事件が問題となっているが、哲学の世界では、障がい者だけでなく、健常者も含めた「全ての生が害悪である」とする驚愕の倫理学説が存在する。


■誕生害悪論「全ての生は悪である」

 南アフリカ・ケープタウン大学哲学教授デイヴィッド・ベネター※は、2006年に出版した哲学書『Better Never to Have Been: The Harm of Coming into Existence(生まれてこなければよかった:存在することの害悪)』(未邦訳)において、反出生主義を主張、「全ての生は害悪である」とする「誕生害悪論」を世に問うた。


【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/10/post_14885.html】

「善良な人々は、自分たちの子どもを苦しみから遠ざけることに全力を尽くすものだが、興味深いことに、あらゆる苦しみを子どもに与えない唯一の方法は、そもそも最初から彼らを産まないこと(存在させないこと)であると気付いている人はほとんどいない」(ベネター)

 古今東西、「生は悪である」と語る人は数多いが、分析哲学や功利主義といった伝統的な哲学的方法論に則って論理的に「全ての生が害悪」であり、「子どもを産むことは悪である」と結論付けた同書は世界中に衝撃を与えた。

 それでは、ベネターの議論の核心部分である『Better Never to Have Been』の第2章を参考に誕生害悪論の概要を見ていこう。


■功利主義的に「人は生まれない方が良い」

 ベネターはまず、功利主義的な快苦を善悪の基準に据え、それをAさんとBさんに当てはめる。Aさんはすでに存在してしまっている人であり、Bさんは存在しない人である。ここでベネターは害悪(悪)と利益(善)の間には非対称性があると論じる。

存在するAさん  (1)苦の存在(悪い) (2)快の存在(良い)
存在しないBさん (3)苦の欠如(良い) (4)快の欠如(悪くない)

 存在するAさんに、(1)苦があることは悪い、(2)快があることは良い、というのは容易に理解できるだろう。問題となるのはBさんだ。存在しないBさんに、(3)苦がないことは良いということはまだしも、(4)快がないことは“悪くない”とはどういうことだろうか? ベネターは、この非対称性を奇妙なたとえ話で説明している。

「“存在しない”火星人が、生の喜びを享受できないからといって嘆き悲しむ人はいない。しかし、火星人が存在し、彼らが苦痛に満ちた生を送っていると知ったら、我々は彼らを残念に思うだろう」(ベネター)

 前半の文章「存在“しない”火星人が、生の喜びを享受できないからといって嘆き悲しむ人はいない」が(4)にあたる。つまり、ベネターによれば、快楽は奪い取られた場合に限り悪であり、最初から存在しない快楽は悪でも善でもないというわけだ。また、苦しむ人を産み出さない義務はあるが、幸福な人を産み出す義務もないと語っている。以上の議論から、良いを+1、悪いを-1、悪くないを0にして合算すると。

存在するAさん  (1)苦の存在(-1) (2)快の存在(+1) = 0
存在しないBさん (3)苦の欠如(+1) (4)快の欠如(0)  = +1

 存在しないBさんの方がより良いということなるため、「生まれない方が良い」と結論付けられる。


■理想人口はゼロ「段階的滅亡論」

 同書後半では、上述の議論を前提に、最終的には徐々に人口を減らし、人類は完全に絶滅すべきとする「段階的絶滅論」が提唱される。ベネターによれば、人類の絶滅は早ければ早いほど良いとのことだが、すでに生まれてしまった人間が苦しむことはもちろん悪であるため、隕石の衝突で全人類がいますぐ死ねば良い、という主張ではないことに注意したい。

 ベネターの誕生害悪論は多くの反論にさらされており、完全な議論とはいえないが、常識的に良いこととされる出産や人類の繁栄、持続可能な社会といったものの妥当性を問い直す1つのきっかけにはなるだろう。

 あらゆる人間(を含めた生命体)は老病死といった苦しみを避けることはできない。親は子どもに生を与えるとともに死(そして苦しみ)を与えているのである。生まれてしまった我々は「すでに手遅れ」であるが、これ以上無駄な苦しみを生まないという倫理的決断はまだできるのだ。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2017年10月27日のびっくり記事
「「人間は生まれないほうがよい、人類は滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の“反出生主義”が注目される! 少子化問題を完全否定する新理論!」の みんなの反応 28
  • 匿名さん 通報

    地球にとっては、人類は自然を壊す寄生虫だよな。

    47
  • 何言ってんのかな 通報

    宇宙を変えることはできないが子供を作らない選択はできる これが倫理的立場だろ

    34
  • 匿名さん 通報

    まあ滅びたほうがいいよ。 宇宙とか地球にとっちゃ人間がいようが、いまいがどっちでもいいから。 100%死ぬのに、その中で色んな理由つけて、生きるのは人間だけだから。ほんとくだらない。

    20
  • エントランス 通報

    地球環境改善という視点で考えた場合、人間はあまりに増えすぎてしまった。 人間が増えることで、他生物の多様性が抑制されているならば、人間は絶滅したほうが地球環境に良いということになる。

    15
  • 匿名さん 通報

    ただの極論太郎だろ。まぁ、確かにこの宇宙の中でいつまで人類なんてもんが許されてんだとは思うが。人類を問うのなら、この宇宙そのものを問うことになる。こりゃもう1つの失敗した方の宇宙だったりして。

    14
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。