メガネをかけている人は本当に賢いことが遺伝子研究で判明! 賢者はバカより長生きで鬱になりにくいことも発覚(最新研究)

メガネをかけている人は本当に賢いことが遺伝子研究で判明! 賢者はバカより長生きで鬱になりにくいことも発覚(最新研究)
拡大する(全1枚)

 主にフィクションの世界において、メガネといえば頭のいいキャラクターを示す使い古された記号であるが、現実世界でもその印象は正しいのかもしれない。イギリスで行われた30万人以上もの人々を対象にした調査で、より知的な人々は遺伝的にメガネ(またはコンタクトレンズ)を必要とするほど視力が悪い可能性が高いことが分かったのだ。英「The Guardian」ほか複数メディアが取り上げ、大きな話題となっている。


■視力の悪さと知性の関係

 知的さをアピールする小道具として、最近ではファッションアイテムとしても定着したメガネ。欧米の弁護士は自分のクライアントに対し、裁判の時にはメガネをかけるよう勧めるという。その方がより知的に見えて、裁判官や陪審員に良い印象を与えるからだという。実際、過去の研究によると、メガネをかけている人々に対して「より賢く、勤勉で、信頼できる人物」という印象を抱きがちなのだそうだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/06/post_17066_entry.html】

 我々の勝手な印象を裏付けるように、認知機能の高さと視力の貧弱さには実際に関連があるのかもしれない。それを明らかにしたのが今年5月に論文誌「Nature Communications」に掲載された英エディンバラ大学の遺伝統計学者ゲイル・デイヴィス氏らによる研究である。研究では英国のBiobankなどから16~102歳までの30万人以上の人々の遺伝データと認知機能に関するデータを収集・分析を行い、新たに知性と関連付けられた58の領域を含む148のゲノム領域を同定したという。

 この研究によると、より知的能力の高い人々がメガネを必要とする視力の弱さと関連する遺伝子を持つ確率は、そうでない人々に比べて30%高かったという。また知性と視力以外の健康要因との関連も示された。知性の高い人は高血圧、心臓発作、狭心症、肺がん、変形性関節症などを患う可能性が有意に低いほか、大うつ病を経験する確率も30%低く、長生きする可能性は17%高かったという。

 科学メディア「Science Alert」の記事によれば、デイヴィス氏はこの研究を「認知機能に関するこれまでで最大の遺伝学的研究であり、思考能力の遺伝性に寄与する多くの遺伝的な差異を発見した」ものと位置付けている。だが、この研究が示しているのはただの相関関係であって、明確なリンクではないことに注意したい。論文著者の一人である英エディンバラ大学のイアン・ディアリー氏も、過去に行った3000人規模の調査では今回のような結果は得られなかったことを認めている。


■視力の遺伝の不思議

 意外にも、視力の低下の原因はよく分かっていないという。かつては本の読み過ぎ、ゲームのやりすぎ、そして今ではスマートフォンの使いすぎが視力低下の原因として槍玉に挙げられてきた。発症には遺伝や環境など様々な要素が複雑に絡んでいるとされ、生まれた直後の動物のまぶたを縫い合わせることで人工的な近視を発症させられるという実験もあれば、強度近視になりやすい遺伝子というのも発見されている。

 一口に目が悪いといっても、その程度にはかなりの差があり、メガネがなくても日常生活にはほとんど支障がないという人から、筆者のように裸眼では道行くサラリーマンが皆シャドウピープルのように見える人もいる。強度の近視は遺伝的要因が大きいといわれるが、近代になってメガネが一般にも普及するまで、視力の悪さは明らかに生存力を低下させていたはずだ。だが、そんな遺伝子が淘汰されずに残った理由が知性の高さにあるとしたら……と考えると、良いことなど一つもない強度近視に、ほんのちょっと慰めになる。

 とはいえ、今回のような研究は遺伝子による差別の原因にもなりうると「The Guardian」の記事は警告している。また、研究はヨーロッパ系のルーツを持つ集団のみを対象としているため、我々アジア系を含め、他の人種にはこの結果は当てはまらないかもしれない。メガネが知性の証明なら便利なことだが、それが当てはまるのはやはりフィクションの中だけだろう。

(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク