ビル・ゲイツが戦慄発言「15年以内に犠牲者3000万人のパンデミック発生」! “生物兵器レベル”の疫病が世界的流行の可能性

ビル・ゲイツが戦慄発言「15年以内に犠牲者3000万人のパンデミック発生」! “生物兵器レベル”の疫病が世界的流行の可能性

 自然災害への備え、突発的な軍事的緊張への対策などの危機管理は国家運営の要になるが、比較的軽視されているのが感染症対策であるとビル・ゲイツ氏が指摘している。


■“生物兵器”レベルの疫病の世界的な流行が今後15年の間に発生

 春先からはしかの流行が報じられているが、はしかどころでは済まされない“生物兵器”レベルの疫病の世界的な流行が今後15年の間に発生する可能性を、マイクロソフト創業者であるビル・ゲイツ氏が警告している。

 ゲイツ氏によれば、もし1918年のスペインかぜ並のパンデミック(感染拡大)が起これば、半年以内に世界中で3000万人の犠牲者が出ることを試算している。抗生物質の普及などで1918年当時よりも命を落とす人は少なくなるが、感染が拡大するスピードが昔とは比べものにならない早さで進むことが深刻な脅威になっている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/06/10153000_entry.html】

 今年に入ってからゲイツ氏はドイツ・ミュンヘンで開催されたセキュリティ関連の会議や、マサチューセッツ・メディカル・ソサエティなどが主催した疫病関連の会議などに精力的に参加して意見を表明している。そこで語られるのが疫病のパンデミックに対する危機管理である。

「次の疫病は遺伝子工学技術を持ったテロリストによって作られた合成バージョンの天然痘ウイルスかもしれません。あるいは超絶的な感染力を持った致死性インフルエンザかもしれません」(ビル・ゲイツ氏)

 英米の情報機関は、ISがシリアとイラクで生物兵器を研究開発していることを突き止めていながらあまりこれといった対策を講じておらず、彼らの開発能力を軽視しているのではないかとゲイツ氏は警告する。特にこの5年の化学分野の技術進歩によって、生物兵器の研究開発はそれまでよりも格段に容易になっているということだ。

「疫病のパンデミックが自然発生型であれテロリストの手によるものであれ、高速で空中を浮遊する病原体が1年足らずで3000万人を殺す可能性があると専門家が指摘しています。そして次の10年から15年の間に世界がそのような疫病の大流行を経験することを裏付ける試算があります」(ビル・ゲイツ氏)


■パンデミック対策は国防と治安維持に並ぶ最重要の危機管理

 ゲイツ氏は、世界規模で猛威を振るい、死者5000万~1億人を出したといわれている1918年のスペインかぜ(flu pandemic)にも触れ、医学の進歩によりこうしたパンデミックはもう起こらないと考えるのは誤りであると強調している。そして今日の社会でパンデミックが発生した場合は社会生活と経済に与える打撃も相当なものになる点を指摘しているのだ。

「自然発生的なパンデミックに対する防衛のために必要なことのほとんどは、意図的な生物兵器テロのために準備しなければならないものと同じです。そして世界的なパンデミックへの準備は、核抑止と自然災害に対処することと同じくらい重要なことです。イノベーション、各界の協力、慎重な計画は、これらの脅威のそれぞれがもたらすリスクを劇的に緩和することができます」(ビル・ゲイツ氏)

 戦争や自然災害に対する準備と同じくらい、疫病のパンデミックに対する備えが必要であることを主張するゲイツ氏は、最先端医療技術によるワクチンや新薬の研究開発もまた常に求められていると語る。

 ゲイツ氏とその妻らが共同議長を務める慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」が最近行った調査によれば、16歳から75歳のイギリス人の71%が、自国の戦争よりもエボラやジカ熱などの感染症のほうを懸念しているという。もちろん自国が関係する戦争も、その3分の2が勃発を恐れているが、一方でそれよりも多い83%は、どこで出くわすかわからないテロ攻撃に恐怖を感じているということだ。

 ゲイツ氏が言うようにテロリストがウイルス型生物兵器を開発しているのだとすれば、あまり考えたくないことだが、今後は街中でウイルス散布型テロが起きる可能性もあるのかもしれない。パンデミック対策はもはや国家防衛や治安維持と一体化した最重要、最優先の危機管理ということになるのだろう。
(文=仲田しんじ)

※イメージ画像は、「Wikimedia Commons」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ビル・ゲイツが戦慄発言「15年以内に犠牲者3000万人のパンデミック発生」! “生物兵器レベル”の疫病が世界的流行の可能性」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    生物兵器はアメリカが開発している。ISはCIAの支配する組織だからね。

    2
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。