「我々が話している声は宇宙に届いている」物理学者が提唱! “死後”も永遠に宇宙でこだましていた!

「我々が話している声は宇宙に届いている」物理学者が提唱! “死後”も永遠に宇宙でこだましていた!

 イエス・キリストの言葉は聖書に残っていても、彼の肉声を聞くことはできない。昨日あなたが家族や友人に話しかけた声も、録音でもしていない限り、もうこの世には存在しない。声とはその本質からして、目の前にいる者に語りかけるためにある。聞き手の同時性と近さを要求する一回性のものだ。

しかし、音響物理学者のジョン・スチュアート・レイド氏によると、常識に反して声は刹那的なものではなく、あなたの声はあなたが死んだ後も永遠に宇宙をこだまする“歌”になるという。一体どういうことだろうか?

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/08/post_17746_entry.html】

 科学ニュース「Space News」の記事(7月30日付)によると、これにはエネルギーが大きな役割を演じているという。エネルギーは通常の意味では見ることができない。我々が知覚するものは様々な物理的プロセスの末端製品だからである。

 エネルギーレベルで考えると、音声も光も原子の相互作用の結果に過ぎない。すべての感覚、知覚される音や色は、原子の振動が生み出している。

 このことを確認する簡単なテストがある。数秒間両手をこすり合わせれば温もりが生じる。この熱はどこから来たのだろうか? 赤外線の電磁気、言い換えれば、光が原因である。手をこするといった簡単な動作の背後にもエネルギーの複雑な相互作用がある。

 同様のことは我々が言葉を発する時にも起こっている。あなたの声によって原子の衝突が引き起こされ、わずかに熱(赤外線)を生じる。レイド氏によれば、この時に発生した熱は光の速さで空中を飛ぶという。距離とともにエネルギーは減少するが、高密度の分子に邪魔されない限り、あなたの声から生じた熱は永遠に宇宙空間を飛び回る。ということは、誰も知らない遠い惑星に住む地球外生命体があなたの声を聞いている可能性もあるということだ。

 実際に科学者らは星の声を聴いている。惑星の振動を分析する星震学という研究分野も存在する。科学者らは宇宙人のメッセージは音ではなく、赤外線の“歌”として地球に届くと考えているのだ。

 宇宙は決して沈黙の世界などではなく、喧騒に溢れた騒々しいところだったようだ。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年8月8日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。