【悲報】2018年5月末に宇宙人が地球侵略か! カナダ元国防相とミチオ・カク教授もエイリアン来襲に危機感表明!

【悲報】2018年5月末に宇宙人が地球侵略か! カナダ元国防相とミチオ・カク教授もエイリアン来襲に危機感表明!

 新年が明けて早くもひと月がたつが、この2018年はいろんな意味で気が抜けない年になりそうであることが各方面から指摘されている。カナダの元国防相に至っては、なんとエイリアンに地球が支配される可能性を指摘している。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_15866_entry.html】

■「我々に残された時間はほとんど無い」

 1963年~1967年の間、カナダの国防相を務めたポール・ヘリヤー氏は2005年になって初めてUFOとエイリアンの存在を公言し、以来「政府はエイリアンを隠蔽している」とディスクロジャー活動を行っている。

 トカナでも何度も報じたが、2014年にはロシアのニュース番組「RT」に出演してインタビューに応じ、この地球には少なくとも4種類以上のエイリアンが数千年以上前から訪れていることに言及。大半は我々の天の川銀河ではない他の銀河からやって来ていて、地球以外に金星や火星にも進出しているということだ。彼らの大多数は我々を攻撃したり支配したりする意図はないということだが、それでも人類は地球の「良い生徒ではない」と認識しているという。人類の最も大きな罪は環境破壊であり、その原因にもなっている戦争だという。

  してヘリヤー氏は、環境破壊や戦争はエイリアンのテクノロジーによって解決が可能であると主張している。実はマイクロチップ、LED、防弾チョッキなどの開発の手本になっているのはエイリアンから教わった技術で、このように、すでに一部のエイリアンの技術は人類に伝えられているという。ヘリヤー氏は今こそエイリアンに教えを乞うて、さらに革新的な技術供与を受け、地球を守るための取り組みに着手すべきであると提唱している。

 もし我々が現状のまま天然資源を浪費し、環境を破壊し続けるとどうなるのか? それはエイリアンによる地球征服につながるというのだ。いったいどういうことなのか。

 昨年にホッドキャスト放送にゲスト出演したヘリヤー氏の発言は現在、YouTubeチャンネル「Lazarus Effect Media PODCASTING」で視聴することができる。動画のタイトルは「エイリアンの地球支配が2018年に始まる(Paul Hellyer The Extraterrestrial Takeover will Begin in 2018)」というショッキングなものだ。2018年はついにエイリアンが公の場所に姿を現し、そして我々から地球を奪い取る最初の年になるというのである。

 放送の内容を聴いてみると、基本的にはヘリヤー氏による地球外文明の解説と、現状の人類の問題点が語られており、ヘリヤー氏自身が「2018年にエイリアンが地球を征服する」とは明言していないようだ。しかしながら現在の人類社会が極少数のカバル(Cabals)による寡頭体制で運営されており、支配の道具とされている金融システムと化石燃料の浪費が止められないとなれば、いよいよエイリアンが地球本体を守るために人類から地球を奪いにくるということらしい。

「彼ら(エイリアン)は我々人類をきわめて原始的で、精神性とモラルが低い者どもと考えています。問題は我々の側が利害関係を無視してより良い世界を作るために素直に教えを乞うことができるかどうかなのです」(ポール・ヘリヤー氏)

 つまりこれは予想以上に事態は切迫しており、人類の文明に今、急遽かつ大胆な変化が求められているというヘリヤー氏の警告であり、その取り組みに年内に着手できなければ我々はもはや地球のオーナーではなくなるということである。「我々に残された時間はほとんど無い」とヘリヤー氏は訴えている。

■2018年は地球は“超文明”によって征服される年

 くしくも2018年の“エイリアン侵略”に言及している有名人がもう1人いるという。ホーキング博士と並び同時代の有名な理論物理学者であるミチオ・カク博士だ。

 ルーマニアのメディア「Romania TV」の記事では、カク博士の見解によると地球の住民である我々が最も恐れるべきことは、宇宙人の侵略であるということだ。そして驚くべきことに、我々人類が宇宙由来の種族(エイリアン)によって攻撃されるおおよその日付は、今年5月の終盤であることが算出できたという。

 そして、エイリアンの“超文明”は地球を支配することになり、誰もが将来のドラスティックな変化に備えて準備をするよう強く勧めているのだ。世界のいくつかの政府はすでに警戒しているのだが平静を装っているという。

 カク博士は昨年末の講演で2018年に深刻な自然災害が起こることを予測して警告しているのだが、この時の発言をもとに記事では2018年のエイリアンの地球侵略を指摘しているということらしい。

 残念ながら我々は宇宙で起こっていることを理解するレベルには達していないのだが、人類の歴史に鑑みれば先進国が植民地支配した国々の人々にどんなことをしてきたのかは一目瞭然だ。それと同じことが惑星レベルでこの5月いっぱいまでに起こるということになり、2018年は地球は“超文明”によって征服される年であるということだ。

 昨年は、UFOと地球外生命を調査する米政府の極秘のプログラム(Advanced Aviation Threat Identification Program、AATIP)がかつて存在していた事実と、研究対象の1つであった未確認飛行物体(UFO)が写っている映像がペンタゴン筋から唐突に公開されたのだが、これについてもカク博士はコメントしている。カク博士によれば映像の“UFO”は、中国かロシアで開発中のマッハ5の飛行性能を持つ“超音速ドローン”である可能性が高いとする一方、地球外由来のものである可能性も排除しないと言及している。

「心は(宇宙に)開かれています」と語るカク博士。はたして2018年の残された月日で人類史上の最大イベントとなる地球外文明との“コンタクト”が待っているのか? そして世界的に著名な識者2人が相次いで“2018年のエイリアン”について言及しているのは単なる偶然なのだろうか。
(文=仲田しんじ)

イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年2月4日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。