キムタクの次女Koki,だけじゃない! “2世タレント”っぽさを感じさせない活躍を見せる芸能人3人!

キムタクの次女Koki,だけじゃない! “2世タレント”っぽさを感じさせない活躍を見せる芸能人3人!

 いわゆる“2世タレント”には、「親の七光り」「コネで起用」などというイメージがどうしても付きまとってしまう。しかし、自らの実力で成り上がった2世芸能人も少なくない。最近話題になったモデル界の新星・Koki,(15)も実力ある2世タレントの一人だ。


●Koki,

 今年5月に発売されたファッション誌『ELLE JAPON』7月号で表紙に抜擢されたKoki,は、言わずと知れた大スター・木村拓哉(45)と工藤静香(48)の娘。SMAP騒動の余韻が冷めやらぬ頃にデビューしたため、キムタクの娘ということが大々的に報じられてしまったものの、「スタイル良すぎでしょ! モデルとしてかなり強い」「めちゃくちゃ顔整ってるじゃん。美人だなー」と絶賛の声が続出した。今のところモデルとしての実力と話題性の両面から注目されてしまってはいるが、今後は自分の力で道を切り開いていくはず。今回は、自らの実力で芸能界を生き抜く意外な“2世芸能人”を紹介しよう。


大原櫻子

 歌手・女優の大原櫻子(22)も、2世という印象を持たせないほどの活躍を見せている。2013年の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』では約5,000人のオーディションを勝ち抜き、いきなりのヒロインデビュー。さらに歌手としても女子中高生から熱狂的な支持を集め、今年6月には3枚目のアルバムをリリースすることも決定している。

 そんな中、2016年11月に放送されたくりぃむしちゅーの上田晋也(48)が司会を務める『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、自らの父親がナレーター・林田尚親であることを告白。林田がナレーションを務める『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演する岡村隆史(47)も、「全然知らなかった」「エエ声してはるからね、そういう家系なんでしょうね」と自身のラジオ番組で語っている。「これは大原さんがゴチのゲストに呼ばれるしかない!」「確かにあの声の良さは父譲りなのかな」と、意外な事実を知ったファンも大盛り上がりだった。


●Taka(ONE OK ROCK)

 ONE OK ROCKのボーカル・Taka(30)も“実力のある”2世タレント。森進一・森昌子夫妻の息子で元ジャニーズというとんでもない経歴の持ち主だが、ONE OK ROCKは本格的なサウンドが世界中で大好評。2017年にはイギリスやロシア、メキシコなどを巡るワールドツアーも大成功させている。

 アツいロックを鳴らすTakaには、家族想いな一面も。2017年6月に中野サンプラザにて開催された父のコンサートでは、“父の偉大さ、素晴らしさ、優しさを感じている”、“体にはこれまで以上に気を遣って健康第一に”など心温まる音声メッセージを送った。森進一の50周年記念曲「あるがままに生きる」はTakaがプロデュースしているということもあり、同じアーティストとしてお互いを認め合っているようだ。


佐藤浩市

 ベテラン俳優・佐藤浩市(57)の父は、奔放な異性関係で知られた三國連太郎。三國の3人目の妻の子として生まれた佐藤だったが、以前から三國との間には確執があるとされていた。しかし、1996年の映画『美味しんぼ』でついに共演を果たす。

 しかもこの映画で2人が演じたのは、“対立する親子”というピッタリの役柄。現在でもネット上では「これは感慨深かった」「この親子共演は見ごたえがある!」と語り継がれている。ちなみに、佐藤の息子・寛一郎(21)も映画『心が叫びたがってるんだ。』などで俳優として活躍。今年7月公開の映画『菊とギロチン』にも出演する。「寛一郎くんの演技がアツすぎる!」「存在感と演技がさすがだな」と評判なので、こちらも“2世”を感じさせない名優になることを期待したい。

(文=ヤーコン大助)


※画像は、「Koki」公式インスタグラムより

あわせて読みたい

気になるキーワード

TOCANAの記事をもっと見る 2018年6月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。