【緊急警告】1月31日に首都直下地震M7発生か!? 前兆報告も多数、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」「皆既月食」が引き金に

【緊急警告】1月31日に首都直下地震M7発生か!? 前兆報告も多数、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」「皆既月食」が引き金に

 正月早々となる1月5日朝、首都圏の人々を凍りつかせる出来事が起きた。緊急地震速報が一斉に鳴り響いたにもかかわらず、都内では一向に揺れなかったのだ。結局、富山県西部と茨城県沖で同時刻に揺れ、それをシステムが一つの大地震と処理したことによる誤報と伝えられた。ところが同日深夜(6日未明)、千葉県北西部を震源とするM4.8の地震が発生し、都内では最大震度4を記録している。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/01/post_15832_entry.html】

 そして、これ以外にも年末年始の首都圏では不穏な地震が相次いでいた。首都直下地震の震源と想定されている東京湾北部のすぐ近くで、年末の12月27日(M4.5)、4日(M3.7)など、立て続けに地震が起きていたのである。いったい今、首都圏の地下で何が進行しているのか、不安に思っている読者も多いことだろう。


■首都圏の不穏な地震には前兆があった!

 実はこれらの不穏な地震は、筆者にとって想定の範囲内であったと指摘せざるを得ない。というのも、年末年始の筆者は“ある異変”を感じ取っていた。元日から強烈な頭痛に襲われ、その夜から「寝正月」になってしまったのだ。過去の経験から、筆者は強い頭痛があると3~4日後に近辺でM3以上の地震が発生することがわかっており、これを「3~4日ルール」と呼ぶことにしている。

 さらに特筆すべきは、昨年の記事でも紹介したように、筆者が飼っているジャンガリアンハムスターに異常行動が見られたことだ。たとえば5日は、夜行性のはずが昼間から何度も起きては、ケージをガリガリかじるなど明らかに落ち着かず、まるで「出してくれ」と言わんばかりだった。

 筆者の観察によって、ハムスターの回し車のカウンター値が異常に高いと、その後で地震が起きるケースが多いことも判明しているが、4日と5日の合計6152回という値は、運動量が減る冬期にしては多めだった。ちなみに、筆者宅のハムスターの運動量は、特設ページで、常に最新情報が見られるようにしている。

■首都圏だけじゃない、伊豆でも不穏な地震連発!

 話を元に戻そう。年末年始に首都圏では不穏な地震が相次いでおり、その予兆もあった。そして、一連の地震はさらに続いたのだ。

 6日に、伊豆半島東方沖で2回(M4.4、M2.7)、そして伊豆大島近海(M4.6)と、伊豆諸島で3回の地震が連続した。M2~4程度の規模など取るに足らないと思うかもしれないが、それは間違いだ。先月の記事で筆者が警告しているように、埼玉大学名誉教授の角田史雄氏が今年1月に伊豆半島か伊豆諸島で大きな地震が起きる可能性があると予測しているのだ。

 学者の見解以外にも、その不安を裏づける要素がいくつもある。筆者が正月3日にマップダウジングの手法で地震予測を行ったところ、今年起きる大きな地震として、伊豆半島の静岡県田方郡大仁町あたりでペンデュラムが振れたのだ。6日に伊豆諸島で起きた3回の地震は、いずれも伊豆半島のすぐ東沖が震源となっており、ダウジングで出ていたポイントと近かったことから、もしかすると、もっと大きな地震がこの周辺で起きるかもしれないと考えてしまう。

 さらに6日には、神奈川県の小田原魚市場でリュウグウノツカイ(プチ)が水揚げされたと、魚市場の公式ブログが報告している。この魚市場では、3.11の2カ月前となる2011年1月にもリュウグウノツカイ(ジャンボ)が水揚げされているため、やはり警戒するに越したことはないだろう。

■スーパームーンの影響か!?

