【衝撃画像】OMG! 嵐を発生させる巨大“プレート型UFO”出現! 軍の秘密兵器か… 撮影者「身の危険感じた」

【衝撃画像】OMG! 嵐を発生させる巨大“プレート型UFO”出現! 軍の秘密兵器か… 撮影者「身の危険感じた」
拡大する(全1枚)

 国道を走る車の中から夜空を見上げると、謎の“プレート型”UFOが! あるいは米軍の極秘偵察機なのか? 姿を消したすぐその後には、猛烈な嵐がやって来たという。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/09/post_18119_entry.html】

■国道の夜空に“プレート型”UFO

 先の8月18日、米・ノースカロライナ州シャーロット某所、夜の国道74号線を走る車の中から謎の“プレート型”の浮遊物体が目撃された。長方形のプレート状で縁がまばらに光っているという、SF映画に登場しそうな未来的デザインのこの“UFO”を撮影し、フェイスブックに投稿したのは地元在住のジャビオン・ヒル氏(35歳)だ。ヒル氏は地元紙「Charlotte Observer」に次のように話している。

「私は車で帰宅中、ハンズフリーで妻と通話をしていました。外を見ると竜巻が近づいて来ているように見えたので、後から妻に見せるために夜空の写真を撮ろうと思いました。しかし私はそこで“普通ではないもの”を目撃してしまったのです。私はそれを車の中からなるべく多く写真に収めようとしました」(ジャビオン・ヒル氏)

 写真を撮りながらヒル氏は思わず「オーマイガーッ!」と叫んだという。

 写真では満足できなくなったヒル氏はいったん車を国道の脇に停め、動画を撮影する準備を始めたというが、気づけば“UFO”は姿を消しており、その代わりに大粒の雨が降り出し嵐が近づいてきたという。そしてこの時、ヒル氏は今見た“UFO”は、米軍かあるいは何らかの組織の特殊な航空機であると確信したという。

 UFO研究家の一部の間でも反重力技術で浮かび上がる米軍の極秘の偵察機である「TR-3B」の存在が信じられている。今回ヒル氏が見たものもその種の“極秘”航空機ということになるのだろうか。

 またある指摘では、これは車内のダッシュボードの上に置いたスマホがウィンドーに写り込んでいるだけだという声も上がっている。はたしてこの謎の浮遊物体の正体は……。

■ノースカロライナ州・ノーマン湖に“宇宙船”

 やや不自然に感じるのは、この“UFO”が目撃されたのが8月18日であるのに、フェイスブックに投稿されたのが8月28日と10日もたっている点だ。

「身の危険を感じたのです。私はこの瞬間まで極秘の航空機の存在を信じていませんでしたから」(ジャビオン・ヒル氏) 

 軍の“秘密兵器”を撮影してしまったとすれば公開がためらわれるのも確かに理解できる。当日の夜、ヒル氏は一睡もできなかったということだ。しかしその後、SNSでは同様の“UFO画像”の投稿が普通に行われていることから、10日後になってフェイスブックに投稿する意思が固まったようだ。

 ワシントン州ダベンポートにあるUFO調査機関「National UFO Reporting Center」によれば、ノースカロライナ州は全米50州の中でUFO目撃情報数がトップ10に入るという。1940年から同州では7570件ものUFO目撃情報があるのだ。

 この5月29日の午前10時半には同州・ノーマン湖の湖畔からも謎の未確認浮遊物体がジェーソン・スウィング氏によって撮影されている。動画では湖の上に浮かんでとどまっている大きな浮遊物体が確認できる。真横からのアングルなのでは形状はよくわからないが、平たい円盤型かあるいは“プレート型”である可能性もあるだろう。

 YouTubeに投稿した動画の中でスウィング氏は「これは宇宙船だ!」と叫んでいるのが聞き取れる。また動画の説明欄によれば、ヒル氏のケースとは逆に雨上がりにこの“UFO”が撮影されたということだ。

「私がここに来た時、この物体を至近距離から目撃しました」(ジェーソン・スウィング氏)

 ノースカロライナ州には米陸軍特殊部隊司令部である「フォートブラッグ」や空軍の「ポープ空軍基地」、海兵隊の「キャンプ・ルジューン」など軍事施設も多いが、これがUFO目撃情報の多さに何らかの関係があるのだろうか。今後はノースカロライナ州の空模様のチェックも怠ってはならなそうだ。
(文=仲田しんじ)

イメージ画像:「Thinkstock」より

編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク