しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」

しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」

 NHK受信料徴収員の快進撃が止まらない。ホテルや病院、さらにはウィークリーマンションからも受信料を徴収し、その行動の裏付けとなる判決も各地の裁判所で出ている。

 しかし、民放各局で働くスタッフに話を聞くと、彼らなりのNHK観やNHKへの対応が見えてきた。

「世間ではNHKの受信料支払いを拒否する人もいます。ひたすら無視する人や面と向かって支払いを拒絶する人もいます。しかし、じつを言えば民放の社員も同じなんです」(テレビ局スタッフ)

 同じとはどういうことか。

「東京キー局の社員はおそらくほとんど受信料を払っていないはずです。実際、払っていないという声はよく聞きますが、払っているという人にはあまり会ったことがないですから」(同)

 裁判まで起こして徴収している今、なぜそんなことになっているのか。

「テレビ局の社員は受信料徴収員に自分の勤務先名を明かしたり名刺を見せた上で『おたくとはライバル関係にあるので金銭は払えない』と告げています。徴収員はこの言葉を聞くとそそくさと帰り、その後も来なくなるそうです。もちろん、訴えられたり督促状が届くこともありません」(同)

 今の流れから言えば信じられない話だが、本当にこうした事例が多いという。

「こうした話を局員から聞いた制作会社の人も『俺もNHKと仕事してないから払わない』と言っています。一般の方々と同様に無視を決め込んだりするアナログな方法のようですが、とにかく支払っているスタッフは少ないですね。正確な統計があるわけではありませんが、テレビ業界は各産業の中でも支払い率は下位じゃないでしょうか」(同)

 驚くばかりだが、個人だけではなく法人としても払っているかどうか微妙という意見も聞けた。真面目に払うのがバカバカしくなる話だが、逆に言えばライバル関係にあると言えばあのしつこい徴収員も去ってくれるという意味にも取れる。無論、あくまでも例えばの話だが。
(文=吉沢ひかる)


※イメージ画像:「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年9月18日の芸能総合記事
「しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」」の みんなの反応 44
  • 匿名さん 通報

    NHKを民営化すればいいんだよ。キー局社員はスポンサー奪われて、失業する可能性あるけど。そう遠くない未来、テレビは淘汰されますけど。延命したいならば、偏向放送ばかりしてないで、見る気になる番組を。

    88
  • 匿名さん 通報

    NHKの徴収員の給料や経費も受信料から払っているのはバカらしい。新聞で放送内容を見てもNHKを見たいと思わないのでNHKは不要だと感じる。

    84
  • 匿名さん 通報

    そもそも地デジ化した時にスクランブル方式にしてくれていれば、こんなニュースも流れる事無いのに、美味しいとこ取りしたいNHKが頑としてやらないんだよな

    75
  • 匿名さん 通報

    法で決まっている以上はライバルであっても金は払わないわけにはいかないので、単純に後で訴訟するブラックリストに載せられるだけ。つまらんネタでどこに火を噴かせたいのかと。

    68
  • 匿名さん 通報

    税務署の人間はヤクザの家の税務調査をしません。高確率で命を狙われるからです。私が言っているのではなく現役のお役人が言っています。この社会現象を応用すれば・・・

    48
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。