米軍最注目の超能力者インゴ・スワンのヤバみ! 体外離脱で遠隔透視、水星や木星に余裕で到達、20年ガチ実験…

米軍最注目の超能力者インゴ・スワンのヤバみ! 体外離脱で遠隔透視、水星や木星に余裕で到達、20年ガチ実験…

 かつてアメリカで、有名大学や軍までもが超能力を研究していたことはよく知られている。インゴ・スワン(1933~2013)は米軍やCIAの秘密計画に参加していた超能力者の一人で、透視能力を使って地球上のみならず、水星や木星までも透視する恐るべき能力の持ち主であった。


■最強の透視能力者インゴ・スワン

 インゴ・スワンは1933年9月14日、米コロラド州に生まれた。米ユタ州のウェストミンスター大学で生物学と芸術学の学位を取得したのち、陸軍に入隊して韓国で3年間勤務、その後は国連事務局に勤務するかたわら、アーティストとしても活動していた。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2019/02/post_19554_entry.html】

 スワンには幼い頃から特殊な能力があったといい、体外離脱などもたびたび経験していた。1969年ごろから超心理学の実験に積極的に参加するようになり、その後20年以上、専門家の監視下で実験を繰り返すようになった。彼を評して「超心理学でもっとも実験されたモルモット」と表現する者さえいる。

 1970年代初頭、スワンはスタンフォード研究所(後のSRIインターナショナル)の実験に参加するようになる。この頃の経験によりスワンの能力に磨きがかかり、彼は体外離脱して遠く離れた場所に“行き”、その地形や建物などについて詳細なスケッチをつけることができた。いわゆるリモートビューイングの先駆けである。

 スワンによるリモートビューイングは成功率が高く、再現性もよかった上、長期にわたって実験を成功させていた。これは他の被験者にはみられない特徴であり、ユニークな超心理学の被験者として彼は研究者の間でも有名になっていった。

 1973年、スワンは水星と木星のリモートビューイングに成功する。この際、彼は木星の周囲に存在する輪を報告しているのだが、当時はまだ木星の輪の存在は知られておらず、その存在を明らかにしたのは1979年のボイジャー1号による観測であった。スタンフォード研究所の科学者ラッセル・ターグとハロルド・パソフによれば、スワンの透視結果は後に行われた探査機での調査結果と非常によく一致していたという。

 スワンは1988年まで、SRIでパソフの研究に関わり続けた。彼の能力にはCIAや米軍も興味を示したといい、リモートビューイングによる諜報活動を研究したとされる。その中でも特に有名なのが、米陸軍が行った極秘計画スターゲートプロジェクトである。このプロジェクトにはかの有名な超能力者ジョー・マクモニーグルも参加しており、1995年まで行われた。スワンはここでソ連の核施設や原子力潜水艦などをリモートビューイングしたとされる。

 20世紀の偉大なる超能力者の一人インゴ・スワン。1970年代以降に出版された超心理学や超能力の本や論文で、スワンについて触れていないものはないとさえ言われるほどだ。スワンは2013年1月31日に惜しくも亡くなっているが、その偉業は今後も語り継がれるだろう。
(編集部)


※イメージ画像は、「gettyimages」より

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。