すでに決まっているけど一応注目したい「レコ大」大賞のゆくえ!新人賞も「誰それ」状態

すでに決まっているけど一応注目したい「レコ大」大賞のゆくえ!新人賞も「誰それ」状態
拡大する(全2枚)
すでに決まっているけど一応注目したい「レコ大」大賞のゆくえ!...の画像はこちら >>
画像は「Getty Images」より引用

 相変わらず「別世界」で選考が行われているようだ。年末恒例の「第63回 輝く!日本レコード大賞」(TBS系)で、大賞候補となる「優秀作品賞」10選が発表された。以下がその顔ぶれ。

AKB48「根も葉もRumor」

・Awesome City Club「勿忘」

・純烈「君がそばにいるから」

・Da-iCED「CITRUS」

・DA PUMP「Dream on the street」

・NiziU「Take a picture」

乃木坂46「ごめんねFingers crossed」

・氷川きよし「Happy!」

・三浦大知「Backwards」

・LiSA「明け星」

  今年は例年に比べてヒット曲が少なかったとはいえ、世間の認識からは乖離している。Official髭男dismの「CryBaby」、優里「ドライフラワー」、back number「水平線」、藤井風「きらり」などのヒット曲が選考から漏れ、「怪物」がヒットしたYOASOBIは特別賞に落ち着いた。スポーツ紙記者の話。

「まぁ、何というか“通常運転”ですね。いわゆるバーニングの燦然たる影響力が随所に炸裂しています。もはやレコ大に権威はなく、各レコード会社は年の瀬12月30日の生放送でパフォーマンスができる〝権利〟を得るために『優秀作品賞』10選にネジ込もうとしています」

 大賞にはデビュー20周年を迎えた氷川きよしが最有力とされるが「土壇場でAKB48の大逆転があるかもしれない」(音楽関係者)といった声もある。


この記事の画像

「すでに決まっているけど一応注目したい「レコ大」大賞のゆくえ!新人賞も「誰それ」状態」の画像1 「すでに決まっているけど一応注目したい「レコ大」大賞のゆくえ!新人賞も「誰それ」状態」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOCANAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日本レコード大賞」に関する記事

「日本レコード大賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日本レコード大賞」の記事

次に読みたい「日本レコード大賞」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク