神田沙也加さん転落死の謎 SNSに綴っていた危うさ…道警は死因について「お察し下さい」
拡大する(全2枚)
神田沙也加さん転落死の謎 SNSに綴っていた危うさ…道警は死因について「お察し下さい」
LIBERTY(ポニーキャニオン)

 女優の神田沙也加さんが18日、札幌市内のホテルから転落し、亡くなったことが分かった。35歳だった。北海道警は自殺を図った可能性もあると見て調べている。

 神田さんは18日、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」札幌公演に出演予定だったが、体調不良を理由に急きょ出演を取り止めた。神田さんの代役はW主演の朝夏まなとが務めた。

「18日夜にマスコミの間で『神田沙也加がホテルから飛び降りた』という情報が駆け巡り、騒然となった。ホテルの22階から14階の屋外スペースに転落したことで、目撃者も少なく、正確な情報が上がってくるまでに時間がかかった」とはスポーツ紙記者。

 道警は事件と事故の両面で捜査を開始したが、現場の状況から早々に「事件性なし」と判断。残るは「足を滑らせて誤って転落したか」どうかだが、そこに関しては「道警もはっきりしたことは言わない。『お察し下さい』という感じ」(取材記者)という。遺書はなかった。

 神田さんは1986年10月1日生まれ。父は神田正輝で、母は松田聖子。1999年、短編映画「ビーン・ケーキ」で芸能活動を開始し、2002年にはSAYAKA名義で歌手デビューも果たした。デビュー当初は「松田聖子の娘」と揶揄されることもあったが、ミュージカルを中心に活躍し、2014年の大ヒット映画「アナと雪の女王」日本語吹き替え版ではアナ役に抜擢され、一躍脚光を浴びた。


この記事の画像

「神田沙也加さん転落死の謎 SNSに綴っていた危うさ…道警は死因について「お察し下さい」」の画像1 「神田沙也加さん転落死の謎 SNSに綴っていた危うさ…道警は死因について「お察し下さい」」の画像2