【夢占い】亡くなった人が出てくる5つの意味とは!? もしも故人が苦しんでいたら… ヤバすぎる事態が進行中!

【夢占い】亡くなった人が出てくる5つの意味とは!? もしも故人が苦しんでいたら… ヤバすぎる事態が進行中!

――古来より、人は「夢」に深い関心を寄せてきました。時間と空間と肉体の束縛から私たちを解き放ってくれる「夢」には、どのような意味があるのでしょうか。古今東西のさまざまな事例を収集して発展してきた夢占いの手法を用いて、印象的な夢を読み解いていきましょう。

■故人に会う夢の意味とは!?

 亡くなった人が夢に出てくることがあります。特に縁が深かった故人が夢に出てきたら、何か伝えたいことがあったのかと気になります。実際、予知夢として報告されている夢に、故人が出てきた例が少なからずあるのです。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_15877_entry.html】

 故人が出てきた夢の意味を解釈する際、死後の世界の有無は問題ではありません。故人がどこかに存在して私たちを見守っていると考えても、あるいは残された人の心の中に故人が存在していると考えても、どちらでも夢からのメッセージは成立するからです。ただし、もちろん現実世界とは異なる「夢の世界の文法」で読み解かねばなりません。

・ 故人の生前の日常 ―― 実は事例が少ない
 意外にも報告が少ないのが、この日常の夢です。夢で会いたいと切望する相手ほど、出てこない可能性のほうが高いように思えます。日常的な夢を、フロイトは「経験の残滓(ざんし)」と呼んでいます。雑夢ですから、特に深い意味はありません。日常を親しく共有していた、とても大事な存在であるからこそ、雑夢に出てくることが少ないのでしょう。

・ 故人からのメッセージ ―― 怖い顔で怒られたら要注意
 前述の日常夢とは異なり、故人からの言葉になにかしらのメッセージ性を感じた場合、重要な予知夢や警告夢の可能性があります。その場合、故人の発言の意味そのものよりも、単語の一つひとつや、夢の中に出てきた小物、身体の部位などに注目してみてください。また、そのときの故人の表情が、怒ったり怖い顔をしていたか、穏やかな顔だったかという点も重要です。もちろん、怒ったり怖い顔をしている方が強い警告となります。

・ 故人が喜んでいる夢 ―― 未来を祝福する吉夢
 夢占いの基本解釈では、死者と談笑する夢は金運上昇、出世成功の吉夢となります。故人が喜んで笑ってくれていたら、大切な存在であるほど、嬉しい夢であるはず。たとえば結婚が決まった人が、亡き祖父母が喜んでくれた夢を見たら、目覚めたときの嬉しさそのままに、未来への祝福の夢と解釈してよいでしょう。

・ 故人が苦しんでいる夢 ―― 生活や考え方を改めるべきとき
 もっとも注意すべきなのが、この故人が苦しむ夢です。なぜなら、霊感商法に悪用される場合があるからです。「故人を救うために高額なお布施が必要」などと誰かに言われたら、毅然と拒絶すべきです。故人が苦しむ夢は、夢主への警告の可能性があります。ならば必要なのは、生活や考え方の改善です。霊能者への金銭ではありません。乱れた生活や強欲、不和……冷静に自分を見つめれば、なにかしら思い当たることがあるはずです。

・ 有名人の故人に会う夢……各キャラクターの性質で解釈する
 歴史上の人物や、有名人の故人に会う夢の場合、たとえば僧侶なら精神世界の案内人、スターなら虚栄心の反映というように、まずはその人物のキャラクターから解釈することになります。その上で、夢の中で、故人であることが過度に強調されている場合、あなたの中でそのキャラクターが表す性質がいったん葬られてから、パワーアップして復活したという解釈になります。

 さて、愛する家族を亡くした人が、それほど親しくなかった知人から「故人が夢に出てきた」と聞いて、「どんなに願っても自分の夢には一度も出てこないのに……」と悔しがるという話を聞きますが、すでに述べたように、強く願うほど(当たり前の存在であったが故に)夢に出てこられないものです。何年も経って、別れの辛さが和らいだ頃、ひょっこりと夢に出てきてくれるという例もあります。日々、真摯に過ごしていれば、いつかきっと故人は夢の中で笑いながらあなたを祝福してくれることでしょう。

(高橋桐矢)

イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年2月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。