このデザイン、どこかで見たような… 東京五輪エンブレムのパロディーのような看板が登場

 盗作疑惑により批判を浴びた、佐野研二郎氏による2020年東京五輪のエンブレム。

 9月1日に使用中止が正式に発表されたばかりだが、そのエンブレムにそっくりな看板が反響を呼んでいる。

 「本」という漢字に見えるデザインの看板。

 佐野氏のエンブレムのパーツを組み合わせたように見える。本を買い取るのと同様、デザインも再利用している…?

 この看板をパロディーとして評価する声が現れており、なかには「コンセプトが違うから盗作ではない」とのコメントも。うまい!

 しかし、「これがパロディーとして許されるのに、佐野氏の作品が盗作として批判されるのは不思議」だと懐疑的に思う人もいるようだ。あなたは、この看板を見てどう思う?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら

あわせて読みたい

トゥギャッチの記事をもっと見る 2015年9月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。