中国の川で激ヤバ「ヒト型UMA」が生きて発見される! 頭、腕、脚、眼球も確認…新種の“スポンジ生物”か!?

中国の川で激ヤバ「ヒト型UMA」が生きて発見される! 頭、腕、脚、眼球も確認…新種の“スポンジ生物”か!?

 ネス湖のネッシーから、伝説の海獣シーサーペントまで、世界中の湖や海では毎年多くのUMA(未確認生物)が目撃されている。きっと水中世界には我々の知らない生物が潜んでいるに違いない。今回ご紹介するのも、中国の川に打ち上げられたとされる「ヒト型のUMA」である。

 ヒト型のUMAを撮影した動画は、YouTubeチャンネル「The Hiddle Underbell 2.0」が、今月10日に公開している。まずはその奇妙すぎる姿をご覧になってもらおう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/07/post_17488_entry.html】

 満面の笑みを浮かべた男性が、人間のような頭部、小さな腕、小さな脚がついた何とも形容しがたいクリーチャーを掴みあげている。後ろには茶色く濁った川が映っているが、この生物はここに生息していたのだろうか? ロケーションは不明だが、川の色から黄河の支流かもしれない。
 さらに、ブランブランと脚を揺らしていることから、この生物が“生きている”ことが伺える。顔面のアップを注意深く見ると、顔の側面に眼球らしきものも確認できるではないか! 一体これは何なのだろうか? 動画のコメント欄を見てみると、「スポンジ」に見える人が多いようだ。確かに質感は古くなったスポンジのようだが……。すると、これはリアル・スポンジ・ボブということか……!?

 一方、「The Hiddle Underbell 2.0」は、「新種の海中生物、もしくは変異したヒトデ」だと推測している。ヒトデのように見えないこともないが、こちらの意見も決定的ではない。

 いずれにしろ、こんな生物は見たことがないということだけは確かだろう。首長竜系のUMAともクラーケンなどの軟体動物系のUMAとも全然似ていない。トカナ編集部もこれにはお手上げだ。「The Hiddle Underbell 2.0」が、知り合いの動物学者にコメントを求めているとのことなので、今は続報を待つしかない。フェイクではなく、新種のUMAであることを願おう。
(編集部)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。