【決定版】飛行機の「一番安全な席」がガチで判明! 墜落しても生き残る… GWの空の旅で死にたくなければココに座れ!

【決定版】飛行機の「一番安全な席」がガチで判明! 墜落しても生き残る… GWの空の旅で死にたくなければココに座れ!
拡大する(全1枚)

 明日から日本列島はゴールデンウィークに突入する。この大型連休、家族や友人たちと海外旅行に出かける読者も多いのではないだろうか? そんなあなたに、今月は少々気がかりなニュースが伝えられた。17日(日本時間18日)、米ニューヨーク発ダラス行きサウスウエスト航空ボーイング737型機のエンジンが飛行中に突然爆発したのだ。この事故で、女性客1人が全身を強打して死亡した。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/04/post_16709_entry.html】

 ここ数十年、民間航空機の事故は減少を続けているという報道もあるが、このように命を落とす悲劇は“起きている”のが現実である。決して気を緩めることはできない。そこで、今回の事故を踏まえて、旅客機に登場する際いったいどの座席がもっとも安全か、はたまた逆に危険なのか、じっくり考えてみたい。

■突然のエンジン爆発事故、そのとき機内は……!?

 約150人の乗客乗員とともに飛び立ったサウスウエスト機だが、高度約1万メートルを飛行中、左側のエンジンが突然大音響とともに大破し、エンジン近くの窓ガラスや機体が損傷した。その後、同機は飛行ルート近くのフィラデルフィア国際空港に緊急着陸したが、死亡した女性のほかにも、乗客7人が負傷した。

 犠牲者の名は、ジェニファー・リオダン(ライアダン)さん。彼女は不運にも割れた窓ガラスから機外へと吸い出されそうになり、他の乗客たちの尽力により機内に引っ張り戻されたものの意識不明となり、心肺蘇生の甲斐もなくそのまま帰らぬ人となった。

 爆発直後の機内の様子を乗客が映した動画がYouTubeに投稿されている。これを見ると、乗客たちは酸素マスクを装着し、窓ガラスが割れた影響でエンジンの轟音が機内に響いていたことがわかる。みな一様に表情は硬く、まさに「生きた心地がしない」といった騒然たる雰囲気だ。

 なお、同機の機長を務めていたのは元米海軍所属のタミー・ジョー・シュルツ氏で、海軍で初めてF18戦闘機のパイロットとなった女性だった。シュルツ氏は冷静沈着に緊急着陸を成し遂げたことから、すでに米国では「本物のアメリカン・ヒーローだ」との声も上がっているようだ。

 統計によると、このボーイング737型機は航空事故やハイジャックに巻き込まれるケースが非常に多い。もっとも、生産数もトップクラスであり、世界中の航空会社で利用されていることから、特別な問題がある旅客機というわけではなさそうだ。つまり、このような事故は、どんな旅客機でも起こり得るということだ。

 では、ここからが本題だ。いざ旅客機に搭乗する際、我々は機内のどの位置に座ることで死亡リスクを最小化できるのだろうか?

■過去データから“もっとも安全な座席”がガチ判明!

 実は、過去に発生した航空機事故のデータから、機内のどの辺りの座席がもっとも安全か、逆にどの辺りの座席で死亡率が高いかという点が割り出されている。恐らく多くの読者は、調査結果を見るまでもなく、感覚的に前方よりは後方の座席が安全だと考えているのではないだろうか。その推測は概ね間違いではないが、実際はそれほど単純な話でもない。

 2007年、米誌「ポピュラーメカニクス」と「タイム」は、国家運輸安全委員会(NTSB)のデータを基にして、1971年以降に発生した航空機事故を調査・分析し、座席位置による死亡リスクの変化を発見した。結果はズバリ、航空機事故発生時の「生存率」は機体前部で49%、中部(主翼上および主翼の前部分)が56%、そして後部では69%という数値となった。つまり、後部座席のほうが飛行機事故で“助かる可能性が高い”ということだ。

 また、「タイム」は2015年にも独自調査を行い、1985年以降に起きた17件の飛行機事故における乗客死亡率を調べた。すると後部座席で32%、主翼部分が39%、前方の座席は38%という結果が得られた。やはり、後部座席の死亡率が一番低かったのだ。そして、さらに明確な差が表れたのは、機体の前後に加え“横の位置”による変化だ。後部座席でも、窓側ではなく中央部分だと死亡率が28%と一番低い。逆に死亡率が一番高かったのは、機体中部(主翼部分)の通路側で、実に44%という高い数値だった。

 旅客機で運賃がもっとも高額でサービスも充実しているファーストクラスは、機体前方かつ2階に設けられることが多いが、安全性という観点からは、あまり“お勧めできない位置”ということになる。墜落や胴体着陸の事態を考慮すると1階よりは死亡率が若干低くなるかもしれないが、それほど大きな差はないのかもしれない。

 さて、17日の事故と前述の調査結果を照らし合わせてみると、死亡したリオダンさんは主翼エンジン近くの窓際に座っていた。やはり、機内においてリスクが低いとは言い切れない位置である。窓際の席は景色を眺められるというメリットがあり人気も高いが、眺めの良さと安全性のどちらを取るかという選択に迫られることになる。このような認識がもっと一般に広まれば、いずれはファーストクラスが機内の後部に設けられるようになるかもしれない。もっとも、機体が大破するような事故の場合、どこに座っても同じ結末を迎えることになるだろうが、いずれにしても“少しでも希望をつなぎたい”と考えるならば、後部座席の中央部分を選ぶほうが賢明だろう。

(百瀬直也)
イメージ画像:「Thinkstock」より

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【決定版】飛行機の「一番安全な席」がガチで判明! 墜落しても生き残る… GWの空の旅で死にたくなければココに座れ!」の みんなの反応 1
  • ミリ太郎 通報

    米軍C5Aギャラクシー輸送機の兵員室は、座席が全て「後ろ向き」になっている。その方が緊急着陸のとき安全だという。民生用旅客機はどれも危険。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。