【池袋暴走事故】飯塚幸三が”実刑を免れる”最悪のパターンが判明! 大炎上必至の展開を記者が暴露!

【池袋暴走事故】飯塚幸三が”実刑を免れる”最悪のパターンが判明! 大炎上必至の展開を記者が暴露!

 先月19日に起きた“池袋暴走事故”から、はや1カ月。「上級国民」こと飯塚幸三元院長(87)が18日、初めて公の場に姿を見せた。警察署に出頭した同氏は顔バレを防ぐためなのか、帽子にサングラスにマスクの“フル装備”。足元はおぼつかず、杖は“2本持ち”で、警察署の入口では署員に手を借りながら歩を進めた。取材陣からは矢継ぎ早に質問が飛んだが、同氏はか細い声で「申し訳ございません。すいません」「ちょっと手を貸していただける? 申し訳ございません。それだけです」と述べるに留まった。

 事故では松永真菜さんと3歳の長女・莉子ちゃんが亡くなり、10人が重軽傷を負った。同氏もケガを負い、入院。高齢で逃亡・証拠隠滅の恐れがないと判断され、身体拘束を伴う逮捕はせず、任意での捜査が続けられていた。これにネット上では異論が噴出。同氏が東京大学卒業後、旧通産省の元工業技術院長を務め、2015年に瑞宝重光章を叙勲するなど、輝かしい経歴の持ち主であることから「“上級国民”に対する忖度だ」と拡散された。

 この日の事情聴取は5時間。そのなかで同氏は当サイト既報通り「ブレーキが効かなかった」と供述。被害者に謝罪の手紙を送っていたことも明らかにされた。

 今後はどうなるのか? 法曹関係者は次のように話す。

「過失運転致死傷容疑で逮捕、起訴は免れない。ただ、その後は2パターンのシナリオがある」

 過失運転致死傷罪は「7年以下の懲役、7年以下の禁錮、または100万円以下の罰金」。ことの深刻さから考え、罰金刑で済む可能性はほぼゼロで、同氏には最大で懲役7年の実刑判決がくだる可能性がある。


あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。