【やはり】「火星人は間違いなく存在する」著名物理学者がBBCでガチ暴露! 地球人の親戚である可能性大!

【やはり】「火星人は間違いなく存在する」著名物理学者がBBCでガチ暴露! 地球人の親戚である可能性大!

 これまでトカナでは何度も火星に生命が存在する可能性をお伝えしてきたが、この度、なんと、イギリスの著名な物理学者までもが、「火星人は存在する」と発言したというのだ! さらに、欧州宇宙機関は火星生命の探索を目的としたプロジェクトを始動しているというから驚きだ。遂に地球外生命体の発見が現実になろうとしている。

 英紙「Express」(4月20日付)によると、驚愕の発言を口にしたのは、英著名物理学者ブライアン・コックス氏。コックス氏は、英・マンチェスター大学で素粒子物理学を研究する傍ら、数々の一般向け科学書を手掛け、かつては英人気バンドのキーボード奏者もしていたというマルチな才能に富んだイケメン物理学者として英国で人気を誇っている。そんなコックス氏が、英国放送協会のラジオ局「BBC Radio 1」で、次のように発言し、英国民のド肝を抜いた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/04/post_16715_entry.html】

「イギリスも参加しているエクソマーズ(ExoMars)という新たなミッションがあります。火星の地下で生命を探索するミッションです。火星人は疑いなく存在します」(コックス氏)

 エクソマーズは、欧州宇宙機構とロシアの宇宙開発機関ロスコスモスが共同で手掛けているプロジェクトで、火星生命の探索を目的とした広範なミッションである。これだけ大規模なプロジェクトならば、彼らには“勝算”、つまり火星に生命が存在する可能性が高いと思っているはずだ。そう考えると、コックス氏の断言にも頷ける。

 さらにコックス氏によると、火星には我々人類の起源を解き明かす秘密まで隠されているかもしれないという。一体どういうことだろうか? コックス氏の発言を引用しよう。

「我々自身も火星人であるという仮説があります。なぜなら、40億年前に火星で生命が誕生した可能性があるからです。火星から剥離した岩石が、小惑星として地球に到来したのです。実際に火星から来た隕石が地球で発見されていますし、生命が地球に運ばれた可能性はあります。だとすれば、我々はもともと火星人なのです」(同)

 生命誕生を説明する仮説の一つに「パンスペルミア説」というものがある。宇宙には生命が広く存在し、地球に飛来した隕石などに付着した微生物から地球上の生命が進化したという仮説である。これは単なる空想ではなく、実際に今年1月には、NASAの分析により複数の隕石の中から“生命の種”が発見されている。また、米ウエストハイマー科学技術研究所のスティーブン・ベナー教授によると、初期の地球環境には生命発生の条件が整っておらず、生命の誕生には適さなかったため、生命は火星で発生し、地球にやって来たとの見方を強めていると英紙「The Guardian」(2013年8月29日付)が報じていた。

 40億年前に“生命の種”が火星に存在したならば、今ではそれが進化しているとも考えられるだろう。だとすれば、これまでトカナでお伝えしてきた、「火星のヒューマノイド」、「ミイラ化した生首」、「火星に遺棄された戦車」などの謎も一挙に解決できるかもしれない。2020年に打ち上げが予定されているエクソマーズ・ローバーが、あっと驚くような真実を地球に届けてくれることに期待したい。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年4月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。