 さて、ここからが本題だ。首都圏と伊豆諸島で地震が増えているとして、その理由は何か? 実は、一連の地震発生に月の位相と地球にはたらく力が絡んでいる可能性があるのだ。

 今月は2日と31日に2回のスーパームーンが見られるが、千葉県北西部を震源とするM4.8の地震が発生し、都内で最大震度4を記録したのは、1回目のスーパームーン直後となる6日未明のこと。先月の記事でも紹介したように、スーパームーンの前後1週間は、とりわけ地震に注意が必要な期間である。また、2つのスーパームーンに挟まれた期間も地震が起きやすくなるという説がある。

 さらに、今月2回目のスーパームーンとなる31日は、実に150年ぶりに皆既月食も同時に起こるため、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」なる特別な呼称が与えられている。そして、日食や月食の前後にも月の引力が強まり、大きな地震が起きやすいという説がある。つまり現在は、観測史上でも類を見ないほど地震が“起きやすい”条件が整った期間であると考えられるのだ。

■学者も伊豆と首都圏が危ないと警告!

 では、いま“もっとも警戒すべきエリア”はどこなのか? 東京大学名誉教授の村井俊治氏は、自身が開発した「MEGA地震予測」で、首都圏を含む南関東一帯を挙げている。とりわけ伊豆諸島から伊豆半島、富士山周辺にわたり「一斉異常変動」が確認されていることを懸念し、「首都圏には歪みが大きく溜まっていると考えられる。警戒を解くことはできません」(zakzak、2018年1月5日)と指摘する。

 そして立命館大学・環太平洋文明研究センターの高橋学教授は、この1カ月ほどで東京湾周辺を震源とする地震が急増している点について、「そのうち、圧力に耐え切れなくなったフィリピン海プレートが跳ね上がれば、M7以上の巨大地震が首都直下で発生する恐れがある。大きな揺れだけでなく、東京湾で津波が発生する可能性もあります」(日刊ゲンダイ、2018年1月7日)と、この動きが“首都直下地震の序章”だと警告しているのだ。


 以上の話を総合すると、昨年末から現在にかけて、首都圏と伊豆では不気味な地震が相次いでおり、それが1回目のスーパームーン(1月2日)とリンクしている状況だ。そのため、2回目の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が起こる31日をピークに、その前後1周間は巨大地震に十分な注意が必要になる。とりわけ、首都圏と伊豆では最大限警戒しなければならない。普段以上に防災意識を高めて過ごすことに、損は何もないだろう。

(百瀬直也)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年1月31日のびっくり記事
「【緊急警告】1月31日に首都直下地震M7発生か!? 前兆報告も多数、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」「皆既月食」が引き金に」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    人工地震にはマグマの沸騰が挙げられる。大島付近ではSM3おおすみ護衛艦による約1ヶ月間もの間24時間レーダーレーザー照射疑惑があり、南房総半島峯岡山分屯基地J/FPS-4のレーザー攻撃と連動している。

    2
  • 匿名さん 通報

    31日早朝北海道で震度3の地震があり大湊地方隊いずしま掃海艇もその数日前に伊東で高出力レーザー攻撃の疑いがあった。本日北海道電離層で16.12MHzの高数値が検出されており海自空自による活動が活発化

    2
  • 匿名さん 通報

    マグマの移動や地下水の沸騰を引き起こす海自空自のSM3レーダーレーザーが危険だ。SM3レーダーは人体を貫通し目標物へ照射される。目標物は建物や人体であったり船、車両、航空機等であるとされる。

    2
  • 匿名さん 通報

    横須賀基地所属SM3のJSてるづきは、CCW違反高出力レーザー攻撃で有名な護衛艦で問題視されている。伊豆諸島や小笠原諸島・西之島でも高出力レーザー攻撃疑惑があり厄介がられている護衛艦だ。

    2
  • 匿名さん 通報

    地震の殆どは空自の丸茂のFPSレーダーによるSM3レーザー攻撃なんだろ? 幕僚長が交代する度に酷くなる日本によるレーザー攻撃だ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。