古代エジプト“未知の墓”で謎の「母子合体ミイラ」が出土! 左右逆向きに折り重なって… 専門家愕然の発掘最前線!

古代エジプト“未知の墓”で謎の「母子合体ミイラ」が出土! 左右逆向きに折り重なって… 専門家愕然の発掘最前線!

 英紙「Daily Mail」は、エジプト南部アスワンのナイル川西岸で、今まで知られていなかった未知の古代墓が発掘されたことを伝えている。しかも、驚くほど保存状態が良いという――。

■エリア最大級の古代墓に母子のミイラ

 今年4月末、偶然のめぐり合わせからその墓は日の目を見ることとなった。ナイル川沿岸の丘陵斜面から古代の遺物を奪おうとしていた盗賊らが逮捕され、墓の入口の発見につながったという。長い間石壁で塞がれていたため、専門家もまったくのノーマークだったそうだ。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2019/06/post_98304_entry.html】

 警察の捜査が済んだ後、エジプト考古省監督の下、エジプトとイタリアの国際考古学研究チームが結成され、発掘が始まった。彼らはこれまでに300近い墓の調査をしてきたが、今回の出土はエリア最大級といわれている。

 墓は、2000年以上前のプトレマイオス朝時代(紀元前332年に、アレクサンドロス大王により始まった王朝)のものであることが判明。石を切り出して造られた墓は、埋葬室へと階段が降下していた。墓内には子どもたちを含む30体のミイラが横たわり、ネコやネズミなど動物のミイラも50体ほど見つかった。

 今回注目されているのが、左右逆向きに折り重なった2体のミイラだろう。発掘チームのリーダーで、ミラノ大学の考古学者パトリツィア・ピアチェンツァ博士によれば、彼らはおそらく母と子ではと推定されている。

 また、埋葬室からはミイラとは別に「カルトナージュ棺」も2つ発見された。これは、ミイラや棺にパピルスや亜麻布の上に漆喰を塗って覆う古代エジプトの技法「カートネッジ」に由来している。片方の棺の内側からは完全なヒエログリフが現れ、墓の所有者は裕福で権力を持った「ツツ」という高官であり、傍らの棺はその妻ではないかと目されているという。

■食物や鳥の小像も出土

 さらに墓の中から、多くの人工遺物が見つかっている。「アンフォラ」と呼ばれる古代ギリシアやローマで広く使われた壺の中には、食物やビチューメン(ミイラ化するときに使うオイル)が残されていたという。「バーバード」と呼ばれる鳥の小像も出てきた。

 古代エジプトの伝説ではバーとは魂を意味し、滅んだ肉体から抜け出し、来世で合流する人頭の鳥として描かれたそうだ。意外だったのは、墓の北側の壁に担架が立てかけてあったことだ。

 専門家の話では、おそらくミイラを墓へ運び込むために使ったとされている。シュロの木に亜麻布を張り、なかなか丈夫にできているらしい。

 2000年の時を超え、神秘に満ちたミイラ作りの工程が明らかになりつつある。物言わぬミイラは、我々に何を語りかけてくれるのだろうか。今まさに研究は進行中だ。

(文=佐藤Kay)

※イメージ画像:「Gretty Images」

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2019年6月9日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。