【恐怖】スマホのしすぎで人類の頭蓋骨が変形していることが判明! 後頭部に謎の突起が出現中!

【恐怖】スマホのしすぎで人類の頭蓋骨が変形していることが判明! 後頭部に謎の突起が出現中!

 スマートフォンが人間の頭蓋骨を変形させていることが明らかになった。英紙「Daily Mail」(6月14日付)が報じている。

 豪サンシャインコースト大学の研究者らが、18~86歳の頭蓋骨を調査したところ、後頭部に奇妙な骨の突起が若い世代で増えていることが分かったという。この現象は医療現場では薄々気づかれていたらしく、筆頭執筆者のデイヴィッド・シャハー医師も、ここ10年で患者らの頭蓋骨にこの突起が見られるようになったと語っている。



 こうした病気はすでに19世紀から知られてきたが、極めて珍しいものだったという。なぜ現代で急激に増加し始めたのだろうか?

 シャハー医師は、スマートフォンの普及で下を向く時間が増えたことがその原因だと指摘している。

 大人で約5kgある頭蓋骨を支えているのは、頭蓋骨後部に繋がっている筋肉だ。長時間・長期間にわたってうつむいていると、この筋肉が大きく強くなる。さらに人体とは不思議なもので、この筋肉を補強するために頭蓋骨が新しい骨の層を形成するのだという。一種の“進化”と見ることもできるだろう。

 今のところ後頭部に形成された突起が健康被害をもたらしたという報告はないが、一度形成されてしまうと自然にはなくならないという。

 昨年、オーストラリアの著名カイロプラクター(脊椎ヘルスケアの専門家)であるジェームズ・カーター医師は「テクスト首」がパンデミックを起こしていると警鐘を鳴らしていた。スマートフォンの使い過ぎで猫背と背骨の異常な湾曲を患う7歳~10代の子供たちが増えているというのだ。

 テクスト首では、通常はゆるやなかカーブを描いている背骨が後ろに異常に張り出すことで、頭・首・肩・背中に痛みが出るようになるという。患者は頭痛の治療を求めて来院するが、テクスト首が原因だと判明することが多いそうだ。

「総務省」の調べによると、スマートフォンの個人所有率は60.9%(2017年)となっている。今後、後頭部の突起物が日本人の頭にも生えてくるのではないだろうか? 近年増えているスマートフォンの使い過ぎによる後頭神経痛はすでにその予兆だろうか? あるいはすでに手遅れという可能性もあるが……いずれにしろスマートフォンの長時間使用は百害あって一利なしだ。気になる方は少しスマートフォンの使用を控えてみた方が良いだろう。
(編集部)

あわせて読みたい

TOCANAの記事をもっと見る 2019年6月18日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。