【速報】ありえないほどの「スーパー地球/K2-18b」が111光年先で発見される! エイリアン存在の可能性大!

【速報】ありえないほどの「スーパー地球/K2-18b」が111光年先で発見される! エイリアン存在の可能性大!
       

 これまで、土星の衛星「エンケラドゥス」、「グリーゼ832c」、「プロキシマb」など地球と極めて似た特性を持つ惑星「スーパーアース」、あるいは「第2の地球」がいくつか発見されてきたが、この度、その超有力候補として新たな惑星が名を連ねることになった。

 英高級紙「The Independe」(5日付)によると、米テキサス大学とカナダ・モントリオール大学の研究者らが、ヨーロッパ南天天文台のデータを分析したところ、太陽系外惑星「K2-18b」が巨大地球型惑星であることが判明。生命が生存可能とされるハビタブルゾーンにあることから、エイリアンが存在する可能性も指摘されているというのだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/12/post_15312_entry.html】

 K2-18bは、地球から獅子座方向に111光年離れた赤色矮星K2-18の軌道を周回しており、2015年に発見されたばかりのあまり知られていない星だったが、今回の研究により、K2-18bが岩石でできており、ガス状の大気をまとう地球型の惑星だと分かったという。

 また、K2-18bは厚い氷に覆われていると予測されており、今後の研究次第では、生命の誕生に不可欠な水が発見される可能性も高いとのことだ。さらに、もう1つの大きな発見は、K2-18bに姉妹星であるK2-18cが存在することが分かったことだという。研究チームのライアン・クルーティエ氏が、今回の発見を興奮気味に語っている。

「K2-18bの体積や密度を計測するのは大変な仕事ですが、新たな系外惑星を発見できたことは、とても幸運ですし、エキサイティングです」(クルーティエ氏)

 今後K2-18bは、NASAが開発中の最新鋭の赤外線観測用宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」により2019年より本格的に観測されるとのこと。2015年にはNASAの主席科学者が「20年以内に地球外生命体は発見できる」と宣言していることからも、K2-18bにかける期待は一際大きいのだろう。もしかしたら、我々の目の黒いうちに、エイリアンの姿を拝める日が来るかもしれない。今後の研究に期待しよう。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月6日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。