最高予言者ババ・ヴァンガが40年前に「プーチンが核戦争を起こす」と予言していた! 第三次世界大戦で人類滅亡間近!

最高予言者ババ・ヴァンガが40年前に「プーチンが核戦争を起こす」と予言していた! 第三次世界大戦で人類滅亡間近!

 9.11から黒人大統領の誕生まで完璧に予言したブルガリアのノストラダムスことババ・ヴァンガ。すでにトカナでは5079年までのヴァンガの予言一覧をご紹介しているが、ここに来て、あらたな予言の存在が明らかになった。

 英紙「Daily Post」(16日付)によると、1979年に作家のバレンティン・シドロフと面会したババ・ヴァンガは次のことを予言したという。

「氷のように全てが溶ける。しかし、一箇所だけ手つかずの領域が残るだろう。それは、ウラジミールの栄光、ロシアの栄光である」(ヴァンガ)
「多すぎる犠牲者が出るが、誰にもロシアを止めることはできない」(同)
「ロシアが全てを取り去ってしまう。そして、ロシアは残るだけではなく、世界の覇者となる」(同)

 ここで注目すべきは、もちろん“ウラジミール”である。この人物は、18日のロシア大統領選で再選したウラジミール・プーチンを置いて他にないだろう。ヴァンガの予言は、プーチンが初めて大統領に就任する21年も前にされたものだが、「プーチン大統領率いるロシアが世界の覇者となる」ことを意味しているとしか考えられないのだ。“多すぎる犠牲者”は世界大戦。“氷のように全てが溶ける”という表現からは、核兵器の使用が連想される。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/03/post_16356_entry.html】

 ヴァンガの予言を端的にまとめればこうなるだろう。「プーチン在任中に第三次世界大戦が勃発し、ロシアが勝利する」。

 今月4日、イングランド南西部のソールズベリーでロシアの元スパイであるセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリアさん(33)が意識不明で見つかり、ロシアが神経ガスによる暗殺を目論んだのではないかと推測されている。

 これに対しロシア政府はイギリス政府の陰謀であるとして頑なに容疑を認めず、イギリス政府も国内のロシア人外交官23人の国外追放を決定するなど、強硬な姿勢を見せている。第三次世界大戦が具体的にいつ勃発するかは分からないが、もしかしたら、現在進行中の両国の関係悪化が戦争の引き金となるのかもしれない。いずれにしろ、ヴァンガはプーチン在任中に戦争が起こると予言していることから、その時はそう遠くないはずだ。

 また、トカナでもお伝えしたが、今月1日にプーチン大統領が行った年次教書演説では、最新型のICBM(大陸間弾道弾)「RS-28」、別名「サルマト(Sarmat)」が公開された。サルマトには200トンの核爆弾が搭載可能で、複数個の核弾頭の“雨あられ”を地球上のあらゆる場所に降らせることができる。恐ろしいことに、これに対して現行のミサイル防衛システムは全く無力だと言われている。

 英露の関係悪化、サルマトの存在、不思議なことに、これら2つの事実がヴァンガの予言へと収束していく……。今後もロシアの動向には十分注意しておいた方が良いだろう。ところで、森友問題に明け暮れる日本の政治家は、有事の際に迅速に対応することができるのだろうか……。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年3月21日のびっくり記事
「最高予言者ババ・ヴァンガが40年前に「プーチンが核戦争を起こす」と予言していた! 第三次世界大戦で人類滅亡間近!」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    プーチンは先日、軍拡競争はしないとも言ってるが、その事もこのバアさんは予言したのか?

    2
  • 匿名さん 通報

    予言が当たるなら,日本の政治家がなにをしてもむだ。

    1
  • 匿名さん 通報

    なぜか中東でイスラエルとイランの核戦争をめぐり,トランプと周が叩き合って共倒れ,ロシアがハブられて無傷。とどめがサルマトによる恐喝で,戦争終結。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。