【衝撃】有名ビーチに3機の葉巻型UFOが出現、米軍が緊急回答の異常事態! 近隣では“謎素材のUFO残骸”も発見され…!

【衝撃】有名ビーチに3機の葉巻型UFOが出現、米軍が緊急回答の異常事態! 近隣では“謎素材のUFO残骸”も発見され…!

 米国サウスカロライナ州で、不気味な事件が相次いで報告されているという。観光地で有名なビーチにはUFOが現れ、またある島では浜辺に奇妙な残骸が打ち上げられたというのだ。英「Daily Star」が今月7日付で報じている。


■有名ビーチに現れたUFO

 サウスカロライナ州北東部、太平洋に面したマートルビーチ。マリンレジャーはもちろんのこと、ショッピングやゴルフなども楽しめる有名な観光都市である。毎年多くの観光客が集まるこの町の上空でUFOが目撃されたのは、今年8月5日のことだという。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/10/post_18380_entry.html】

 UFO研究団体「MUFON」のデータベースに登録された目撃情報によると、情報提供者は海辺の桟橋から夜景を撮影していたという。時間は夜8時頃で、空には大きな雲がかかり、稲光が激しく光って夜空を照らしていた。撮影を終え、家で撮影した動画や画像をチェックしていたところ、浜辺に建つ建物の上空に、雷とは明らかに異なる奇妙な光が複数写りこんでいるのに気づいたという。

 ビルの上空には葉巻型UFOを思わせる白い光が並んでいるではないか。真っ直ぐな棒状のUFOが横に3機整列しているのだろうか。その更に上空に、もう一組同じ光が並んでいる。撮影は屋外で、レンズに映りこむような光源はなかったと情報提供者は主張している。

 なお、この光の正体については、米軍の夜間訓練を偶然捉えたという可能性が浮上している。当時、町ではフェスティバルが行われており、そのイベントの一環としてライトをつけたパラシュート隊が浜辺に降り立ったという。


■海辺に流れ着いた謎の残骸

 サウスカロライナ州ではさらに奇妙な出来事も話題になっている。今月4日、州の南東部にあるチャールストンから南西およそ40kmの場所にあるシーブルック島の浜辺に、巨大なドーナッツ状の物体が打ち上げられたのだ。

 物体は全体的に薄汚れていて、一部は大きく破損している。中心は大きく円形にくりぬかれており、2、3人くらいは入れそうだ。目撃者によると、物体は一見するとしっかりした素材でできているように見えるが、実際には柔らかなスポンジ状だったという。

 この物体の画像は「Lowcountry Marine Mammal Network」のFacebookアカウントにアップされると、たちまち大きな評判を呼んだ。墜落したUFOの残骸という意見はもちろんのこと、ただの大きなブイ、NASAの地球再突入船、また、1986年に爆発事故を起こしたスペースシャトル・チャレンジャー号の部品の残骸ではないかとの興味深い意見も出ている。ただ、現時点ではその正体は不明とのことだ。

 サウスカロライナ州で相次ぐ不思議な出来事は、一体何を示唆しているのだろうか? また、打ち上げられた残骸の正体が判明する日はくるのか? 謎ばかりが残る。

(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2018年10月11日のびっくり記事
「【衝撃】有名ビーチに3機の葉巻型UFOが出現、米軍が緊急回答の異常事態! 近隣では“謎素材のUFO残骸”も発見され…!」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    なぜ宇宙人が現れるか。それは、地球には宇宙標準を遥かに超えた愛の概念、隣人愛、民族愛、自己犠牲などがあり、それらを学ぼうとしているからだ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。