【未解決】キューバ米大使館「音響攻撃事件」が未だに謎すぎる点とは!? “集団ヒステリー説”も新浮上の怪!

【未解決】キューバ米大使館「音響攻撃事件」が未だに謎すぎる点とは!?  “集団ヒステリー説”も新浮上の怪!

 今年5月、中国広東省広州市の米総領事館職員が不可解な脳の損傷を負ったことで、米国務省が中国に滞在する米国市民に対し注意を喚起したことは記憶に新しい。当核職員は精密検査のため帰国し、「軽度外傷性脳損傷」と診断されたという。現在、中国政府も調査を行っているとしているが原因は一切不明だ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/08/post_17522_entry.html】

■米領事館へ音響攻撃か!?

 だが、在外米人が、このような事件に巻き込まれたのは、今回が初めてではない。2017年、キューバの米大使館勤務者22名は、未曾有の健康被害に次々と襲われた。難聴や吐き気、めまい、鼻血、不眠症などなど。頭痛を訴える患者を診察したところ、脳しんとうの症状が現れていた。しかし、本人はこれまで一度も頭を打ったことがなかったのだ。

 事態を重く見た米政府は、キューバにFBIを派遣し調査したが、音響兵器などの証拠は発見できなかったという。キューバ政府も身の潔白を主張しているが、せっかく国交正常化した米=キューバ間にとって気をもむ事案となっている。

 被害に遭った広州総領事館職員の話を総合すると「異常な音と圧力」による不快感が、2017年暮から始まったらしい。ブンブン、キーキー、または金属に穴を開ける時のドリル音などさまざまなノイズとともに、空気圧を体感するということだ。例えるなら、走行中の車のウインドウを少し開けたとき、バサバサと顔に当たる風圧に近い感じだという。

 中国とキューバの政府関係者が標的となったミステリアスな事件。すでに「音響兵器アタック」ではないかと囁かれている。

 米政府は、少しでも身体に不審な点を見つけたら、医療機関へ駆け込むよう呼びかける一方、大使館ホームページでは「たとえ体調不良になっても、その原因を探らないこと。代わりに、音の聞こえなくなる場所まで避難するように」と、穏便に行動するよう警告している。

■「集団ヒステリー」なのか?

 だが、「音で人間を攻撃する」というのは可能なのだろうか。たしかに、空港などではバードストライクを軽減するため「USW(Sonic and ultrasonic weapons)」が実用化されているが、人間には無害なはずだ。

 実は、最近になって新説が浮上した――「集団ヒステリー」だ。

 集団ヒステリーは、震災などの災害時や緊急時などに、パニックに陥った人々の間で突発的に伝染し、急激に広まる非常に危険な集団心理として知られている。集団心因性疾患の権威である医療社会学者のロバート・バーソロミュー博士は、これまで世界中で報告された米国人26名の症例に対して、すべて集団ヒステリーと分析している。

「音響兵器は脳しんとうを引き起こしません。ただ、集団ヒステリーの症状が、こんなに長期間続くことはあり得ない」(ロバート・バーソロミュー博士)

 また、別の専門家たちは「大使館に仕掛けられている盗聴器による副作用」、「HAARPを使った米国による自作自演」等、いずれも仮説の域を出ないが、独自の調査を進めているという。

 結論から言えば、この記事を書いている7月12日現在、原因の解明には至っていない。だが、1つだけ明らかなのは、この不気味な現象は今も続いており、目には見えない脅威にさらされ続けているということだ。さらに、被害に遭われたのは、たまたま政府関係者に限っているが、今後どのように発展していくか、おそらく誰もわからないのだ。
(文=佐藤Kay)

イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年8月10日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。