“密フェス”騒動でZeebraを超絶ビビらせた“アノ組織”とは? 「業界の最高意思決定機関」がブチギレ

“密フェス”騒動でZeebraを超絶ビビらせた“アノ組織”とは? 「業界の最高意思決定機関」がブチギレ
拡大する(全2枚)
“密フェス”騒動でZeebraを超絶ビビらせた“アノ組織”とは? 「業界の最高意思決定機関」がブチギレ
Black World/White Heat アリオラジャパン

「おまえら、やってくれたな!」

 そう怒りの声を上げるのは音楽関係者だ。先月29日に愛知県常滑市で行われた“密フェス”「NAMIMONOGATARI2021」に業界から怨嗟の声が渦巻いている。

 国や自治体が上限として定めている5000人を大幅に超え、約8000人が集まった密状態で、酒類も提供していた。自元自治体はカンカンで、伊藤辰矢常滑市長は主催者に抗議文を送付し「二度と会場を使わせない」と通達。主催者サイドは謝罪文を出したが、あとの祭り。入念な感染対策を施し、この1年、じっと耐えてきたレコード会社、芸能プロダクションの努力を踏みにじる行為だ。

 ことの重大さに最初に気付いたのは、伝説的ラッパー・Zeebraだ。ツイッターで「昨日のNAMIMONOGATARI2021、県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした」 「自分の事務所スタッフは消毒液を配布しながら会場を回り、自分のステージでも注意を促しましたが、そもそも出演すべきでは無かったという意見もごもっともだと思います」と釈明。「ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じています。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。これに懐疑的な目を向けるのが、ヒップホップ業界を知る人物だ。

「ジブさん、さすがの立ち回り(笑)。自治体から仕事もらってるから、違いますね。でもこのイベント自体、昔はジブさんの事務所が主催してたじゃないですか。今回は『よそから来た』風の空気出してますけど、ノリで受けたんじゃないですか?」


この記事の画像

「“密フェス”騒動でZeebraを超絶ビビらせた“アノ組織”とは? 「業界の最高意思決定機関」がブチギレ」の画像1 「“密フェス”騒動でZeebraを超絶ビビらせた“アノ組織”とは? 「業界の最高意思決定機関」がブチギレ」の画像2

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク